現実を知るために 病院へ 続き

自分の愛犬が病気になってショックだし、悲しいし辛いけど
一番辛いのはその病気になった愛犬だし、また飼い主さんのつらそうな顔を
見なきゃいけないその愛犬だと思うのです。

大げさかもしれないけど、いざという時のためにも知識は必要。

そうすれば慌てず冷静な判断が出来るはず。


なんて事を考えさせられる出来事でもありました。


ネットで調べてると悪い事ばかり目に入って、マイナスの事を考えなく。
でもそれもいいけど、ちゃんと現実を見る。

これって実はとても大事なことかも・・


だって本当に普通に「心肥大が」という言葉が出てくるんだもん、


確かに「心肥大」って言いやすいし、ついつい使いそうになるけど

この図を見てみると

131007-28.jpg


明らかに「心臓が大きいと言われた」って「心拡大」ってことじゃないの??

ひながいつもエコーで診てもらい、一喜一憂する「大きさ」は「心拡大」のこと

先生にも「ひなの場合は心拡大が起こっているという表現なんですよね」と確認してみた。


僧帽弁不全症とはそもそもこのように

131007-55.jpg

このように正常な心臓の働きをしてもらわなきゃいけないのに
僧帽弁というところの弁のしまりが悪くなり、血流が逆流してしまう病気

131007-27.jpg

ちなみにとわもそうだっけど、この弁を支えている腱索が切れてしまうことも
一気に切れてしまったらそれはしんでしまう事。
普通はこの腱索がべろーんとなるらしい。

で、エコーでは左心房の大きさと大動脈の大きさを比較してる。

これが大きくなると重症にってことらしい。


ちなみに犬の場合心肥大は滅多になく
猫ちゃんが肥大型心筋症が多いらしい。

人間の方のサイトですが、今かるしおレシピで流行っている国立循環器センターのサイト
ここにも心臓が大きいというと心肥大ですかという患者さんが多いとある、
このサイトを読むとやはり「心拡大」=心臓が悪いってわけでもなさそうである こちら


ってかそもそも「心拡大」だけなら問題ないのでは??

ちなみに、ひなの場合は左の心臓が悪くなるけれど
あじゅの場合は右がなる可能性はある

でも心雑音が聞こえるようにならない限り、あじゅの場合心臓が悪くなる事ないらしい。

これが犬の器官

131007-29.jpg

よく先生が言うのは「洗濯機のホース」
これがつぶれてベコってなる。

ベコってなって戻らないと大変。

この器官が繋がっているのが肺

131007-54.jpg

だからあじゅの場合、悪くなるとしたら右の心臓らしい。

それも肺に炎症を起こしてその次に心臓って感じみたい
うまく説明できないけど・・・。


色々気になって調べてた事が、先生に聞けてスッキリ。

老化で心肥大はおこらないこと。

そもそも「心肥大」という表現が間違ってること

心臓に関しては診断が難しいので、ちょっとでも疑問に思ったら
セカンドオピニオンにかかることも考えたい。

ネットの情報をうのみにするのではなく、きちんと見極める事。

色々な可能性を考える事。


とにかく色々な事を学ばせてもらった。


私も本当に勉強になった、


ひなとあじゅの為に出来る事。日々勉強

あー、スッキリしたぁ。


最後に、心臓のお薬の説明の図をを載せておきます。
私も再度納得できて、また一歩前に進めそうです

131007-30.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何時も何時も、きりっぴさんには勉強させていただきます。
こんな頼もしいオッカサンが要るんだもん!ひなちゃんもあじゅちゃんも少々のことではへこたれません。

私も頼もしいオッカサンになれるよう頑張ります!

病気してたって、うまく共存していけば良いんだよね。

わたなべさんへ コメントお礼

v-22わたなべさん コメント有難うございます

お返事が遅くなりました。ごめんなさい。
何度も勉強しないとなかなか身につきませんね・・。
私の場合、やっと深く理解できました。
みなさんの勉強のほうが凄いなぁといつも思います。

> 病気してたって、うまく共存していけば良いんだよね。
そうそう!そうなんですよね!!
勉強して学べば理解も変わるってやつだし、
考え方ひとつで人生変わりそうな勢いですよね^^
プロフィール

きりっぴ

Author:きりっぴ
kirippi-p.jpg

(ねぇね)

ドッグライフカウンセラー
ペットケアドバイザー
資格ありだが、単なる犬バカ。

<わんこ>

towap.jpg


とわ(父):98年3月生まれ

 おっとり。ネコ好き
 僧帽弁不全症を9歳で発症

 とても良く頑張ったけど
 2010.2.20 虹の橋の住人に

akopp.jpg

あじゅ。(母):99年10月生れ

 甘え下手で、ちと変わってる?
 風呂好き・散歩嫌い

hinap2.jpg

ひな(娘)01年6月生まれ
 ちゃっかり・ややメタボ
 一番犬らしい表現するかも

**ちょっと変わった生活形態**

とわは最初、弟が同棲してたときに飼い始め破局後実家へ。
そんなとわの魅力にどっぶりはまってしまい、あじゅ。を迎える
そしてひなが生まれました。

その後結婚し実家をでるものの。。
実家のお店で毎日働きにいきます。

とわたちは平日は実家で
じぃじとばぁばと過ごし、
週末はきりっぴのおうちにて過ごします


*2001年からつけている日記は
犬バカ日誌

く更新してないHP犬バカ生活

<病歴>
とわ 
他の犬に脅され目が飛び出る。
緑内障予備軍
*僧房弁不全症(07/3/28)
*狂犬病予防接種によりアレルギー反応(07/04/06)
*肛門周囲腺腫と去勢 

あじゅ。
*小さい頃から目が白い。
獣医さんも不思議がる謎の発作を起こす
*気管支が他の子より細いので呼吸困難になりやすい

ひな 
*目に傷によるトラウマあり
*外耳炎

***2007.4月よりホメオパシー治療開始***

詳しくはカテゴリー「自己紹介」をご覧ください

こちらもMYBLOG
写真と日々のこと、旅行記書いています
yuruyura.jpg
一眼レフのデジカメで撮った写真や
日々の事、アンコールワットの旅行記など
日々揺れているらしい私の、ゆるゆるした日記です
**ゆるゆら散歩**
最近の記事
最近のコメント
ランキング参加しています
bbsicon-onegai.gif
ポチッとお願いします にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ 人気ブログランキングへ
更新されてるよ!
Powered By 画RSS
日めくりカレンダー
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード