心をこめて命を守る

悲しい話にごめんなさい

私は大丈夫です。こういう時は必ず美味しいものを食べる事にしてるんです
人は美味しいものを、特に人の愛情がこもったものを食べるってことが大事
そう思っているので、悲しいことや辛いこと、むかつく事があったら
とりあえず美味しいご飯を食べようと、、、決めています

なので美味しいご飯を食べて、浄化作用の高いピンク岩塩を少し入れた
お風呂に入りましたので、もう大丈夫

sio.jpg

昨日の記事のコメントで ガンバ・バーバさんが素敵な事を書いてくれました

「全ての命には関われないけど
自分の周りの命は精一杯心を込めて守ります
それが家族であっても、野良ちゃんであっても 」


本当にその通りですものね

05-080910.jpg

あの事故時に、偶然動物病院に来ていたおばさんが
「あなた車のナンバー見たの?あまりにも可哀想だから」と
怒りながら聞いてきた

車のナンバーが分かったところで、器物破損でしかない犬の命

慰謝料程度、本当にわずかなお金と引き換えの命でしかない


でも車の方も、もしかしたら犬を飼ってる人かも知れない

それでも本当にちょっとのことで、きっと自分が犬をはねたことも
気がついてないんだと思う

だって誰も車にぶつかる音も、急ブレーキ音も聞いてないもの

車を責める事は出来ない

02-080910.jpg


ほんのちょっと飼い主さんが、後ろに下がって待っていればよかったのに

ほんのちょっとリードを短く持ってたら良かったのに

前に行かない様に、信号では落ち着いて待つことができたら良かったのに

もう少し犬に気を回してお散歩したらよかったのに

飼い主さんの気の緩み

責めることではない。 でもやはりどう考えても今回の事故は飼い主さんの責任

実はスーパーの買い物袋が2つあった。それってスーパーの外で犬を繋げて
買い物していたってことでしょ。

けどこれって実は危険が一杯、どこにどんな人がいるか分からないから
絶対にやるべきではないと今は強く思っている

でもまた真昼間に散歩させているバカ飼い主が
昨日亡くなった子の血の後のすぐ側で、犬を置き去りにして
買い物していた。

昨日の飼い主さんは大きいお腹を抱え、もしかしたら両手に荷物持って
実は携帯電話で話していたのかも知れない。
心ここにあらずだったのかもしれない

12-080910.jpg

だけど改めて「犬の命を預かっているのだ」と強く思う

犬を飼うってことは、犬の命を預かるってこと

そして常々思ってるけれども犬をしつけるって事は
犬の命を守る事。

人間の事故とは違う。犬の場合飼い主さんがきちんと管理していれば
防げるものがほとんど。
今回の場合、人間の事故と一緒に考えないで欲しい
確かに犬の場合も不可抗力もあるだろうけど、でも殆どが飼い主の
方に非もあること。

実は夫の実家のジャックも交通事故にあった。

あれは4・5年前かなぁ。

02080908.jpg

トワたちの迷子札を作るついでに、ジャックのも作ってあげた
夏帰省の時にそれをジャックにつけてあげた

お昼から外犬ジャックをいつものように、裏の通路に放しておき
みんなでお出かけ。夕方雷がなった。

帰ったらどこにもジャックがいなかった

「雷にパニックになって、戸の上をジャンプしたのかしら?
ゴミ箱の上に乗って・・???」

雨の中必死に探した ぐったりする頃

おかんが走ってるのが見えた

03080908.jpg

動物病院からの電話があったようだった。
「車に跳ねられたみたいでぐったりしています
でも出血してなかったので大丈夫だと思いますけど」と。

迷子札がついてたので、何回も何回も電話したんですよと

だけどみんなで探していたので、電話が鳴ってるのに気づかなかったという失態

病院にいったらぐったりしてるものの、意識はあるし、痛がらないし
大丈夫そうで、安心して腰が抜けそうだ

04080908.jpg

結局ジャックはどこも悪いところも、怪我も無く2・3日の入院で終わった

奇跡の生還だった

ジャックが発見されたところは、幹線道路のスピード出してる車が多いところ
しかも家のすぐ近所で、すぐ見つけてもらい、すぐ病院に運ばれてきたそうだ

そして迷子札があったから、連絡がすぐついたと

おかんは今でもあのときの事は「入院して狭いところに閉じ込められたから
歩けなくなったから、預かって貰いたくない」と。
「トイレもそんなに連れて行ってもらえないし」と。

責めるつもりも無いけれども、これ聞くたびにちょっと嫌な気持ちになる
あー私とは感性が違うなぁと

そしてジャックの迷子札は1年もたたない内に失くされて
今もあれからもずっとしていない。

迷子札があったから連絡が取れてすぐ見つかった

いつもつけない迷子札をつけるからこういうことが起こった
今まで13年間(当時)なにもなかったのに・・・

どう思うかなんてその人次第

だけどそれから留守にする時は、どこからも飛び越えられないように
なり鍵をかけて貰ってる。

06080908.jpg

でもね、ぴー&ぷーのぴーもネコを追いかけて車に撥ね飛ばされた
無傷だった。

トワたちも勝手に信号渡ったこともあるけども、車さえこないで渡れた

08-080910.jpg

色々な武勇伝がある。それを自慢げにいう飼い主さんも多い
あれだけ首輪抜けするって分かっていても、助かった場合
すぐ直さないままの人がいる。

だけどさ、それって本当にわずかな事
「たまたま」「ラッキーだったという」だけなんだよね

ついつい「助かった話」ばかりを、自分にスリ替えてしまうけれど
助からなかった子の話こそを教訓にしなきゃダメなんだと・・・。

06-080910.jpg

以前もうひとつのブログの「ゆるゆら散歩」に書いたけれど
アウトプットが大事なんだと

この昨日事故で亡くなってしまった子の命は、次に飼う犬の
そして新しく生まれてくる子への教訓となる


07-080910.jpg

そしてそれを知った私は、秋からまた始まる「しつけ方教室」や
色々な場面で「しつけとは犬の命を守る事なんだよ」と
強く強く伝えて行きたい

それが私のやるべき事だと思っています

散歩だってお互い命がけ!!

04-080910.jpg


この話を聞いたみんなも、あらゆる時にそういうこと伝えて欲しいなぁと
切に願います。

さ来週(20日から26日)から動物愛護週間です *法律で定められています
大きなことは出来ないけれども、小さい事からコツコツとです
少しの力が大きくなって、今よりもっと犬が住みやすい世界を
作っていけるのだと。みんなの協力なしでは出来ないんです。

みんなで「精一杯心を込めて命を守りましょう」♪

本当に素敵な言葉です

03-080910.jpg

さて、明日は女子2匹のお楽しみも模様を♪^m^

PS 説教くさくてごめんなさい

PS のんちさん
息子さんの事故の話を思い出せてしまってごめんなさい
でも犬の場合は飼い主が命を預かってるって事をどうしても
伝えたかったのです。犬と人間は違うのですってことを。
なんだか本当にごめんなさい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おっしゃる事 心に沁みます
チョッとした油断や自信が思い掛けない事故に繋がるんですね
縁あって 私の側で寝息をたてる 愛しい家族・・・。
気を付けたいと思います

最近、近所の昔の家が分割されて
最新型の南欧調の家に新築されて
「念願の」ワンコを飼うファミリーが多い茅ケ崎

「念願の」飼い主になった「おこちゃま」が
お散歩中に、リード放してしまって
ワンコ暴走・・・・ってのを目撃しました

らんちゃんを暴走させて車に轢かれそうになった経験者は、心臓が止まりそうになります

実は、双子の祖母(みるの母犬)も
交通事故で亡くなってるのよ(飼い主のせい
だけどね)

亡くなった子は、次の新しい子・生まれてくる子の教訓になる・・・ 
じ~んと心に沁みてきました。
すごく悲しいことだけど、次の命を命がけで守るようになって、やっと供養となるのかな。

散歩が命がけってのも分かります。
まーさんがお散歩するとき、リード長くしたままで、携帯で波情報見ながら歩くときがある。
小さい命を守るってことがどんなことなのか、ちゃんと時間かけて真剣に伝えていかないと!ですね。

数年前、姉の家のぴあを2ヶ月預かったことがある。
それこそ、ワンコとの暮らしは初めて。
夜、姿を見ながらのほうがさみしくないだろうって、家のドアを開けたまま、外で作業をしていたら
そのまま、外へ出てしまったらしい。
ずんずん夢中で臭いを嗅ぎながら、
行方が分からなくなってしまった。
預かった犬だし、死に物狂いで名前呼んで探してたら、
大きな道を渡った、ず~と海の方から、
走って戻ってきた。

100%私の責任。

ワンちゃんの事故の話は
全部読めませんでした
ごめんなさいv-406
飼い主が注意してたら何ともなかったかも
しれないのに・・・・・・私も再度命を預かってる
事考えさせられました

にゃんちゃんとうとう産まれたんですね
嬉しいニュースですが
今後この仔猫の事を思うと心配します
仔猫の死亡は交通事故とカラスらしく
無事育ってくれたらいいなぁ

里親さん見つかりますように

コメント有難うございます

コメント有難うございます

>ガンバ・バーバさん
記事引用させて頂きました
本当に素敵な言葉で、今度から使わせて
頂きます。有難うございます♪
ついつい気が緩んでしまいます。
反省しろっていう暗示なんでしょうね
事故でっていう最期は悲しすぎます

>むつこさん
多いそうですよ、子供にリード持たせてって
事故まではいかないけれども、こけて
子供が怪我して・・・っていうことも。
我が家も甥っ子に持たす時があるので
気をつけないとと思いました
目の前で暴走されると怖いですよね
ましてやむつこさんのようにヒヤっていう
経験しちゃうと。私も同じようにあったので
怖いです。夫の実家のジャックの前の犬も
交通事故で安楽死させたそうです。
夫はその話をしたがりません。

>ともちろちゃん
私もトワとヒナそれぞれ家出させたり
あじゅもだし、本当に色々なダメダメを
してきた。反省する事ばかりだよ
今も時々公園内といえどもノーリードに
しちゃうしさ。
伸縮リードって実は怖いよね
私もトワで使ってめちゃめちゃ怖い思いした
ちろちゃんだけなら、ついつい携帯使って
しまいそうだよね。3匹はムリだけど(笑)

>ちゃこさん
ごめんなさい、悲しい思いや嫌な思いを
させてしまって。
自分の不注意から事故って、それだけは
どんなに辛い事なんだろうと思うと
胸が痛みます。

にゃんこさん 1匹死んでしまったみたいです
もう少ししたら保護してみようと思います
隣のネコ好きの方が保護してくれるようですし
動物病院の先生にも相談してみます
ちゃこさんに色々教えて貰う事があるかと
思いますので、宜しくお願いいします

生まれる命消える命

「全ての命には関われないけど 自分の周りの命は精一杯心を込めて守ります
それが家族であっても、野良・・・・・。 」

正直、この言葉は私の心に突き刺さりました(-_-;)
でも、守れなかったのも事実だから・・・。コメントは難しいですね。。。

実は、一昨日娘に、息子の首は折れていたとはじめて聞かされて・・・。
私が当時動揺していて話が聞けなかったんですが、娘は先生の話を
冷静に聞いてくれていたようです。
もう一度、救急搬送された病院へ母親として話を聞きに行くべきか迷っています。
日々、心臓がドッキドキで次は何を知ってしまうのか恐ろしいです。
現実って惨いですなぁ~(-_-)

話は変わって。。。
うちがハーネスにしてるのは、首輪が外れて脱走して危ない事があったからです。
それからは、怖くて首輪が信用できませんでしたの。。。
思い切って、首輪タイプの二頭引きリードをペット博で買ってみたけど(^^ゞ
まだつけられないでいます。

のんちさんへ

まずはごめんなさい。「家族」人間の家族ではなく
飼ってる動物の家族の意味で載せました

でも息子さんの事は、のんちさんは守ったのだと
思います。
ただ人間の場合は、本人の意思があり、自由に行動でき、
別の人間だし、不可抗力っていうものがあるから。
だってのんちさんは「気をつけて」とか
バイクで事故らないようにといつも祈ってて
それって心をこめて守ってるわけで・・・。
きっと顔が綺麗なままっていうのも、全部
のんちさんが守ったのだと思います

言葉って難しいです。今私もどうやって
書いたら伝わるか悩んで書いています。

だけど、のんちさん有難うございます
命を守るって実は簡単なようでいて
とっても難しく、現実も厳しくてと
簡単に言う事ではないと、またのんちさんが
教えてくれました、有難うございます
ついつい私も簡単に言ってしまいますが
実はとても大変で、言葉でいえないような
何か大きな力との戦いなんですね
私ずっと思ってることがあるのです
例えば飛行機事故があり、それで生きる人と
亡くなる人。どこでどう運命の分かれ道って
あるんだろうと・・・。なんでなんだろうと

あー、うまく言えなくてごめんなさい

傷つけてしまってごめんなさい。

そして詳しく話を聞く。
今ののんちさんに必要なのかどうなのか
詳しく知りたい気持ちもとっても分かります
だけど「今」じゃなくても良いのかも知れません。どうなんでしょうね。
知らなくてもいい事って実はあるのかもと思うけれども、
早いうちに知ってしまいたいという葛藤。

首輪の件。多いのですよね~首輪抜け
でもハーネスにしているのんちさんは
素晴らしいのです。してない飼い主さんの
方が多いのが現実です。
無事で良かったですね(T_T)
我が家は首輪だと動きません・・・。


メール有難う☆

きりっぴさん、謝らないでください!!
きりっぴさんが言いたい事は伝わっていますから(^^)v

病院は、心の準備がまだだから時間が必要です(^^ゞ

それと、お手間とらせてすみませんけど
例の物を来週に間に合うように送りますね~♪♪

のんちさん ありがとうです

本当にありがとうございます
なんだかいっぱいのありがとうと
ごめんなさいを。

病院はゆっくりですね。
今見たら、私長文でしかも偉そうに
書いちゃってますね(@_@;)
自分に驚きです。重ね重ねすみません

そして楽しみに待っています
こちらこそお手数をおかけしますが
よろしくお願いいたします
プロフィール

きりっぴ

Author:きりっぴ
kirippi-p.jpg

(ねぇね)

ドッグライフカウンセラー
ペットケアドバイザー
資格ありだが、単なる犬バカ。

<わんこ>

towap.jpg


とわ(父):98年3月生まれ

 おっとり。ネコ好き
 僧帽弁不全症を9歳で発症

 とても良く頑張ったけど
 2010.2.20 虹の橋の住人に

akopp.jpg

あじゅ。(母):99年10月生れ

 甘え下手で、ちと変わってる?
 風呂好き・散歩嫌い

hinap2.jpg

ひな(娘)01年6月生まれ
 ちゃっかり・ややメタボ
 一番犬らしい表現するかも

**ちょっと変わった生活形態**

とわは最初、弟が同棲してたときに飼い始め破局後実家へ。
そんなとわの魅力にどっぶりはまってしまい、あじゅ。を迎える
そしてひなが生まれました。

その後結婚し実家をでるものの。。
実家のお店で毎日働きにいきます。

とわたちは平日は実家で
じぃじとばぁばと過ごし、
週末はきりっぴのおうちにて過ごします


*2001年からつけている日記は
犬バカ日誌

く更新してないHP犬バカ生活

<病歴>
とわ 
他の犬に脅され目が飛び出る。
緑内障予備軍
*僧房弁不全症(07/3/28)
*狂犬病予防接種によりアレルギー反応(07/04/06)
*肛門周囲腺腫と去勢 

あじゅ。
*小さい頃から目が白い。
獣医さんも不思議がる謎の発作を起こす
*気管支が他の子より細いので呼吸困難になりやすい

ひな 
*目に傷によるトラウマあり
*外耳炎

***2007.4月よりホメオパシー治療開始***

詳しくはカテゴリー「自己紹介」をご覧ください

こちらもMYBLOG
写真と日々のこと、旅行記書いています
yuruyura.jpg
一眼レフのデジカメで撮った写真や
日々の事、アンコールワットの旅行記など
日々揺れているらしい私の、ゆるゆるした日記です
**ゆるゆら散歩**
最近の記事
最近のコメント
ランキング参加しています
bbsicon-onegai.gif
ポチッとお願いします にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ 人気ブログランキングへ
更新されてるよ!
Powered By 画RSS
日めくりカレンダー
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード