おかえり とわ

もう3月 カレンダーを破るのがこんなに切ないなんて予想もつかなかった

とわを送り出す日曜日。
朝から気持ちよい天気。1時間ちょっと寝たら体力回復 すっきりした気分
とわの為にもちゃんとしようとシャワーを浴びる
喪服みたいな服の方が良いのか悩んだけど、なんとなくやめた

家に戻った夫から今出ると電話あり

バタバタと支度

とわの祭壇に飾ってもらう写真を選ぶ ものすごい数の写真から選ぶ余裕がなかったので
たまたまパソコンの壁紙にしていた写真を選ぶ

DSC_8586_20100301181448.jpg


朝9時 とわを箱から出して いつも寝ているように寝かす
あじゅとひなは絶対に近寄らない

また箱に入れ、今度はお店のソファーにいつものように寝かす

本当にいつもとわが寝ているみたいで 硬くなってる足がピーンとなっている以外何も変わらない


しばらくお店で過ごして、意をけしてとわを箱に戻す

とわの箱には最期に寝ていたベッド 

みんなからの手紙 そしてこの時点でブログに貰ったコメントとQOOちゃんちのyukiちゃんからの
メールを印刷して入れた

とわの胸元には 私が作った迷子札を リボンをつけて首から下げる

私が作ったベスト 最期の時に来ていた服

P1160867.jpg

でも下に来ていた水色のパーカーだけは入れなかった
とわの匂いがするもの 全然ないんだもん 全部洗ってしまったんだもん

だから私の作ったベストをかけて

最初に3匹お揃いで買ったお洋服

3-P3200179.jpg

これとわがはしゃいで、釘にひっかけて布がやぶれちゃったし
ボタンひとつしかなくなってしまったんだよなぁ

ボタンは燃やせないので、私の手元に

そしてちゃこさんが作ってくださったとわのお洋服 これ着てるととっても可愛いので

P1150936_20100301183111.jpg

あっちでもてちゃうかなぁと(笑)
それにこれ着ていれば、あっちにいるちゃこさんちのはなちゃんにも見つけてもらえるでしょ

だからてんさんに貰ったお守りも、牛ちゃんに見つけてもらえるように入れさせて貰いました

31090929.jpg

そしてばぁばお寺さんにお願いしてもらっていた病気治癒のお札と読経の本

とわが好きだったお菓子をちょこっと(なぜかせこくなり少ししか入れなかった(笑)

おばちゃんからは、おばちゃんが育てたシンビジウム 

P1060947.jpg*2008.4

それから病院で頂いたお花

なぜか我が家の匂いの付いたものをどうしても入れたくて
ひなが遊ぶ時に使ったりご飯の食べる時に使う 汚いタオルを入れた

やっとの思いで蓋をしめて、弟がとわが寝るときに掛けていたフリースを
箱に掛けて車に

あっ と お店に置いてあったパンジーを
お店のものも入れたかった あまり綺麗に咲いてないけど、なんこか切って入れた

P1050966.jpg

もっと綺麗だったらいいんだけど、ごめんね とわ

そこへお花屋さんが・・・ともちろちゃんからだ。

嬉しくてそこでまた泣いた


弟が我が家の車でとわ乗せていけばと言ったけど、実家からいくのでどうしても
実家の車に乗せたかった

だからとわと私で実家の車の後ろの席に 弟が運転 父は助手席

夫の運転する車に母とあじゅとひな
とわがいつも乗っていた助手席にはともちろから頂いたお花を

どっちの車にもとわが乗れてなんか嬉しかったんだよね お花本当にありがとう



とわが大好きだったいつもの公園を車で一周した

P1160843_20100301185157.jpg

ほら とわの大好きだった公園だよ って とわの箱ナデナデしながら
とわとの思いでが溢れて溢れて

ほらーとわがいつもちっこしちゃっていたところだよ ここでお友達がいつも
迎えに来てくれていたよね 

P1160849.jpg

ここで写真撮ったよね


いつもは何時間も公園で遊んでいたこともあったよね でも車で一周なんて
ほんのわずかの時間だよね

あっという間に車で通り過ぎて、いざ会場に

実家からは本当にあっという間についてしまう


だから寂しくないよね ね とわ。

と言ってる間に会場に 車を止める 弟たちは中に挨拶に
車にとわと私だけ

とわの箱撫でながら「降ろしたくない 降ろしたくない やだやだ」と言ってしまう

でも戻ってきた弟が「なんか喪服着た人がいるけど・・」と言う
もしかしてともちろちゃんかもと思ったら、車から降りる勇気がわいた


ともちろちゃんだった 何をいったのか覚えてないけど、とにかく「しっかりしよう」と
思ってちゃんと行動が出来た


とわを降ろして綺麗な部屋をいったりきたり


綺麗に飾られた祭壇で 箱からきちんとした桐の箱かなんかに入れてもらう
最期にとわをちゃんと抱っこできた 硬くなってしまったとわだったけど
抱っこして私の手で入れかえせて貰えた
さっきまで寝ていたベッドはフリースなので、実家でいつも使っていた
前日になぜか洗ってしまったタオルを敷いて

ともちゃんから頂いたお花も棺に飾って、ともちゃんに書いてもらった手紙も
ともちゃんから貰ったメッセージカードを目立つ所に

自慢の子だよって言えるように目立つように飾った


あちらで用意してくださったお花も綺麗に棺に入れてもらい
とわの爪や毛を切ってもらったり、足のスタンプ取ってもらったり

のんちさんからのメール 「とわくん まだそこにいる?褒めてあげたい。本当によく頑張ったね」って
間に合ったからとわに伝えたよ


蓋閉めるまで 覚悟が出来るまで 会場の人は待っててくれた


でも結構早くに覚悟は出来たかな あれ以上時間が経つともうお別れなんて出来ない


焼く前にもう一度とわとお別れ

ともちろちゃんがいてくれたから「焼かないで」ってすがらずに済んだ

とわに愛してるって何度も言った 最期にいつものように言えた

人間だと火葬の時ってゴォーっていう炎の音が聞こえる あの扉を閉めるけど
とわの場合 炉の前で愛してるっていってそれでお別れだった


あっけなく とわはお空に昇って行った



待っている間 なんかとにかく他人事のようだった

空を見ることもない部屋の中 あまり話することもなく ただ時間が過ぎて行った


お骨になったとわは見事だった とわの歯って本当に歯並びは綺麗だし
歯石もあまりなくって本当に本当に可愛かったの いつかブログに乗せたいって
思うほど可愛い可愛い歯だった

とわくん 可哀想だけど 実家に殆ど 後は我が家に分骨
そして弟と私はお守りに入れてもらった

ともちろちゃんも可愛い尻尾を拾ってくれた とにかく可愛かった
骨になっても可愛かった 喉仏も立派だった



そうこうして やっととわは私たちのもとに帰ってきた
おかえり とわくん



ともちろちゃんが貴重な休日の時間 結構半日かってしまったのに
全部付き添ってくれた
母がご飯でもと言ったら ともちろは「ちろちゃん待ってますから」と言いつつ
私たちのもとから走って帰ってしまった

ともちろらしい気遣いにクスってなってしまった



ともちろちゃん 本当にありがとう
ともちゃんがいてくれたから、ちゃんととわをお別れ出来たよ 本当にありがとう


人間みたいな順番でこうしたお別れ でもこうすることで少し気持ちが整理出来るのかも

小さくなったとわを抱えておうちに戻る




もうそしたら 本当に嬉しい事が・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

きりっぴちゃんは見てただろうか?
昨日の『新助の深いい話』って番組を。。
テーマが命だったからさぁ
その中で『http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/2335/book1.html
を紹介してたんだ!きりっぴさんが思い浮かんだ☆

そうなのよ!

今朝、この記事を電車の中で読んで、
いろんなシーンを思い出しちゃって・・・
きりっぴの思いが伝わってきて、
私が行ったから、無理してしっかりさせてしまって、本当は家族だけで送った方がよかったんじゃなかったのか、とか、謝らなきゃって思っちゃったの・・・
その喪服の女は私でだし・・・・
メソメソしてコメント出来なかったの

でも、のんちさんのコメント見て、思い出したのよ!
私も見たのよ!
紳介の深いい話。
少年の話

みんなは言わなくてもわかってるだろうから、言わなかった
『大好きだよ、ラルフ』、を、少年は毎日言って来たから、少し気持ちが楽なんだよね。

とわちゃんのお別れの会で、とわちゃんにずっと話 かけてるきりっぴの姿が浮かんだの。
きっと、こうして毎日毎日毎日毎日『とわ、大好きだよ、愛してるよ』 って言ってたんだろうなぁって。
だから、悲しくなくなったよ!
とわちゃん、ちゃんと分かってて、すごく幸せだったの、しみじみわかったもん!
これからも、きりっぴは伝え続けるだろうから、お空のとわちゃんはやっぱり幸せなのだ!

お別れの会に参加させていただいて、
本当にありがとう。

愛し方、大切に仕方、
きりっぴちゅんは身を持ってともちろに教えてくれたんだよ!

本当にありがとう。

のんちさんへ コメントお礼

v-22 のんちさん コメント有難うございます

お返事が遅くなってしまいました
時々その番組は見ていたんだけど、今回は見なかったなぁ
残念だった。

素敵なお話の紹介本当にありがとう!
なんか元気になれたよ ありがとう!

でもね、のんちさんのブログに書いたけど
本当にとわが病気になって 濃密な時間を過ごすことで
愛しさが溢れて溢れて驚きの連続だった

だけどまだまだ若い子が毎日そんなこと言われたら
きっときっと素敵な素敵な毎日だろうね

ともちろちゃんへ コメントお礼

v-22 ともちろちゃん コメント有難うございます

ともちゃんがいてくれて本当に嬉しかったし心強かったんだよ
本当にありがとう。すっとんできてくれてありがとう
私の方が感謝するのに・・・もう ともちゃんってば
とわと私の事見てくれて本当に嬉しかったよ

とわに話しかけていたよ 毎日毎日
朝会えると嬉しかったしね。
愛しさがあふれてるってこんなことなんだなぁと思った
とわと過ごす一日が増えるたびにね

きっとちろちゃんはこれからもずっと幸せな日々だよ
だからともちゃんも自信持ってよ♪

さて我が家の姫たちにもいっておくかな(笑)
プロフィール

きりっぴ

Author:きりっぴ
kirippi-p.jpg

(ねぇね)

ドッグライフカウンセラー
ペットケアドバイザー
資格ありだが、単なる犬バカ。

<わんこ>

towap.jpg


とわ(父):98年3月生まれ

 おっとり。ネコ好き
 僧帽弁不全症を9歳で発症

 とても良く頑張ったけど
 2010.2.20 虹の橋の住人に

akopp.jpg

あじゅ。(母):99年10月生れ

 甘え下手で、ちと変わってる?
 風呂好き・散歩嫌い

hinap2.jpg

ひな(娘)01年6月生まれ
 ちゃっかり・ややメタボ
 一番犬らしい表現するかも

**ちょっと変わった生活形態**

とわは最初、弟が同棲してたときに飼い始め破局後実家へ。
そんなとわの魅力にどっぶりはまってしまい、あじゅ。を迎える
そしてひなが生まれました。

その後結婚し実家をでるものの。。
実家のお店で毎日働きにいきます。

とわたちは平日は実家で
じぃじとばぁばと過ごし、
週末はきりっぴのおうちにて過ごします


*2001年からつけている日記は
犬バカ日誌

く更新してないHP犬バカ生活

<病歴>
とわ 
他の犬に脅され目が飛び出る。
緑内障予備軍
*僧房弁不全症(07/3/28)
*狂犬病予防接種によりアレルギー反応(07/04/06)
*肛門周囲腺腫と去勢 

あじゅ。
*小さい頃から目が白い。
獣医さんも不思議がる謎の発作を起こす
*気管支が他の子より細いので呼吸困難になりやすい

ひな 
*目に傷によるトラウマあり
*外耳炎

***2007.4月よりホメオパシー治療開始***

詳しくはカテゴリー「自己紹介」をご覧ください

こちらもMYBLOG
写真と日々のこと、旅行記書いています
yuruyura.jpg
一眼レフのデジカメで撮った写真や
日々の事、アンコールワットの旅行記など
日々揺れているらしい私の、ゆるゆるした日記です
**ゆるゆら散歩**
最近の記事
最近のコメント
ランキング参加しています
bbsicon-onegai.gif
ポチッとお願いします にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ 人気ブログランキングへ
更新されてるよ!
Powered By 画RSS
日めくりカレンダー
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード