眠れるという事

151225-00.jpg


信頼している先生に診てもらい、原因が分かり対処してもらったことで
私の精神的にも楽になってきたのです。

12月5日に病院に行って、12月6日は娘のちょっと早めの誕生日会で
じぃじとばぁばにきてもらいました。
実はこの日娘の大好きなしまじろうのコンサート。
あじゅだけを留守番させるのも不安だったので、じぃじとばぁばに見てもらいました。
お陰でリフレッシュ。
留守の間にもあじゅが咳が止まらなかったりしたようですが、、
でもそれでもあじゅを見てくれるから、安心して行けました。

いつもいつも出かけても「あじゅが心配」で、最後はかけあし。

玄関開けたら「あじゅー」と 娘をほったらかして見に行きます。
だから誰かがみてくれている安心感。

この日はあじゅも一緒にケーキ

151213-18_201512241746481df.jpg

ばぁばだけ泊ってもらい、私の定期検査で病院に行くのでその間もお留守番頼みました。

なんとなくホッとしたんでしょうね。

そして娘はあじゅが大好き。

151213-25.jpg

朝起きたら「あーちゃん いた」とあじゅのところに行って、あじゅをハグ

151213-20.jpg

あじゅがうんちっていえば、ティッシュを持ってくるし
咳をしたら心配したり、私の代わりにトントンしてくれたり

最近はあじゅがおしっこだと、自分もぬいぐるみを持っておしっこさせ
お尻ふいてます(笑)

IMG_60741.jpg

最近ほんとうに真似っこばかりする2歳。
娘の前でイライラしてあじゅにあたったら、絶対それを真似するから出来ない。


そして、何より処方された「ホリゾン」を飲ませてみたら、夜興奮して寝なかったり
咳が止まらないで、夜に何度も何度も起きていたのに
それが朝までぐっすり寝てくれるのだ。

だから私も夜ちゃんと眠れた。

夜に何度も何度も起きるのって実は結構辛かったんだなぁと。
精神的にも体力的にも。

咳をしないで寝ているあじゅを見てるだけで、穏やかな時間なわけですし。

精神的に眠れたことで、だいぶ私も回復出来ました。

まあ、ホルモンバランス的な事もあって大号泣した部分もあると思いますが
先生に診てもらった事、夜眠れたことなどで少しずつ回復しました。


‐ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みなさまご心配有難うございました。
本当にみんなの暖かい気持ちで救われています。
すっかり自分で言ったことも忘れていました「手当」
そう優しく撫でてあげるだけでいいんですよね。

あれからイラってして「大丈夫」の語尾が強くなり、トントンが強くなっても
最後は優しく撫でて落ち着かせるという、すっかり忘れてしまっていた
「あたりまえ」のことも出来るようになりました。

可愛かった時のあじゅの写真見たら、思い出したんです。
何をしても可愛いって思っていた事も。

でもね、夫が2時間くらい娘を連れだしてくれたんです、つい最近。
そしたらその間あじゅには優しく、たくさん面倒見てあげられたんです。
その時に分かったのです、私本当に忙しいんだと(笑)

「なんで私は出来ないの。他の人はもっと優しく老犬介護出来てるのに」って思っていた部分もあったのです。
だけど実際はそんなこと無理です。手のかかる娘と手のかかる老犬介護。
ご飯を食べたという簡単な文章の裏で、ご飯を食べさせるのに少しずつしか食べられないので
30分かけていることも。
夜中に2時間おきに起きてるという言葉の裏で、起きてから寝るまで少なくとも20分はかかっている事も。

私は出来る限りの事をしているのだというだけで、ダメなんかじゃないのだ。

そしてあじゅがいなくなる事が怖いっていう事実も。

ひなやとわのときは「あじゅがいてくれる」事が大きかったのだと。
あじゅがいなくなってしまったら、うちには犬がいない。
それだけでもう怖くて仕方ないのだ。

あじゅの存在の大きさに今頃気がついたって感じです。

またこの12月の頭から色々ありましたので記事にしますが、、
今のところ精神的に大丈夫です。

本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あまりに過労が重なり寝不足続きでは、誰でも情緒不安に陥りますよ。
優しくしたくたって、イライラして当然です。
ブログに、そんなきりっぴさんの悲鳴が痛い程聞こえてました。
凄く心配で、軽く考えて手を抜く部分は手を抜き・・・
咳してもほっといて、なんて、ひどい事かきましたが、やっぱり、
Ⅰ番大切なのは、心身が健全じゃないと周りの者も大変。
全部完璧にひとりでやろうなんて、思わないでね。

あじゅちゃんは大丈夫、たくさんのみんなに見守られ
幸せですから。
でも、咳がおちついて気持ちもホッとして本当に良かったです。

No title

私は一番辛いときに、きりっぴさんのブログを何度も読み返し、手当てや大丈夫という言葉を自分に言い聞かせていました。自分でもびっくりするくらい落ちてきりっぴさんのブログがなければ乗り越えられなかったと言っても過言では有りません。そこから沢山の方のブログも拝見し自分だけじゃないんだ!みんな頑張ってるんだと自分の甘さについてきずかされました。
我が家も今日三匹病院でした。気が重いですよね。
良いと言われることは有り得ないし、今を大事にという感じですよね。
だから、居なくなるのが怖い気持ち、痛いほどわかるし、頷きながら、涙が出ちゃいます。

頑張って下さいとは言えません。だって頑張ってるんだもん!あじゅちゃんもきりっぴさんの気持ちわかってくれてますよ。
そうでなければ、娘さんが優しく撫でたりしないとおもいます。きりっぴさんが優しく撫でてるから娘さんも優しくなでられるのだと思います。
あじゅちゃんうれしいね!いっぱい、なでなでしてもらおうね。

No title

ホリゾンという薬、効果があって良かったね。
あじゅちゃんも楽になり、
きりっぴも眠り落ち着くことが出来て、
本当に良かった。
ほっとしたどころの表現じゃ足りないよね。
いろんなこと、
日常の幸せとか大切な気持ちとか・・
呼び起こしてくれたというか、
私も言葉がみつからない(>_<)

老犬介護と二歳児の娘の世話の大変さは
やった人にしか分からないよ。
わたしは、毎朝、ちろが薬飲まなくてキーキーしてたから
きりっぴが、辛い経験や素直な気持ちを記事にしてくれるのが、本当に感謝。

気持ちは一緒に頑張ってるつもり。

あじゅちゃんにも感謝なんだ。
プロフィール

きりっぴ

Author:きりっぴ
kirippi-p.jpg

(ねぇね)

ドッグライフカウンセラー
ペットケアドバイザー
資格ありだが、単なる犬バカ。

<わんこ>

towap.jpg


とわ(父):98年3月生まれ

 おっとり。ネコ好き
 僧帽弁不全症を9歳で発症

 とても良く頑張ったけど
 2010.2.20 虹の橋の住人に

akopp.jpg

あじゅ。(母):99年10月生れ

 甘え下手で、ちと変わってる?
 風呂好き・散歩嫌い

hinap2.jpg

ひな(娘)01年6月生まれ
 ちゃっかり・ややメタボ
 一番犬らしい表現するかも

**ちょっと変わった生活形態**

とわは最初、弟が同棲してたときに飼い始め破局後実家へ。
そんなとわの魅力にどっぶりはまってしまい、あじゅ。を迎える
そしてひなが生まれました。

その後結婚し実家をでるものの。。
実家のお店で毎日働きにいきます。

とわたちは平日は実家で
じぃじとばぁばと過ごし、
週末はきりっぴのおうちにて過ごします


*2001年からつけている日記は
犬バカ日誌

く更新してないHP犬バカ生活

<病歴>
とわ 
他の犬に脅され目が飛び出る。
緑内障予備軍
*僧房弁不全症(07/3/28)
*狂犬病予防接種によりアレルギー反応(07/04/06)
*肛門周囲腺腫と去勢 

あじゅ。
*小さい頃から目が白い。
獣医さんも不思議がる謎の発作を起こす
*気管支が他の子より細いので呼吸困難になりやすい

ひな 
*目に傷によるトラウマあり
*外耳炎

***2007.4月よりホメオパシー治療開始***

詳しくはカテゴリー「自己紹介」をご覧ください

こちらもMYBLOG
写真と日々のこと、旅行記書いています
yuruyura.jpg
一眼レフのデジカメで撮った写真や
日々の事、アンコールワットの旅行記など
日々揺れているらしい私の、ゆるゆるした日記です
**ゆるゆら散歩**
最近の記事
最近のコメント
ランキング参加しています
bbsicon-onegai.gif
ポチッとお願いします にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ 人気ブログランキングへ
更新されてるよ!
Powered By 画RSS
日めくりカレンダー
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード