グラグラしつつも信じることを

3連休、トワたちと過ごせて幸せでした

06-081124.jpg@11/22

結局一緒にいるだけで不安も少し減るのだということ
夜トワを見てないで、想像だけで不安になったり、弟の報告だけに
色々と悶々と悩んでみたり・・・。

辛そうにしていようとも一緒にいたほうが、どんなに心がホッとするのだろうかと

なんて、実はトワは結構薬が効いてるようで、元気になってきてます

目の前にいるだけで幸せなんだと、やっと気がついた

01-081124.jpg@11/22



トワの肺水腫が発覚してから、やっと1週間
とても長い長い1週間でした

あの日、帰りに寄り道してお散歩

55-081120.jpg@11/15

なんてことはないのに、悲しくて悲しくて仕方なかった

そこからずっと落ちていた私。

病院どうしよう。月曜日の午後にはかかりつけの先生に薬を貰いにいかねばならない
それまでに結論をださないと・・・・。

でも 万が一 トワに何かあって入院するとなったなら
あの病院はちょっと嫌だった
入院施設はコンクリート打ちっぱなしの目の前にゴミ箱があるような場所
それがどうしてもイヤだった。
人間だって綺麗な病室の方がいいのと同じで、きっと綺麗な施設は
それなりのプラスのパワーがあると私は思っている
1泊くらいならいいけど、万が一長い事入院するなら嫌だった

54-081120.jpg@11/15

その点ホメオパシーの病院はとても明るい雰囲気がある
それにホメオパシーでもプラスで色々やってくれるであろう

そう思うと、やはり入院施設の点でもホメオパシーの病院がいいのかもと思う

58-081120.jpg@11/15

ただしホメオパシーの病院は、どちらかというと院長のワンマンというか
院長メインなので、他の獣医さんがどうなのかが分からない。
心臓の専門医も月に2回しかいない。
そしてあの病院は忙しそうで、ゆっくり何かを聴くっていう感じでもないのが辛い

なによりも遠いこと それがネック なにかあったらすぐ聴きにいけないのが辛い

56-081120.jpg

そう思って、どうしよう どうしよう と悩んでいた

近所に良い先生がいないかリサーチも始めた。散歩で会う人に聴く

意外と獣医さんって多いのだと 少し気がついてきた

でも夜間救急で調べてるうちに「当病院で入院して夜中に亡くなっても
朝になるまでは連絡しません」という文章にぶち当たった

そんなの絶対に嫌だ。

夜間救急に対応しますっていう所がとても少ない
きっと自分の患者は診てくれるんだと思う

そんなことを調べてるうちに
「ひとりで死なせることだけは絶対に嫌だ」と強く強く思った

トワは甘えん坊だからそんなの望んでない。

49-081120.jpg

ヒナだって望まないと思うし

52-081120.jpg

あじゅだってそんなの嫌だと思う

絶対に最後には微笑んであげたいとそう決めたんだった

53-081120.jpg

夜間に何かあったらと これから起こるかも知れない
怖い事を考えるより前に、夜に起こらない事を信じるべきなのだと

09-081120.jpg

私にとても甘えん坊のトワは、私がいる時にしか悪くならない

そうなんとなく思って来たけど、でも絶対に私がいる時になにかあるんだろうと思う

そう強く強く信じよう。

74-081120.jpg

弟が、なにかあったらそのホメオパシーの病院に行くよ
そしたら私もすぐに駆けつける事が出来るだろうって
(ちょうど中間点にある)

弟を見直した瞬間(笑)

79-081120.jpg

そして酸素室をレンタルした事も私の中で大きかった

とわくん「閉所恐怖症」なので、酸素室は入れません(T_T)

135-081120.jpg

緊張しちゃってダメです。あははは(T_T)

でもね、本当は夜寝るときにここに入って寝てくれると
発作が起きにくくなるそうです。夜中に濃い酸素を吸う事で
血管が広がり心臓への負担が少なくなるとのこと
夜中になにかが起こらなければいいのです。

03-081120.jpg

軽い肺水腫ならば酸素室に入ってる事で良くなることもあるそうです

入ってくれたらいいのですけどね。入ってる方がトワの場合ストレス(T_T)

仕方ないので時々、こうして酸素を吸わせています

02-081124.jpg@11/22

通常より少しだけ酸素が多いかなぁという状態にしかならないかもしれないけど
でもちょっとでも楽になってくれたらいいなと

05-081124.jpg@11/22

ちなみに酸素室レンタルは テルコムさんより 

少しずつ少しずつ、トワが酸素を吸う事が楽なんだと分かってくれます様に

そしてトワは冷たい空気を好むこと
窓側で寝かせつつつ、体には毛布をかける
これが一番楽に寝れることも、、なんとなくわかってきた

04-081124.jpg

トワが楽になること 少しずつ見つけていこうと思う

121-081120.jpg

ウロウロしたり不安になったら、この耳の後ろをよくもみほぐし
ゆっくりゆっくり背中を撫でてると、寝るようになること

少しずつ発見し、ベストな方法をみつけよう

86-081120.jpg

トワの幸せな姿をみれますように
(心臓って苦しいとへそ天で寝れなくなるし、横になることさえ出来なくなるそうです)

明日からは通常ブログに戻りますっ!!宣言です

11-081124.jpg

週末の海と

03-081124.jpg

10-081124.jpg

とわくん カットにも行けないしシャンプーも出来ないのでボサボサですが
こないだ目の周りだけトリマーさんに無料でカットして貰ってきました♪
可愛いおめめが少しだけ見えるようになりました

たくさんのご心配と励ましのお言葉ありがとうございました
みなさんの気持ちがとても心強く、有難く
感謝の気持ちでいっぱいです

09-081124.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

きりっぴさんこんばんわ
少しずつどうしていったらいいのかが解決してる
ようにいるんだと今日思いました
きりっぴさんの気持ちと同じようでとわ君も
少し元気になっているように思うのですが
うれしい事です、きっと元気になるよ!
そう信じようね

私もちゃこさんと同じ。きりっぴちゃん、少しずつ少しずつ心を決めて前進している気がしました。
まず、かかりつけの病院。無機質で寒々しい感じ。
そんなところにとわちゃんを入院させるのは絶対いやだよね。
生まれ変わった弟さんもホメオパシーの病院まで飛んで行ってくれるって。
ホメオパシーの病院に、少し変わって(?)合わせて(?)いただけるよう
気持ちをぶつけてみるのも一つの方法かも。
レンタルの酸素ハウス。トワちゃんゆったりしてますね。
少しずつね。ゆっくり行こう!
悩んでいいんだよん。

入院中の夜間は心配ですよね
夜間は入院患者だけの病院も多い様ですよ
ピッタリ ニーズあった病院があるといいけど
連携をとって診療してくれると安心ですよね。

育も寝る時は携帯酸素を枕元に置いてました
でも酸素を怖がってパニックになってました。
やっぱり最後は自宅で穏やかにと思いますよね

でもトワくんにもルーキーにももう少し(まだまだ)
頑張って貰わねば 穏やかな日々を祈ってます

コメント有難うございます!!

いつもコメント有難うございます

>ちゃこさん
単純なもので、トワが元気になると私も元気になります
たくさんのご心配を有難うございました
このままの状態で落ち着いてくれるといいのですが
そう信じていくことにします
本当にいつも有難うございます

>ともちろちゃん
はい、やっと心が決まってきました
ウジウジ悩むのは私の性ではないしね
今週病院に行くので、ちゃんと聞いて来たいと
思っています いつもありがとうです

>ガンバ・バーバさん
育ちゃんも酸素していたのですね
夜間の入院は見てくれないのが普通なんでしょうね
どういう点で選べばいいのか本当に悩みます
ルーちゃんもカユカユが減って穏やかな日々を
過ごして欲しいなぁと常に祈っています

トワちゃん、お薬効いてくれて少し元気になったのですね!!
きりっぴさん、よかったね(*^_^*)
今なら落ち着いて、色々考えてあげられるね☆
酸素って凄い大事だね。
ココも入院してる時、酸素ハウスだったもん♪

のんちさんコメントありがとうです

はい とわくんお薬と酸素のおかげか
元気になってきました
とわが元気になったら私も元気です
有難うございます♪
単純ですよねぇぇ
ココちゃんも酸素のお世話になったのですよね
酸素って大きいんでしょうねぇ。アリガタヤ
アリガタヤですね
プロフィール

きりっぴ

Author:きりっぴ
kirippi-p.jpg

(ねぇね)

ドッグライフカウンセラー
ペットケアドバイザー
資格ありだが、単なる犬バカ。

<わんこ>

towap.jpg


とわ(父):98年3月生まれ

 おっとり。ネコ好き
 僧帽弁不全症を9歳で発症

 とても良く頑張ったけど
 2010.2.20 虹の橋の住人に

akopp.jpg

あじゅ。(母):99年10月生れ

 甘え下手で、ちと変わってる?
 風呂好き・散歩嫌い

hinap2.jpg

ひな(娘)01年6月生まれ
 ちゃっかり・ややメタボ
 一番犬らしい表現するかも

**ちょっと変わった生活形態**

とわは最初、弟が同棲してたときに飼い始め破局後実家へ。
そんなとわの魅力にどっぶりはまってしまい、あじゅ。を迎える
そしてひなが生まれました。

その後結婚し実家をでるものの。。
実家のお店で毎日働きにいきます。

とわたちは平日は実家で
じぃじとばぁばと過ごし、
週末はきりっぴのおうちにて過ごします


*2001年からつけている日記は
犬バカ日誌

く更新してないHP犬バカ生活

<病歴>
とわ 
他の犬に脅され目が飛び出る。
緑内障予備軍
*僧房弁不全症(07/3/28)
*狂犬病予防接種によりアレルギー反応(07/04/06)
*肛門周囲腺腫と去勢 

あじゅ。
*小さい頃から目が白い。
獣医さんも不思議がる謎の発作を起こす
*気管支が他の子より細いので呼吸困難になりやすい

ひな 
*目に傷によるトラウマあり
*外耳炎

***2007.4月よりホメオパシー治療開始***

詳しくはカテゴリー「自己紹介」をご覧ください

こちらもMYBLOG
写真と日々のこと、旅行記書いています
yuruyura.jpg
一眼レフのデジカメで撮った写真や
日々の事、アンコールワットの旅行記など
日々揺れているらしい私の、ゆるゆるした日記です
**ゆるゆら散歩**
最近の記事
最近のコメント
ランキング参加しています
bbsicon-onegai.gif
ポチッとお願いします にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ 人気ブログランキングへ
更新されてるよ!
Powered By 画RSS
日めくりカレンダー
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード