平和な時代におこる悲劇

大人の事情と言って、書いて来なかったけど
このひと月、福島から「ペット同行」で避難されいた方の動物シェルターの
お手伝いをしてきた。

・・・とはいっても、テント設置や掃除や飼い主さんと色々話したり。


でもね、各地で動物と受け入れてても、来る人がとってもとっても少ない。

地域から離れたくないという理由だったり、色々な理由があるんだと思う。

その避難所の説明にいってもね、「うるさい」って言われるんだって
だからボードに書いてたってるだけなんだって。
保護団体さんもそう書いてたところがある

すっごくよくわかるよ、犬猫どころじゃないって。

ある団体さんは、関東の避難所から無料バス出して
「自宅に残してきた子の救済に行こう」ってやってるのに



なんで? なんで迎えに行かないの?? なんで??

愛情があったから飼ったんじゃないの???


なにか大きな理由があるの?? どんなことしても連れてくるんじゃないの??


私が避難されている方に聞いたら、突然自衛隊のバスが来て
今から避難してと言われ、動けない人たち(病人)を置いてバスに乗らされたって
わけわからなかったって・・・。


でもその彼女は、犬を連れに戻った。


なんとしてでも出来るはずって思うんだけど、それも出来ないの??


確かに私たちが、関東のいわゆる、普通の地域で飼うのと考えが違うんだよね。
私、缶詰入れた食器を洗わない事にショックだったもん。
支援物資にあった、フードも私だったら絶対にあげたくないっていうものもあるんだ。
けどそれがいつものご飯だったりね。



残された動物たちの命はみんな平等なんだけど、
保護団体さんが頑張って保護してくれるのも有難いけど

でも、でも、でも
残された子が待っているのは、知らない犬猫好きのおばちゃんたちじゃない。


残された子が待っているのは、飼い主さんだ。
大好きな大好きな飼い主さん。


避難された方が、声を上げる事も大事はなず。

助けてって、声を出す事も大事なはず。


情報がいきわたってないから???


なんで?? なんで??? なんで????



首長官邸にもメールした。みんなで声をあげようよ。



原発地域の避難と、他の避難はまったく違う。

分けて考えるべきだ。

今ごっちゃになってしまっているから、よけい大変なんだと思う。



ヒステリーになったり、可哀想と思うだけじゃなく、
私たちは「知る事」も、とても大事だと思う。
そして小さな小さな一歩でしかないけど、みんなが一歩を出せば
大きな大きな事になる。そう信じたい。


DJ村内さんのブログ 見た目はびっくりですけど(笑)
http://ameblo.jp/dj-murauchi/

新庄動物病院の先生のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah


犬猫救済の輪
http://banbihouse.blog69.fc2.com/

この方が、熱すぎてちょっと私的には受け入れがたいのですが
この4月21日の記事 猫ちゃんの共食いして死んでいる写真

衝撃的すぎる。でも見てほしい。


国がこういうことにした、そして飼い主さんも少なからずそうしている思う。

責めるべきじゃないけど・・・。

苦しんで死ぬなら、獣医さんによる安楽死という選択も考えて行かねばならないはず。

私たちがする事

これで熱くなってしまうと「ほらね、だから保護団体って色々勝手にやるのよね」とか
いつものように陰口叩かれてしまうのだ。

そうじゃない。

これから残された子が子供を作ってしまうことも、狂犬病は?衛生面は?
死んでいった子たちが腐敗したら??

犬が20キロ圏外にでたら? 殺しちゃうの?


私たちが、自分たちの可愛いペットの為に目指すのは
不幸な子を保護する事じゃない。
不幸な子がいなくなる世界

「人と動物のよりよい共生」を目指す。

法律的にたんたんと書かれた「ペット法塾」さん
こちらの要望書は素晴らしいです。このように書きたいものです。


何かが変わるなら、
https://wwws.meti.go.jp/nisa/index.html
保安委員にもメールしてみてたいと思います。


最後になりましたが、仮設住宅のペット飼育可能への署名
4月30日までなので、まだの方は是非~♪


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あんまり熱くなっては人々から受け入れてもらえないとはわかっていても私はこういった問題、憤りを感じてやみません。
犬にとっての世界のすべてはただただ大好きな飼い主さん。
その純粋な心すらわからない人間がたくさん犬好きと称して
"飼ってる”日本。
先進国で日本くらいだそうですね、動物関係にここまで残酷で
毎年毎月何万という犬猫を"処分”している国。
どこから手をつけて変えていく努力をしたらいいのかまったく暗闇に
私には思えてしまいます。

しっかりと読んだよ。
自分の出来ること、まだまだあるね。
私もメールしてみます。

本当に、単純に『何で迎えに行かないの!??』とおもいます。

首輪を放して
『生き延びておくれ』が精一杯なのかな。

飼い主さんのこと待ってるのにね。
何が何だか分からないだろうにね。

原発の事は、今後も賛否両論なんだろうけど、

確実に分かった事。
何か事故が起きた時、強制的に連れて行かれ、ペットや家畜の動物たちは、置き去りの生き地獄にされる、
日本はそういう国なんだ、てことだね。

いろんな情報ありがとう。
何かを感じて、行動に移せる人間になるよ。

まず自分が変わらないとね。

No title

動物シェルターのお手伝いご苦労様でした
お疲れはでてませんか
今回の記事を深く受け止めました
現状がこんなんだと知り驚きと悲しみです
原発、津波による
大勢の動物たちが今、この時間もお腹空かせ
さまよっているかと思うと心が痛みます
今回の大事件、今後また起るかも知れないと
言う事を忘れてはいけないですね

misaさんへ コメントお礼

v-22misaさん コメントありがとうございます。

勘違いさせてしまいましたね、ごめんなさい。
憤って良いんです、私も怒りも悲しもあるし、それが
次への言動力になっています。ただそれを表現する時に
ちょっと考えないと、ダメなんじゃないかなと思っているのです。

日本は飼えない動物を回収したり、おかしなことばかり
してきましたが、徐々にみんなが色々知ることで
これでもちょっとずつ改善してると私は思います。
一気に変わるのはムリです。
その為にはどうしたらいいのかって、みんながそれぞれ
考えて行動すれば、良い方向にいくはず!と信じて
日々活動を頑張っています。
以前紹介した事があるんですけど「ペットショップに
いくまえに」という絵本を子供たちに配布したり
そんな小さいなことからもでも1歩ずつ。

絶対に変えていけると信じて、頑張りましょ~♪

追伸 misaさんも色々行動されているのに
偉そうにごめんなさい。

ともちろちゃんへ コメントお礼

v-22ともちろちゃん コメント有難うございます

うん、それぞれが思うように行動出来たらいいね。

そうなの、飼い主さんを待っているのにね
なんでなんだろうと思ってしまう。

結局こうして置き去りにされてても、それに対して
なんにも抗議をしない、日本ののんびりさを初めて
「なんだ?」って思った。
関東も放射線とか余震でそれどころじゃなったから、
気がつかないまま、ひと月たってしまった。

これだったらみんながもっともっと
避難所に行って掲示板とかに貼っていくべきだったなぁと
思ったよ。

そうだね、まず自分がかわならいとね。
本当にその通りだね。がんばろう~~。

ちゃこさん コメントお礼

v-22ちゃこさん コメント有難うございます

はい、シェルターのお手伝いは楽しくやってましたから
大丈夫ですよ♪
多分津波や地震だけの地域の子は、今シェルターや
保護施設の方が頑張ってくれているので、なんとか
大丈夫だと思います。
でも福島の原発地域に残された子は、震災の影響じゃなく
完全に人災です。人間の酷さからです。
おかしいよね。絶対におかしい。


No title

横着病が発症してPCダウンでした~。

ある時テレビをつけたら、衰弱している犬2匹
後で保護されたと聞いてほっとしたけれど
こういう放送が次から次で、ほんとうに考えさせられる
この頃です
私が出来る事は署名する事くらいしか出来ないけれど
せつないよ~。

家の旦那は優しいから、見るのもつらい
テレビで放送しないでほしい
といっている。。。。。辛すぎるって!

あこさんへ コメントお礼

v-22あこさん コメントありがとうございます

あこさん お忙しいのによく色々パソコンでやってて
凄いなぁといつも思っています。時々休憩も必須ですよね♪
優しい旦那さまで羨ましいです~v-10

今日になって色々案が出てきましたね。
こっちのほうが政府がやりやすかったのかしら?
もっと早く動いたらなお良かったですねぇ。
でもとにかくどうにかしてほしいです。

また今度の計画的避難に関しても、初期から
残された動物たちがいないようにしてほしいです
プロフィール

きりっぴ

Author:きりっぴ
kirippi-p.jpg

(ねぇね)

ドッグライフカウンセラー
ペットケアドバイザー
資格ありだが、単なる犬バカ。

<わんこ>

towap.jpg


とわ(父):98年3月生まれ

 おっとり。ネコ好き
 僧帽弁不全症を9歳で発症

 とても良く頑張ったけど
 2010.2.20 虹の橋の住人に

akopp.jpg

あじゅ。(母):99年10月生れ

 甘え下手で、ちと変わってる?
 風呂好き・散歩嫌い

hinap2.jpg

ひな(娘)01年6月生まれ
 ちゃっかり・ややメタボ
 一番犬らしい表現するかも

**ちょっと変わった生活形態**

とわは最初、弟が同棲してたときに飼い始め破局後実家へ。
そんなとわの魅力にどっぶりはまってしまい、あじゅ。を迎える
そしてひなが生まれました。

その後結婚し実家をでるものの。。
実家のお店で毎日働きにいきます。

とわたちは平日は実家で
じぃじとばぁばと過ごし、
週末はきりっぴのおうちにて過ごします


*2001年からつけている日記は
犬バカ日誌

く更新してないHP犬バカ生活

<病歴>
とわ 
他の犬に脅され目が飛び出る。
緑内障予備軍
*僧房弁不全症(07/3/28)
*狂犬病予防接種によりアレルギー反応(07/04/06)
*肛門周囲腺腫と去勢 

あじゅ。
*小さい頃から目が白い。
獣医さんも不思議がる謎の発作を起こす
*気管支が他の子より細いので呼吸困難になりやすい

ひな 
*目に傷によるトラウマあり
*外耳炎

***2007.4月よりホメオパシー治療開始***

詳しくはカテゴリー「自己紹介」をご覧ください

こちらもMYBLOG
写真と日々のこと、旅行記書いています
yuruyura.jpg
一眼レフのデジカメで撮った写真や
日々の事、アンコールワットの旅行記など
日々揺れているらしい私の、ゆるゆるした日記です
**ゆるゆら散歩**
最近の記事
最近のコメント
ランキング参加しています
bbsicon-onegai.gif
ポチッとお願いします にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ 人気ブログランキングへ
更新されてるよ!
Powered By 画RSS
日めくりカレンダー
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード