越えたふたやま その続き

ここのところ調子が良いし、昨日私が寝てしまい夜中におしっこをしちゃっていたみたいで
おしっこくさかったあじゅをシャンプーしました。
・・・が、夜これまた私が寝てしまったときにうんちょさんしてしまい、汚れてしまいました。


さて話の続き。

あじゅの大事な大事な咳止めシロップをドバドバーーーーっっとやってくれた娘っこ。

怒ったところで薬は戻らず。

でもこれだけは絶対になければダメな薬。

ちょっと様子がおかしかったから連れて行くべき??と悩みながら
缶詰半分食べたし、
明日はどのみち病院だし、とりあえず何時間は様子をみようと。

友達が来るまでの2時間でどうにかしなきゃっ

と、病院に電話して薬を作っておいてもらい、急遽取りに。
あじゅも心配だし、時間も心配だしと焦る焦る。

焦ってるのにっ!!娘っ子さんは帰りの車でジュースをドバドバとまたこぼし
洋服全部お着替えの色々拭きのーーで、結局友達を待たせることに。
とほほほ。

151109-18.jpg


この日のあじゅはどことなく様子がおかしくて、気持ち的にも落ち着かず。
夜中にはまた咳が悪化。そして立てなかったり、ボーっとしていたりで心配は尽きぬ。

翌日の診察日。10月30日金曜日

151109-16.jpg


だいぶ落ち着いたようなので、とりあえずステロイドの量が少し減る。
ただし毎日服用は変わらず。

ホメオパシーの注射や気管支のお注射などをして終了。
先生がかなり脱水みたいなのでと、補液

今日は院長先生が不在のせいなのか、空いていたのであっという間に終わる。

・・・だがしかし、車で帰る途中でおかしなことに





車を止めて10分ほど態勢変えたりしてもダメ、おしっこもしない

病院に電話して「あじゅの様子がおかしくなりました」

そういえば、昔とわも補液してそのあと抱っこしたら鳴いて
それから抱っこ拒否になったなぁと思いだす。

ん???ほ液の痛みなのか???

でもね
ずっとこうやって泣いていて、この泣き方ってひなと同じだなぁと
ひなの最期の方よくこうやって鳴いてた。
とか どうしてもひなを重ねてしまい、気持ちがゆらぐ

病院についたら 先生が玄関に待っていてくれて診てくれた。
心臓の音も呼吸音もおかしくないので、ほ液の痛みなのではと

どうも私暑がっていたので、冷やしてしまい(この背中においてあるタオルに保冷材入り)

151109-15.jpg

補液が固まってしまったのでは??

(゚∇゚ ;)エッ!?

いつもの温熱治療機で背中を温めると、気持ち良さそうに寝始め、落ち着いた様子。

帰りも少し鳴き続けたけれど、家に戻りおしっこしてそのまま落ち着いて寝始めたあじゅ。

はー、一安心。


と思っていた 夕方5時過ぎ。

寝ていたはずのあじゅが またさっきのように鳴き始めた。

おしっこかなと外へ連れて行くも、まったく力が入らずふにゃふや状態。

あれ??なんだこれ?? え?? これは???

なにをしても収まらないので、実家に電話してヘルプ。
娘の夕飯やらグズグズした時に誰かいてもらわないと・・・

この時点で泣きそうな私。

結局母と弟が来てくれる事に。

酸素を嗅ぎながらもちっとも覇気がなく
このまま死んじゃうのかと思い、泣きそうになる。

ホメオパシーをたくさん注射してもらい、温熱マットも。
横たわって動かないあじゅを撫でながら、ひなを思い出し泣けてくる。
とにかくひなの最期の時とかぶるのだ。

でもこの温熱マットが効いたのか2時間後には舌の色も回復して動き出した。

はぁぁぁ・・・一安心

院長先生いわく、脳の方の影響であろうと。

この日母に急遽泊ってもらい、夜9時にご飯そしてお風呂
娘っこもよく頑張ってくれました。

私もあまり眠れないかなと思ったけれど、それでも思ったより寝れて
それだけあじゅが落ち着いてくれたのかと嬉しい限り。

翌日の土曜日の早朝帰っていった母

母が帰宅後、
寒いせいか酸素なしでも平気で眠れるように、
朝はチーズも少ししか食べなかったけれど、ご飯を食べた。
うんちなし。今日は咳もしてパニックになったりといつもの様子に。

もうね、本当に死んじゃうのかと思いました。

でもこの日を境に少しずつ調子がうわむきになってくれましたー♪




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

娘さんもまだ手のかかる大変な時。
それで、あじゅちゃんもだし、パニクるのも
当然よね。
ひなちゃんととわちゃんの最期が重なるのね?
今は、精一杯後悔残さない様にやってるのだから
もう、優しい心で穏やかに、なんて、なかなか出来ないかも
しれないけど、いっぱいなでてあげて、ここに
いつもいるからね、見守ってるからね、
という気持ち、いっぱい伝えてあげてね。
きりっぴさん、頑張ってるの、十分判ります。
身体が資本、無理はしないで。
なんか私、矛盾したこと言ってますね、ごめんなさい。

No title

あじゅちゃんの体調が上向きになってること
読んでホッとしていますが
それまでがすごく大変な状態だったんだね
良かったね

きりっぴちゃんが感じた気持ちが
先日私がかんちゃんに思った気持ちと
おんなじなのかな?と思うと辛かったね
あじゅちゃん頑張ったね
きりっぴちゃんも頑張ったね
お母さん優しいね

ちゃこさん mocoママさん コメントお礼

まとめてのお返事でごめんなさい。

いつも温かい気持ちを有難うございます。
お返事が遅くなるし、ホントごめんなさい。

自分の体調管理をしっかりしないと
面倒を見れないので寝るときはちゃんと寝ますっ

本当温かい気持ちに支えてもらっています。感謝です
プロフィール

きりっぴ

Author:きりっぴ
kirippi-p.jpg

(ねぇね)

ドッグライフカウンセラー
ペットケアドバイザー
資格ありだが、単なる犬バカ。

<わんこ>

towap.jpg


とわ(父):98年3月生まれ

 おっとり。ネコ好き
 僧帽弁不全症を9歳で発症

 とても良く頑張ったけど
 2010.2.20 虹の橋の住人に

akopp.jpg

あじゅ。(母):99年10月生れ

 甘え下手で、ちと変わってる?
 風呂好き・散歩嫌い

hinap2.jpg

ひな(娘)01年6月生まれ
 ちゃっかり・ややメタボ
 一番犬らしい表現するかも

**ちょっと変わった生活形態**

とわは最初、弟が同棲してたときに飼い始め破局後実家へ。
そんなとわの魅力にどっぶりはまってしまい、あじゅ。を迎える
そしてひなが生まれました。

その後結婚し実家をでるものの。。
実家のお店で毎日働きにいきます。

とわたちは平日は実家で
じぃじとばぁばと過ごし、
週末はきりっぴのおうちにて過ごします


*2001年からつけている日記は
犬バカ日誌

く更新してないHP犬バカ生活

<病歴>
とわ 
他の犬に脅され目が飛び出る。
緑内障予備軍
*僧房弁不全症(07/3/28)
*狂犬病予防接種によりアレルギー反応(07/04/06)
*肛門周囲腺腫と去勢 

あじゅ。
*小さい頃から目が白い。
獣医さんも不思議がる謎の発作を起こす
*気管支が他の子より細いので呼吸困難になりやすい

ひな 
*目に傷によるトラウマあり
*外耳炎

***2007.4月よりホメオパシー治療開始***

詳しくはカテゴリー「自己紹介」をご覧ください

こちらもMYBLOG
写真と日々のこと、旅行記書いています
yuruyura.jpg
一眼レフのデジカメで撮った写真や
日々の事、アンコールワットの旅行記など
日々揺れているらしい私の、ゆるゆるした日記です
**ゆるゆら散歩**
最近の記事
最近のコメント
ランキング参加しています
bbsicon-onegai.gif
ポチッとお願いします にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ 人気ブログランキングへ
更新されてるよ!
Powered By 画RSS
日めくりカレンダー
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード