お守り酸素

ひな、病院に行く前にはハアハアしちゃうと「あれ?白い??」ってことがありました。

130905-02100.jpg

口の中の色が若干白っぽい。これいいことじゃない。

あじゅの場合は、すぐ「チアノーゼ」が起きる。
そうなのだ、紫になってしまう。これとても怖いことなんですよね
獣医さんがこれ見ると驚きのあまり大騒ぎになる。
だって「生命にかかわる緊急事態」だし「応急処置など飼い主にできる事はほとんどありませんので、速やかに獣医師に診てもらいましょう。」

なのですが、あじゅの場合緊張するとすぐ呼吸とめちゃうんですよね。
こっちも「あら、また??」ってなってしまう。

あ、話が長くなってしまった。

ひなの場合、暑くてハアハアだけならそんなに口の中の色は変わらないし
ピンクのままなんだけど、どうも時々白っぽいことがあったのだ。

ちなみに口の中押して3秒経っても色が戻らないときは、状態があまりよろしくない。

131001-33.jpg

先生に提案されたのは「酸素ボンベ」レンタル。

ひなの場合、「おちっこ」「うんちょす」「お水飲みたい」「お菓子食べたい」
などの要求がある場合も「ハアハア」するんですよね。

130916-09.jpg

先生に言ったら、まずはそれらをやってみてそれでもハアハアがおさまらない場合
酸素吸入したほうがいいかもと。

それには「酸素ボンベ」がいいのでは??と。

とわの時には酸素室をテルコムさんからレンタルしました。
1回目 2回目は、ごめんなさい とわが亡くなる時だったので今日はみたくない。

とわの場合、酸素というより、ケージみたいな狭い場所に入るのが嫌がってたのですが

01-090727.jpg

ひなの場合、狭いところ大好きだからいざとなったら酸素室がいいかなと思っています。

今は色々な会社で酸素室レンタルをしているようです。

それに今のひなの状態ではそこまでずっと酸素室に入ってるような状況じゃないし
ハアハアした時だけで十分なわけで・・・。

酸素ボンベは取り扱いが難しいとかいわれてしまうこともあるようですが、
でも持ち歩ける大きさの酸素ボンベなら、通院時にも使えるんですよね。

とわが苦しそうにハアハア、咳してる それを見ながら車の運転。
あの辛そうに私を見る目、私も辛かった。
このボンベがあったら、とわもあの時楽だったかな。

酸素室に酸素充満させて、空気の出入り口を塞げばそれなりに酸素はもつそうですが。

それにいかんせん、あの酸素発生の機械が重い。固定で使うならいいけど
ひなの場合我が家だったり、実家だったり、お店だったりと移動が多い。
とてもじゃないけどあの機械、移動はできませぬ。

と、いうことで今回は「日本医療株式会社」さんに

通っている病院の人に聞いたら、やはり酸素室のレンタル会社を言われたのですが、
心臓のほうの先生に聞いてみたところ、こちらの会社を紹介してくれました。

このボンベ、医薬品扱いなので、動物病院との連携が必要。
だから酸素量などはすべて、ひなのかかりつけの先生の指示による濃度。
(これらは会社のほうでやってくれます)

131001-17.jpg


会社に電話して翌日には持ってきてくれました。

我が家が借りたのは500リットル

初期費用で20000円ちょい。毎月の管理料が1万ちょっと。
ボンベ追加はまた別料金。→初回に3本ついてくるのでそれ以上使わなければ料金は発生しない

ずっと酸素を発生させたほうがいいのであれば、酸素室レンタルのほうが安い。
だいたい500リットルのボンベで、ひなの場合4時間くらい使える計算。

131001-14.jpg

会社の人が来てくれて、設置と説明。

その間、いつもは来客に反応しないあじゅがそのお兄さんのおけつの匂いを
かぎ始めるのでビックリだわ、ちょっとぉぉって感じ。

ひなも出たり入ったりと。

131001-16.jpg


しかしものの10分程度で設置説明終了。

・・・・さて、使ってみるかね。


130927-114.jpg


まさかこんな人間用の口に当てるやつなんてするわけないし。


それにこの機械が来てから、ひなちゃんのハアハア
口の中が白くなることもないし、暑さのせいかすぐおさまってしまう

よって単なる飾りとなる

130927-118.jpg


でも使ってみようということで

131001-21.jpg

このように、チューブをじかに鼻に当ててみた。

とわの時に使っていたような こういうやつのほうがいいのかな?
自作するかね??

35-090727.jpg

とは、思うものの とりあえずこれでいいかしらね?と

130927-105.jpg

せっかくなので、何度か使ってみる。

131001-38.jpg


まあ、お守りってことで機械があれば 何かあったときには安心だしね。

ちなみに、薬局で売ってる1000円のボンベはあまり意味なしみたいです。
1回使いきりですけど、お守り代わりに持ってもいいかなと思ったのは
「ミドリ安全」っていうところから出ている「応急用酸素吸入器
僧帽弁不全症を患っている子で怖いのが、「急性肺水腫」命にかかわることです。
そんな時これがあったら病院に行くまでに役立つかなと思います。

次の記事で肺水腫について書きたいと思っています。

さてボンベが来たひなちゃんですが、ボンベが活躍することもなく

131001-76.jpg

穏やかに過ごしております。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

確かに確かに横でハーハーしているのを
見るとなんとか楽にしてやりたいと思いますね
そんな時傍に酸素があるとひなちゃん達も
きりっぴちゃんも安心出来ると思います
あっても使う機会がありませんように

ちゃこさんへ コメントお礼

v-22ちゃこさん コメント有難うございます

酸素って健康維持にも良いって言われてるから
私が使いたくなる(笑) 
とわのように末期になったらもっともっと
必要性があるんでしょうね。少しでも楽になってほしいって
でも今は色々な会社からレンタルできるから、時代は良いものですね
プロフィール

きりっぴ

Author:きりっぴ
kirippi-p.jpg

(ねぇね)

ドッグライフカウンセラー
ペットケアドバイザー
資格ありだが、単なる犬バカ。

<わんこ>

towap.jpg


とわ(父):98年3月生まれ

 おっとり。ネコ好き
 僧帽弁不全症を9歳で発症

 とても良く頑張ったけど
 2010.2.20 虹の橋の住人に

akopp.jpg

あじゅ。(母):99年10月生れ

 甘え下手で、ちと変わってる?
 風呂好き・散歩嫌い

hinap2.jpg

ひな(娘)01年6月生まれ
 ちゃっかり・ややメタボ
 一番犬らしい表現するかも

**ちょっと変わった生活形態**

とわは最初、弟が同棲してたときに飼い始め破局後実家へ。
そんなとわの魅力にどっぶりはまってしまい、あじゅ。を迎える
そしてひなが生まれました。

その後結婚し実家をでるものの。。
実家のお店で毎日働きにいきます。

とわたちは平日は実家で
じぃじとばぁばと過ごし、
週末はきりっぴのおうちにて過ごします


*2001年からつけている日記は
犬バカ日誌

く更新してないHP犬バカ生活

<病歴>
とわ 
他の犬に脅され目が飛び出る。
緑内障予備軍
*僧房弁不全症(07/3/28)
*狂犬病予防接種によりアレルギー反応(07/04/06)
*肛門周囲腺腫と去勢 

あじゅ。
*小さい頃から目が白い。
獣医さんも不思議がる謎の発作を起こす
*気管支が他の子より細いので呼吸困難になりやすい

ひな 
*目に傷によるトラウマあり
*外耳炎

***2007.4月よりホメオパシー治療開始***

詳しくはカテゴリー「自己紹介」をご覧ください

こちらもMYBLOG
写真と日々のこと、旅行記書いています
yuruyura.jpg
一眼レフのデジカメで撮った写真や
日々の事、アンコールワットの旅行記など
日々揺れているらしい私の、ゆるゆるした日記です
**ゆるゆら散歩**
最近の記事
最近のコメント
ランキング参加しています
bbsicon-onegai.gif
ポチッとお願いします にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ 人気ブログランキングへ
更新されてるよ!
Powered By 画RSS
日めくりカレンダー
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード