肺炎ってこわい

週末我が家にいっぱいの人(親戚と家族)だったので、ちとパソコンから遠ざかりました。

121210-50.jpg

ひなちゃんはじぃじにベッタリでしたけど、おいてけぼりをくらったので
ごはんを食べずにいじけんぼ (≧m≦*)

ばぁばお泊りしたのに、ばぁばを一切無視ですよ(笑)


さてあじゅちゃん 金曜日は病院でした。

のんびり寝ているひなも一緒です。


121210-28.jpg


渋滞してやっとの思いで病院についたら、地震。震度4
ひなたちを車に残し、診察券を出しに行って戻ったとたんの出来事
車が横揺れするのでびっくりしました。

みなさんは大丈夫でしたか?

ちなみに大阪出張中の夫からはなんの連絡もないのに
夫の父から心配して電話がありました(≧m≦*)

今回は空いていたせいか、あっという間の診察。

121210-05.jpg


ひなは心音チェックのみでしたけど「変化なし」です^^


あじゅちゃんは肺の音もかなり良くなっていました~~!

ただし今週はお薬継続、来週にお注射してその後状態が良かったら
少しずつお薬を減らす



えっ?(;゚Д゚)! そんなにかかるの??

どうやらこないだした注射が2週間持つらしく、それが切れかかった頃に念のため
再度注射してってことらしい。
それだけ肺炎って治りにくいってことみたい。

もう状態がいいので治ったと思っちゃったよ。

先生に「肺炎で死んじゃうこともあるのですか?」と聞いたら
「ありますよ~。様子みちゃってもっと肺の状態が悪くなってしまったら
ぐちゃぐちゃしちゃうことあります」

・・・「ん?おかしいぞ」と思ってすぐ連れて行った私スゴイっってことだよね。

あじゅの場合、気管支炎から肺炎になりかけているっていう状態で治療開始したのが
よかったらしい。

121210-68.jpg

あじゅの場合、もとから気管支が細く炎症をおこしやすいので
おかしいと思ったら早めに病院に行ったほうが懸命らしい。
まあ、年齢が13歳というシニアの年齢なので若い時と違うってことだ。

実は院長先生にも言われたこともあり「もしかしたらこの肺炎によって弱ってしまうかも
また年寄りっぽい感じになちゃうかも」と心配していたのだ。

121210-153.jpg

でもそんなこともなく、おかしいと思い病院に行き3日後にはいつものあじゅちゃん

121210-116.jpg

げんきんなもので、あのシューシューネフライザーも治ってきたら
うざいらしい

121210-117.jpg

すぐ逃げちゃいます

121210-115.jpg



それに月・火曜日とお休みをした私がおうちの片付けしていても
邪魔しいになっていましたもん。

そんなあじゅですが、まだまだシャンプーは禁止

・・ひなちゃんだけちゃぽちゃぽ

121210-12.jpg

それからあじゅの肺炎はやはり免疫力が下がっていた時に感染したことによるそうです。

そして、ひなちゃんが転移しているかもしれないと大学の先生が言っていたようなんですけど
と心臓の先生に聞いたら
そのレントゲンを見ながら「あ、これは軽い肺水腫だしこの胸のところの胸椎はね
シーズーはなぜかシーズーだけ大きいんですよ(笑)」ということで
「僕の見立ては転移してない」ってことですとのこと

うっしっし。

やっぱり色々な先生に聞くって大事かも~~


しかし勘三郎さんだって肺炎になってからだし、森光子さんだって肺炎

肺炎って怖いんだと改めて思った病院でした。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あじゅちゃんが元気を取り戻してる報告見て
安心しております良かったね
しかし肺炎って怖いね、治れば終わりじゃなく
注射やお薬を絶つまで時間を要するとは
知りませんでしたが完全に治るまで
もう少しあじゅちゃん偉かったね
よく頑張ったね

転移なんて文字見てビックリしましたよ
もう~驚いた!
ひなちゃんの嬉しい報告読みました
変化なし!この調子です♪

ちゃこさんへ コメントお礼

v-22ちゃこさん コメント有難うございます

あじゅは見た目いつもと同じなので完治したような気分
になりますが・・油断大敵かしらと少し自制中です。
ほんと、まだまだお薬を飲まなくていけないなんて
肺炎って怖いのねと初めて知りました。簡単に考えて
しまいました。
ひなの転移は院長も笑いながら言っていたから
そんなに深刻に考えてなかったけど、とりあえず
今週また検査なので、このまま調子良し!で言ってほしいなぁ
プロフィール

きりっぴ

Author:きりっぴ
kirippi-p.jpg

(ねぇね)

ドッグライフカウンセラー
ペットケアドバイザー
資格ありだが、単なる犬バカ。

<わんこ>

towap.jpg


とわ(父):98年3月生まれ

 おっとり。ネコ好き
 僧帽弁不全症を9歳で発症

 とても良く頑張ったけど
 2010.2.20 虹の橋の住人に

akopp.jpg

あじゅ。(母):99年10月生れ

 甘え下手で、ちと変わってる?
 風呂好き・散歩嫌い

hinap2.jpg

ひな(娘)01年6月生まれ
 ちゃっかり・ややメタボ
 一番犬らしい表現するかも

**ちょっと変わった生活形態**

とわは最初、弟が同棲してたときに飼い始め破局後実家へ。
そんなとわの魅力にどっぶりはまってしまい、あじゅ。を迎える
そしてひなが生まれました。

その後結婚し実家をでるものの。。
実家のお店で毎日働きにいきます。

とわたちは平日は実家で
じぃじとばぁばと過ごし、
週末はきりっぴのおうちにて過ごします


*2001年からつけている日記は
犬バカ日誌

く更新してないHP犬バカ生活

<病歴>
とわ 
他の犬に脅され目が飛び出る。
緑内障予備軍
*僧房弁不全症(07/3/28)
*狂犬病予防接種によりアレルギー反応(07/04/06)
*肛門周囲腺腫と去勢 

あじゅ。
*小さい頃から目が白い。
獣医さんも不思議がる謎の発作を起こす
*気管支が他の子より細いので呼吸困難になりやすい

ひな 
*目に傷によるトラウマあり
*外耳炎

***2007.4月よりホメオパシー治療開始***

詳しくはカテゴリー「自己紹介」をご覧ください

こちらもMYBLOG
写真と日々のこと、旅行記書いています
yuruyura.jpg
一眼レフのデジカメで撮った写真や
日々の事、アンコールワットの旅行記など
日々揺れているらしい私の、ゆるゆるした日記です
**ゆるゆら散歩**
最近の記事
最近のコメント
ランキング参加しています
bbsicon-onegai.gif
ポチッとお願いします にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ 人気ブログランキングへ
更新されてるよ!
Powered By 画RSS
日めくりカレンダー
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード