ペットの命を守るための防災考えていますか?

今日で震災から半年。
震災で亡くなられた方のご冥福を心からお祈りいたします。

本当はひなちゃんの病院の話しにまだまだ続きがあるのですが
ちょっと防災の事を。

来週は「動物愛護週間」です。今年度の中央行事は
備えよう!いつも一緒にいたいから~人と動物の防災を考える
だそうです。

みなさん なにか対策はされていますか??

とにかく避難する時は、「ペットと同行避難」です。

今回福島の方が避難する時に、「ペットは連れて行けない」という
思いこみや、「すぐ戻れるから」という理由でペットを家に置いたまま
避難してしまったんですよね。

でも福島県では「ペットと同行避難』を進めていたそうですよ。前から・・・

それをペットを飼っている人が「知らなかった」んですよね。
そして行政や動物愛護にかかわっている人たちの
「周知徹底」の不足。

私思うんですよね。避難地域に残されたペットを助けない行政も
問題があると思うのですが、それだったら今後どうしたらいいのか
もっともっと考えなきゃいけないことで
募金したもの返して欲しいとかそんなのは後回しでいいんじゃないかなと

どうも「金はやるからお前らがんばれ」とう他人任せのような気がしてならない。

そうじゃなくて、今回の事を教訓に「ペットは同行避難ですよね」という
アピールをみんながみんなもっとして行かなきゃならないんじゃないのかなぁと

ペットと同行避難は決まっているんですよ。行政も声たかだかにいうんですよ


でも、その先はどうなっているか知っていますか??

「避難所でペットの立場は、その避難所の責任者が決める」のです。

例えば小学校に避難したら、その小学校の校長先生が決めるのです。

その責任者の方の裁量次第ってやつです。

そして一緒に過ごす事が許されても、ストレスの多い避難所での生活では
3日が限度と言われているそうですよ。

そうなると犬は外。

でもね、それは酷いっていうけど ある意味しょうがないかなぁと思う気持ちもあるんです。

そんな時はその避難所の軒先のスペースをお借りして、ペットが快適に過ごせるような
工夫をして、少しでも近くにいるようにしたら良いそうです。
殆どの避難所ではそういった工夫をされていたようです。

自分の住んでいる地域の行政がどう考えているのか、問い合わせたことありますか??

また、フードの支援もかなりの量が支援で届きます。ありすぎて廃棄する事もあるんです。

そしてその大量のフードをを配ると
「人間のご飯が足りないのに犬のメシなんてっ」って怒られることもあるんです。
貼った張り紙をはがす必要性があるんです。
大きな声で「フードありますよ」なんて、とてもじゃないけど言えない。

それは覚えておいて欲しいと思います。
自分で探しに行く。役所に問い合わせる事も必要になる事も。

そして自分のペットにあげているフードですが
メーカー名を覚えていてもダメだそうですよ。
中身を覚えておけってって。今食べているフードに近いものを探す
そうすることで体調不良になるリスクを下げる事が出来る。

今すぐフードの中身言えますか??

なんてことを書いてるとキリがないくらいあるんです。
みなさんはちゃんと勉強して考えていますか??

それも愛するペットを守る大事な大事な一歩です。

避難する時はどうしますか?

私は今回311を経験して、2頭以上は飼えないと思いました。
ひとりと2匹の時は、このこ2匹だけでもうムリだと。
重くて運べませんもん。階段ムリ。
近所の力を活用できそうですか??

抱っこ出来ない子はがれきの上を歩く時、どうしますか??
靴下は靴の練習していますか??

こんな時はどうする??って色々な場面を考えて想定してみて下さい。

先日 こちらでも書いた 防災セミナー。
先生が言ってた
「犬を飼っている人は大きな車を用意するか(それを避難所とする)
テントでも用意しておきなさい」って。

長くなったのでとりあずここまで。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ある程度はペットの運搬はこうしようとは
考えてはいますが、ウチなんて大家族
もう震災なんてあったらどないしようと
考えさせられました
バリケンも今現在頭数の割には足りていないし
ちゃんとしないとあかんね

しっぽのコメントみましたよ(今頃ですがすみません)
この件記事にしていいかな?
動物愛する人が多いから

ペットフードの中身?
メーカー名と商品名しか分からないや…
あれ?メーカーもあやふや…

お留守番中だったらどうしたらいいんだろう。
お隣さんと連絡のやり取り出来ないとね。

バッグの中はおとなしいけど、
別々に寝たことないや。
非難所の夜は大丈夫だろうか…

行政にも問い合わせしたことないです。

明日、早速問い合わせしてみる!

私も記事リンクしていい?
ちゃこさんと違って
ワンコ飼ってないお友達の方が多いんだけど、
その人たちにも知ってもらいたい。

もう一度よく考えます

実はテントは準備しました カートも一緒に入ってます

でもフードの中身はすべて把握してないです

無いことを祈りたいですが 万が一の用意は必要ですよね

一人の時 災害が起きたらと思うとゾッとしますが

留守の時だったらどうしようと 色々考えてしまいます

ちゃこさんへ コメントお礼

v-22ちゃこさん コメント有難うございます

ちゃこさんちはまだ階段がないから、いっぱい連れて避難できそう。
バリケンを頭数分用意できなくても、机の下とか逃げ込めそうな場所
作っておくといいし、避難してからは支援物資もあるしね。

京都の記事はどーぞどーぞ。
是非「殺処分のないセンターを作って貰いたい」です。

ともちろちゃん コメントお礼

v-22ともちろちゃん コメントお礼

ちろちゃんの場合は「PHコントロール」だから
常に多めに用意しておいた方が良いかもね。
療法食は少し遅れて届きます。

フードの中身はね、同じ銘柄が届くとは限らないから
なんだって。そりゃそうだ。あの山のような支援物資から
探せないもんな。

> お留守番中だったらどうしたらいいんだろう。
> お隣さんと連絡のやり取り出来ないとね。

そうなのよね そこがみんなの悩みどころなんだって。
一番良いのは窓をあけておいて、留守番
命だけは助かる可能性があるから・・・
でもその前に震災以外では家から出ない保証がある
子に限るって、、難しいわね

> ワンコ飼ってないお友達の方が多いんだけど、
> その人たちにも知ってもらいたい。

ワンコ飼ってない人達にも理解を求めておかないとね
と私も思うのだ。
私達は当然だと思うけど、飼ってない人はそう思わないからね。
それに可哀想だからと勝手に散歩に連れて行ってしまう人も
いるんだってさ。散歩だけならいいけど、、、保護されちゃったり。
酷い話だわよ

ガンバ・バーバさんへ コメントお礼

v-22ガンバ・バーバさん コメント有難うございます

さすがバーバさん テントもう購入されていたんですね
私もちょっと落ち着いたら購入しようと色々見てますが・・
簡易テントだけしかわが家にありません。
早くかわなきゃ。
フードの中身を把握するのが一番と言ってましたよ

実は東京で起きたら助かる確率は低そうだなぁと
思う気持ちもあるんですけど、でも色々想定して考えておくのが
一番助かる早道って聞いて以来考えております。
プロフィール

きりっぴ

Author:きりっぴ
kirippi-p.jpg

(ねぇね)

ドッグライフカウンセラー
ペットケアドバイザー
資格ありだが、単なる犬バカ。

<わんこ>

towap.jpg


とわ(父):98年3月生まれ

 おっとり。ネコ好き
 僧帽弁不全症を9歳で発症

 とても良く頑張ったけど
 2010.2.20 虹の橋の住人に

akopp.jpg

あじゅ。(母):99年10月生れ

 甘え下手で、ちと変わってる?
 風呂好き・散歩嫌い

hinap2.jpg

ひな(娘)01年6月生まれ
 ちゃっかり・ややメタボ
 一番犬らしい表現するかも

**ちょっと変わった生活形態**

とわは最初、弟が同棲してたときに飼い始め破局後実家へ。
そんなとわの魅力にどっぶりはまってしまい、あじゅ。を迎える
そしてひなが生まれました。

その後結婚し実家をでるものの。。
実家のお店で毎日働きにいきます。

とわたちは平日は実家で
じぃじとばぁばと過ごし、
週末はきりっぴのおうちにて過ごします


*2001年からつけている日記は
犬バカ日誌

く更新してないHP犬バカ生活

<病歴>
とわ 
他の犬に脅され目が飛び出る。
緑内障予備軍
*僧房弁不全症(07/3/28)
*狂犬病予防接種によりアレルギー反応(07/04/06)
*肛門周囲腺腫と去勢 

あじゅ。
*小さい頃から目が白い。
獣医さんも不思議がる謎の発作を起こす
*気管支が他の子より細いので呼吸困難になりやすい

ひな 
*目に傷によるトラウマあり
*外耳炎

***2007.4月よりホメオパシー治療開始***

詳しくはカテゴリー「自己紹介」をご覧ください

こちらもMYBLOG
写真と日々のこと、旅行記書いています
yuruyura.jpg
一眼レフのデジカメで撮った写真や
日々の事、アンコールワットの旅行記など
日々揺れているらしい私の、ゆるゆるした日記です
**ゆるゆら散歩**
最近の記事
最近のコメント
ランキング参加しています
bbsicon-onegai.gif
ポチッとお願いします にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ 人気ブログランキングへ
更新されてるよ!
Powered By 画RSS
日めくりカレンダー
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード