保護すること

自分が受け止める気力のない時にはなかなか書けずにいましたが

私のブロ友さんの のんちさんのお知り合いがシーズーの高齢犬を保護しています

詳しくはのんちさんのブログのコチラをご覧下さいませ



その前に私の考えをちょっと言わせてくださいね。

今回保護されたかたはとても凄いと思うのです。保護したけどやはり自分でこれだけ
努力したけども無理ですから保健所に連れて行く事も考えていますと
ブログで言える強さ、これ凄いことだと思いました


普通言えないですよ 犬を可愛がってるのに連れて行く その辛さ
想像しただけでも辛いです

きっと彼女のブログには色々な誹謗中傷があるのだと思います
それを全部受け止めて、目の前にいる子の為に行動している
本当に素晴らしい方だと思います

でもね
保護活動してる団体に聞いたら自己解決して下さいと言われた事に対する記述があり
それに対してのコメントが入っていました

それが保護活動してる人のいうこと?びっくりしちゃったと書かれていました

保護されてる方は自分のお金で自分の時間でやってるいるのです
高齢の病気を抱えてる子を1匹助けるのなら、若い引き取り手のある子を
5匹ひきだせます いやもっとそれ以上かも知れません

それなのに自分はお金も時間も何も出さないで、そういうことを平気で言える

私はどうしてもそれが許せません 

私は保護活動できません 今の事で手一杯です。
私はなんにせよ「保護されずに済む子を1匹でも少なくしたい」と考えて行動しています
それには「適正飼養普及」をしたいと思っています

どうも「ほら こんな可哀想な子がいるの」とか そういうのがイヤなんです

広島のドッグパーックのアークエンジェルの話知っていますか?
みんなに「可哀想」と思わせて
寄付させて里親させて、実は影でかなりあくどい事をやっていた
今まだ裁判が行われているのです

可哀想だから それだけじゃ済まされない問題を含む保護活動

私は少しでも関わるならお金を出す なにか協力する それが出来ないなら
きっぱりやらないのも勇気だと思っています

こないだ近所の犬が捨てられました。私は知ってて見放しました
「幸せな家庭に生まれ変わるんだよ」と祈りながら撫でました
それが分かっているのか、その犬は私の前でいつも以上におどけてはしゃいだ

でもね、なにもしなかった 保護センターに保護されてるのも見つけたのは私だけど
それだけでした。それを伝えただけだった

だって「高齢で病気があるけど、お金もなにもかもかかるけど引き取って」と
相手にすべてを押し付ける事は出来なかった
自分の気持ち満たすための行動は出来なかった


その子を自分で引き取る覚悟の上でやなきゃダメだと思ってるのです


そう思っています
逃げかもしれません

結局その子は保護団体が引き出してくれたそうです
そして飼い主の嘘が保護センターにいることを発見されたことで
みんなにバレ、今は完全に無視され、さらに新しい子犬も無理やり
奪い返しました。


また先日も保護センターに行ってきました 打ち合わせだったので
ボランティアではないのですが、そこは処分場がないセンターで明るく綺麗です
その職員さんいわく「人気のある犬種はすぐ問い合わせがあるけど
雑種なんてまったく問い合わせがないまま何か月もたちますよ」と

みーーーーんな迷子札つけてない子ばかり。マイクロチップも当然入ってません

去勢されてない子はセンターで手術することもある
私たちが病院で「麻酔?えー大丈夫かな」とかそんな事考えてるけど
実は私たちの知らないところで、誰にも心配されずちゃっちゃと普通の部屋みたいな
ところで手術される子たちもいるのだということ


とにかく自分の子は大丈夫という過信はせず、絶対に迷子札を付ける
まずはそこから


安楽死させるという間違った妄想を捨ててほしい

動物たちはけして注射で殺してもらえるわけじゃない

苦しんで苦しんで死ぬのだということ。


可哀想な犬にさせれば、誰かが保護してくれるから捨てちゃおう

そう思ってしまうバカfがいませんように そう願ってる自分もいます


だけどやはり誰かの目にとまって飼い主さんが見つかるかもという
希望は捨てちゃだめだとやっと思えるようになりました


やっと気持ちを決めて、転載することにしました

シーズーで心臓が悪く、肛門周囲腺腫 とわと同じ。
とわはいたれりつくせり。でもあの子は・・・・と思うとね どうしても
今回だけは自分のブログの記事にしておきたいと思いました

長々と有難うございました<(_ _)>

ちなみに保護センターには生まれたばかりの赤ちゃん猫が10匹近くいました

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして。
のんちさんブログできりっぴさんのコメントを
目にすることはあったのですが、犬資格をお持ちの
プロ様だったんですね。同感です。
手を差し伸べてあげたいけど、はたして責任持って
幸せにしてあげられるか・・・・。
でももし、自分の家の前に座って居たら
私なら、どうするかな?病院にも連れて行って
投薬もし、お散歩も連れて行って
自分の出来る範囲でされたと思います。
限界に達した・・・・悲鳴を上げても
助けを求めても良いと思います。
早く安心出来る環境を願いつつ
考えたくは無いのですが、飼育放棄なら
尚更、飼い主さんに迫らないといけないと思ってます。
迷子札を付けている子の方が、飼い主さんが
注意をはらっているから迷子になる確率が
低いと言われていますよね!

めぇままさんへ コメントお礼

v-22 めぇままさん コメント有難うございます

のんちさんのブログではいつも拝見しています
コメント有難うございます♪
犬の資格は持っていますが、プロとしては活動していませんよぉ~
ボランティアで活動はしていますが・・・。
目の前にいたら保護しちゃいますよね。でも現実拾ったからどうにかしろ
という問い合わせはとっても多いそうです。

だけど今回は別に保護じゃないんですよね。迷子の子なんですよね
難しく考えすぎちゃいました。
出来ることをコツコツとやるしかないのですよね
めぇままさん 本当にコメント有難うございました♪

迷子札をつけてるとすぐ連絡が来ることが多いのです
万が一ってあるのです。だからこそつけて貰いたいと
センターの方も思っていますし、私たちも思い活動しています
迷子札をつけてくれる飼い主さんは確かに意識は高いですよね

後でお邪魔します~~っ

じっくり読ませてもらいました。
きりっぴちゃんの人柄を知っているせいか、全ての言葉が、ス~っと胸に届きます。
ワンコの話になると(不幸なワンコや阿保飼い主)、すごく憤ってるよね。

逃げてる、なんて言ってるけど、きりっぴちゃんはちゃんと自分の出来る事探して実行しているよ。
保護することと、
飼う前に大事な事を人間に講演して広めること。
どっちがすごいもエライもないよ。
どちらもとても立派です。
『ちろちゃんの事は何があっても不幸にはしない』
まだまだ最初の一歩ですが、きりっぴのお陰で心底芽生えた気持ち。
二歩、三歩と進めて行けたらと思ってます。

ペットを飼うこと。一緒に生活して家族となること。
ネットの楽しさ、怖さ、
全部教わりました。

ありがとうです。

今朝、散歩中にちょっと素敵な気持ちになったこと。
ラジオ体操に行く子供達の一人が
“何で、そんなの着けてるの?!”
↑(エリザベスカラーだよ)“お爺ちゃん犬で目、見えないからぶつかったら危ないからなの”“そっか、目の不自由な人には盲導犬っているもんね!おばちゃんはその逆なんだねっ(笑)”って。すごく自然に見てくれていたのよ。粗方の大人様は、お気の毒にとか、可哀想にとか…。術後の傷痕もあるしね。が、ウチの爺ちゃん犬も私も前向きだぞぉ!私も、捕獲所に行ったことがあります。中まで見ました。あそこにいた犬達の顔は忘れるつもりはありません。…犬を飼う、飼いたいって思った人には見ていただいた方がいいよねっ。…命を預かるって大変なことなんだよねっ。…難しい問題だけどねっ。考えなければいけないことだよねっ。

これは簡単には書けないことだね

でも、避けて通れない問題でもあるし。
ひとつだけ。
琴平を引き取りに行ったところは、獣医さんご夫婦が
個人的ボランティアで里親探しをしているところで、
譲渡に際しての条件のなかに、迷子札を必ずつけることってあるの。

看護士さんをしている奥様が中心になって活動しているんだけど、病気の子、障害のある子は自費で(難病の場合は大学病院で手術して)治療してから譲渡しているの。

みんなそれぞれの立場でできることをしていけば、
少しでも苦しむ子は減る、そう信じて行動するしかないと思うわ。

きりっぴちゃんがこうして発信することも、すごい啓蒙活動だよ。

分を果たす&分相応

りすをきちんと飼育する
そのカイショしかないので
あとは・・・道々出会う方々に感じよくするだけ
人間界も同じです
親に対して、親戚に対して、男に対して
友達に対して、ご近所に対して・・・

自分のキャパを明らかにすること
大学時代の講義で唯一心に残ってること
明らかに見る=明らめる=あきらめる

今、りすむつライフ、これが私の現実
夢は大きいんだけど、今はこれだけ
夢・・・叶えたい
一人じゃ無理だけど・・・・・・

ともちろちゃんへ コメントお礼

v-22 ともちろちゃん コメント有難うございます

お返事が遅くなりました。ごめんなさい
自分で出来る事は何かを考えてやればいいよね
でもさ、今回は飼育放棄って決まっていたわけじゃないのに
違う方向に考え過ぎちゃったみたい

いつも支えてくれてありがとう。こうやって少しでも応援して貰えるので
こういうこと書けるんだよ。こちらこそ感謝しています
ありがとうです。

犬の事になると怒ってますが、実は犬好きじゃないの、私。

同じ気持ち!さんへ コメントお礼

v-22 同じ気持ち!さん コメント有難うございます

素敵な素敵なお話で、ジーンとしちゃいました
目が悪いからエリザベスつけてお散歩に連れて行ってる
同じ気持ち!さんのお気持にも、ジーンだし
素敵な表現が出来る子供にもジーン
素敵なお話をお聞かせ下さって有難うございます

捕獲場所いかれたんですね。犬たちの顔を忘れない
本当にそうですよね。犬を飼う人は見ておくべき 本当にそう思います
そうしたら「衝動」買いが少しは抑制できるかな

命を預かる事は本当に大変な事です
私も日々実感しています。それを少しでも伝えていきたいと
これからも頑張っていこうと思いました 
有難うございました<(_ _)>

mitsumineさんへ コメントお礼

v-22 mitsumineさん コメント有難うございます

この問題は本当に避けて通れないけど、難しい問題ですよね
でも獣医さんが保護し処置までしてくれるのは本当にありがたいですよね
そうじゃなくても獣医さんって大変なお仕事なのに・・・
琴平くんはそういった経緯の子なんですね。
成犬を引き取る良さがもっとアピールしたいなと思ってるのです

迷子札 自分の子の命につながるって意識をみんなに
持って頂けたらなと思います

むつこさんへ コメントお礼

v-22 むつこさん コメント有難うございます

むつこさんの夢てなに?大勢のワンコで暮らすこと?

自分の犬を大事に育てる 命を預かって育てる
それだけで十分に立派なことなんですよね
世の中それさえもできな人がいる。
それが当然の世の中になりますように
そう願ってやみません
プロフィール

きりっぴ

Author:きりっぴ
kirippi-p.jpg

(ねぇね)

ドッグライフカウンセラー
ペットケアドバイザー
資格ありだが、単なる犬バカ。

<わんこ>

towap.jpg


とわ(父):98年3月生まれ

 おっとり。ネコ好き
 僧帽弁不全症を9歳で発症

 とても良く頑張ったけど
 2010.2.20 虹の橋の住人に

akopp.jpg

あじゅ。(母):99年10月生れ

 甘え下手で、ちと変わってる?
 風呂好き・散歩嫌い

hinap2.jpg

ひな(娘)01年6月生まれ
 ちゃっかり・ややメタボ
 一番犬らしい表現するかも

**ちょっと変わった生活形態**

とわは最初、弟が同棲してたときに飼い始め破局後実家へ。
そんなとわの魅力にどっぶりはまってしまい、あじゅ。を迎える
そしてひなが生まれました。

その後結婚し実家をでるものの。。
実家のお店で毎日働きにいきます。

とわたちは平日は実家で
じぃじとばぁばと過ごし、
週末はきりっぴのおうちにて過ごします


*2001年からつけている日記は
犬バカ日誌

く更新してないHP犬バカ生活

<病歴>
とわ 
他の犬に脅され目が飛び出る。
緑内障予備軍
*僧房弁不全症(07/3/28)
*狂犬病予防接種によりアレルギー反応(07/04/06)
*肛門周囲腺腫と去勢 

あじゅ。
*小さい頃から目が白い。
獣医さんも不思議がる謎の発作を起こす
*気管支が他の子より細いので呼吸困難になりやすい

ひな 
*目に傷によるトラウマあり
*外耳炎

***2007.4月よりホメオパシー治療開始***

詳しくはカテゴリー「自己紹介」をご覧ください

こちらもMYBLOG
写真と日々のこと、旅行記書いています
yuruyura.jpg
一眼レフのデジカメで撮った写真や
日々の事、アンコールワットの旅行記など
日々揺れているらしい私の、ゆるゆるした日記です
**ゆるゆら散歩**
最近の記事
最近のコメント
ランキング参加しています
bbsicon-onegai.gif
ポチッとお願いします にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ 人気ブログランキングへ
更新されてるよ!
Powered By 画RSS
日めくりカレンダー
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード