にぎにぎお手手

本当に寒いですね。大雪が降った地方の方 大丈夫でしたか??

あじゅが生きていたら、きっと大変だったろうなぁと思います。
夜中本当に寒いし・・。
あまりにも寒いので、最近は3匹を毛布にくるんで横に置いて寝ています。

あじゅが生きていたらとか、もう考えたくないけれど
だって結局大変でも生きていてほしかったなぁとなるじゃないですか。
そんなの切なすぎるしね。

時間があるようでなんやかんや出かけると、時間が無くて(当然だけど(笑)
やりたい事が出来ていません。どれもこれも中途半端。
今は娘の事以外、ひきこもっていたい気分です。

なんでしょうかね。ひきこもりで、家でもくもくと何かを作り
思い出に浸り、満足したい。

そんな話はまた今度。

さてあじゅを火葬するまでの日数。問題となるのは腐敗。
病院の先生にもドライアイスはちゃんとやっておくようにと念を押されました。

今回は冬だったので、大丈夫かなと思うけれども 念のため
だってきれいなままでいさせてあげなきゃね。

冷凍庫に1・5リットルのペットボトルが2本凍らしてあったのです。
酸素室が暑くなった時の為にも・・。
あじゅは冷たい空気を吸う方が楽になるはずと、獣医さんにも言われていたので
冷凍庫パンパンで入らないけれども頑張って凍らしていました。
それを背中とお尻のあたりに入れていたのですが、それはなかなか溶けないでいてくれました。
そしてあじゅの下には保冷剤を敷いていました。
あとは首の後ろ。

脳も腐りやすいみたいで、院長先生には首の後ろをひやしてあげてねと言われました。

あーちゃん生前も首の後ろを良く冷やしてたね^^

もちろんあじゅがいる部屋は暖房なしにしていましたが、保冷剤もなかなか溶けないし
こりゃ大丈夫かなぁと思っていたのですが、
ドライアイスを買ってきて入れてみたらあっという間にドライアイスがなくなることにびっくり。

結局2日に渡り、買いに行きました。

そして身体はカッチンコッチン。もう本当に冷凍しましたぁー!!って感じです。
ちょっと寂しかったけれどもね。

ドライアイスはお腹と首の後ろに置いておきました。
でもペットボトルが霜ついてたからそのせいで無くなるの早かったのかな?

もう本当にかちんこちんっ。

あーちゃん 寒いの嫌いなのになぁと それが気になって仕方なく。。
でもあじゅは可愛いままでいたいはず!と否定をしつつです。

かっちこちんだったのです、またそれが悲しくなりそうだったので
手だけは柔らかいままにしておきました。
・・というか この手だけは箱から出して ニギニギしていたからか
それともあじゅがそうしてくれていたのか、不思議と生きている時と同じ位柔らかかったままでした

IMG_6827.jpg


ずっとずっとこの手を握ってました。


・・・でも今思ったら、この手の写真撮れば良かったなぁ。とわのときと同じように。

DSC_8163_20111121195627.jpg
スポンサーサイト

不思議な事

あじゅを見送ってから、火葬するまで約4日間あったのですが
この4日間って本当に大きな意味がありました。

とわは土曜日の朝に病院で亡くなって、翌日の午後にはもう火葬

ひなは金曜日に亡くなって、日曜日の午前中に火葬。

だからわりとすぐ火葬という感じでした。

ひなのときは金曜日の朝になる前だったので、、まるまる2日ありましたが
なんせ火葬の朝にドタバタしちゃったし、なんか慌ただしい感じでした。
とわのときだったら、きっと火葬までの日にちが空いてしまったら
また違う悲しみと辛さだったろうと思います。

でも今回あじゅは4日もありました。
この4日って きっとあじゅがくれたプレゼントなのかな

最初は土曜日にする予定だったのですが、妹家族とおばちゃんが都合悪くて
残念だけれども人数少なくてもいいかなと母に言ったら
日曜日にしたらいいじゃないと。
「みんなで集まって見送ってあげた方がいい」って。

そんなに日数あっても大丈夫かなという不安もあったのですが・・・

やっぱり最後のお見送り出し、みんながいる方がいいよねと
日曜日にすることを決断。

午前中と思ったものの、やっぱりバタバタはよくないと
午後からにして夕方みんなで集まってウナギを食べようと。

160113-40.jpg

お正月集まってワイワイガヤガヤしたときに、あじゅもいたように
あじゅを見送った後もワイワイガヤガヤしようと。

そう思ったのです。



1月6日 朝の5時に 泣きながらばぁばに電話しました。

「あーちゃん 死んじゃった」って

そしてそのあと、弟にラインで報告しました。

記事に書けてなかったけれども、弟も結婚して子供が誕生しました。
赤ちゃんが夜泣きしても起きないのに、不思議とおきたって^^;

泣きながらまた寝てしまい、夫が会社に行き、朝になって起き
あーちゃんが死んで悲しいのに、娘にご飯を食べさせたり洗濯したり掃除したり
日常を過ごすのが本当に不思議で・・

あーちゃんが酸素室に入る必要もないのに、酸素室の周りはゆうべの
あじゅが生きている時の続きのまま。


160113-87.jpg


それでもその酸素室の返却にお金がいるから、お金おろしに行ったりとか

ほら人間の時もそうじゃないですか、悲しいのに銀行行ってお金おろしたりとか
葬儀の事決めたりバタバタやるって。

悲しんでずっと泣いていたいのに、やる事はあってせわしない・・
本当にあの不思議な感覚。

午後からばぁばと弟が来てくれました。
ばぁばはお花とあじゅの大好きな焼き芋持ってきてくれて
そして暖かい気持ちのお花が届き始めて
「あー、あーちゃん本当に死んじゃったんだなぁぁ」って。

160113-73.jpg

ばぁばや弟に、あじゅが死んじゃった時の話をして
少しだけ気持ちが落ち着いて・・・。

やっと3時位に お世話になっていた動物病院に電話出来たんです。
それまで気持ちが落ち着かないから、電話したくなかった。
電話口にはとわのときからずっとお世話になっている一番古い看護師さんでした。
あじゅがって言ったら、びっくりされて。

この看護師さん、元ヤンキー??って感じなんですけどね、
テキパキテキパキ働くんです。とわが最期の時も、ひなが最期の時も病院にいたし
お世話してくれたのです。

外出だった院長先生に伝えておきますねと言われたのですが、30分後に院長先生から電話を貰いました。

あじゅが亡くなった時の状況を伝えて、、泣きまくってしまい、もう会話の中身忘れているんですが、、、
そしたら院長先生が「あじゅちゃん 連れて病院にいらっしゃいよ。綺麗にしてさしあげたいわ」と
ちょっと我が家から病院まで遠いので(30分くらい)
そうですねぇとその場で電話をきりました。

あじゅ 亡くなった後でも可愛かったんです。
それに自分でシャンプーしてあげたし・・・。

160113-94.jpg

でもね、舌がべろりんちょのままだったから だんだん色が悪くなってきてしまっていたし
もう病院に行くこともないのにつれていくの可哀想かと思ったのですが、
あじゅ綺麗になるの好きだったし、火葬まで時間があるから色々やってもらった方がいいかもと思い切って連れて行きました。

待合室にいつも話しかけられる人がいたりで辛かったのですが
看護師さんにあじゅを預けて車で待ちました。

40分くらいして いつも診てもらっていた診察室に呼ばれて
その診察に寝ているあじゅを見ただけでも泣いてしまうのに
来た時よりさらに綺麗になったあじゅがいました。

長く伸びてしまっていた爪も切ってもらい、毛もくしでふわふわにしてもらって
顔周りも全部綺麗に洗ってもらって。。
それこそ私がお尻に詰めた脱脂綿もきれいに中まで入れてもらい
舌もしまってくれていました。

本当に可愛いあじゅになってました。

看護師さんにも撫でて貰って、、本当に良かった。

そして院長先生も あじゅを撫でてくれたりしながら
「今まで本当に頑張ったわよね。あじゅが一番弱そうだったのに、こんなに長生きして」とか
私のこともよくやっていたわよと褒めてもらって
院長先生、ホメオパシーやアロマやら鍼やら音やら棒やら色々やってるから
不思議な事いっぱいやるんですが、あじゅを連れて帰ろうという雰囲気の中に
突然大きな声で「ミカエルスプレー持ってきて」とか言うんです。

で、看護師さんが持ってきてくれた そのスプレーを
「守られてるからね」とか「ミカエルのパワー」とか なんか言いながら あじゅにかけてくれて
またその香りがいい香りでした。

なんか面白いのですが、その時あじゅが輝いていたような気がしたのです。
ま、きっとこれ記憶に色付けしてるんでしょうけれど^^;

そのいい香りがするあじゅを連れて車に。

待合室を通る時とか嫌だったんですよねぇ、時々みかけるけれどとわも思い出すし
いつかって自分もって重ねちゃうし、申し訳ないって。
それにみんなが見送ってくれるじゃないですか、またそれも悲しいし。

だけどその香りのせいか、とわのときほど悲しくなかったし
ちょっとだけあじゅ良く頑張ったもんと誇らしい気持ちもどっかにありました。

帰りに弟とドライアイスについて討論して、家に戻って・・。

今日はトリマーさんが休みだからとしてもらわなかった あじゅの頭のちょんちょりん。
私がいつもあじゅにしていたようにあじゅにリボンをつけてあげたんです。

そしたらね、
なんかますます輝いて綺麗になってる???? あれ????

なんだろうか。あじゅがもっともっと可愛くなってました。

また香りがいい香りするから、心が和むっていうのかなぁ。

とにかくあじゅがより一層輝いたような気がします。

あまりにもびっくりしたので、ついついAmazonで買ってしまいました。

どんな効果があるのかも、病院とはメーカーが違うかもしれないけれど

160113-45.jpg
この写真の右に映っているスプレー。

なんだかよくわからないけれど、場の雰囲気が変わるともある。

これ私がイライラしてあじゅに当たっている時に知りたかったよぉ。

このせいか お花のもちもいいような気がするし、なんだか不思議な温かい気持ちになる。
いったいなんだ?このスプレー。

そして 動物病院から頂いたお花が一番 花もちがいいことにも驚くし、、、

そんな不思議な事から始まりました。

慣れるわけないじゃん

昨日実家に行ってきました。あじゅを見送った日以来です。

家を出た時から涙がとまらず。

家を出るときにもあじゅの用意をしないってことが、もう切ない。
いっつも隣にいたあじゅがいない。
助手席に咳止めシロップとお水とかね、それも必要ない。

車の中で咳が出ちゃうとね、、、もう早くどうにかしなきゃと焦っていたのを思い出すんです。
あの時にもっと違う優しさがあったんじゃないのかとかね、もちろん後悔も。

娘も不安だろうなぁと思いながら、泣いてごめんねぇという気持ちもありつつ・・・

涙がとまらず。そういえばひなの時もそうだったな、実家に行くたびに車で泣いていた。
でもあの時はあじゅの手のぬくもりもあったから、、泣きながら慰めてもらったなぁ。

160122-04.jpg

これからはこちらにお願いする事にします。

実家に着くちょっと前には泣かないように我慢して、違う事を考えるのです。
泣きはらしていくのもね、なんかちょっと切ないしですね。

でも我がばぁば、結構KY発言が多いので(笑) 私に

「もう慣れた??」と


慣れるわけないじゃんっ٩(๑`ȏ´๑)۶



娘を妊娠して自宅安静の時から ひなとあじゅが我が家にいて
私が殆ど面倒を見てきたわけで、それこそ子育てと同じようにあじゅとひなのお世話してきたのだ。
毎日が娘とあじゅとひなのことで明け暮れていたのだ。

そう簡単にあじゅがいない事に慣れるわけないじゃんっ

もうぅぅぅぅぅーーーーーっ ばぁばも心配して言ってくれたんだろうけれども、KYだったつうの(笑)
まあね、でもね、あじゅがいなくなって時間が増えたのは確かですしね、
今まで子育て大変って思っていたけれど、あじゅ達のお世話時間がなくなったらね
「え?こんな暇なの??」ってちょっぴり思いました(笑)


実家に行った理由の一つとして、写真を探したかったのです。
あじゅとひなととわの写真を大きく印刷したいから、いい写真を探したいし・・
でも結局なんやかんやと人が遊びに来たのでタイミングを逃し、さらに私も美容院を予約してたので
写真を選びをしそこないました。

ひなの可愛い写真なんかないかなぁ。


そして実家で初めて気が付きました。

あれ??とわの骨壷だけ大きい???

160122-08.jpg


なんだ?この「大中小」って感じは


あれれれ???? とわのだけ なんでこんな???
ひなのときに、とわと同じ大きさの骨壷ですと言われたような気がするけれど
こんなに違うのかしら? 


あじゅのお骨拾う時に、「粉骨」の話を聞きました。
3匹みんなの粉骨してひとつの骨壷に収めるという事もあると

確かに3匹で仲良くと思うし、時間の経過とともに骨壷の管理も大変だし、置き場所の問題も
お客さんからの印象というのもあるし・・・
いいアイデアかもとその時はノリノリだったのですが
(あ、我が家はしないですよ。実家の分だけ)
ちょっと時間があるとそれはどうなのかっていう気分にもなっていて(わざわざ行く気にならない)

とわのお骨、あちこち移動しているし、ばぁばがよく抱っこしてくれてるみたいで
きっと中で小さくはなっていると思うのです。だから小さい容器に入れ替えることも考えた方がいいかも。

そんな事をばぁばと話しながら、帰りは珍しく健気な妻を装って、夫の会社までお迎えに行きました。
・・・だっていつものように帰ったらさ、また泣いちゃうじゃんっ 家についてあじゅをおろさない事に・・

でも結局夫の会社まで、3匹を連れて言った事とか色々思い出したので 夫と思い出話をしました。

あ、、そうそう、今日いい事を思いついちゃいました。
頂いたお花たちがだいぶ痛み始めたので、入れ替えてて、、ふとかごに入れたら

IMG_7036.jpg

これにレースをかけてリボンで結わいたら、お姫様ベッドみたいで可愛くない???と

どうかしら??


追伸 酔っぱらって帰宅した夫に聞いても知らないというのですが 実家に行く日の朝
あじゅのお骨を戻そうとみたら、なぜか玄関に飾ってあるばぁばが買ってきたお花が一輪こんなとこにありました。
なんで???

160122-09.jpg

どう考えても夫のコートにひっかかっていたとしか思えないのですが、
ちょっと不思議でした。

なんでも切ない

本当に寒いですねぇぇ。こんなに寒いとあーちゃん大丈夫かしらと心配。
でも虹の橋のたもとだから大丈夫ですね。

151213-07.jpg

寒いけれど空は綺麗で、ふとみたらお散歩中のとわたちみたいに思えてパシャリ。

160120-03.jpg


コメント有難うございます。切ないですよぉ、今までとわとひなを見送った時とまったく違う。
あじゅの存在の大きさ。
今まですぐに次の子飼うのって私は無理だと思っていたのですが
今なら分かります。
だからといって、飼おうとは思えないでいますが・・・。

それに1頭だけで飼っていてそのあとの辛さとか、やっと分かったというか。

心配掛けてごめんなさい。でも今の気持ち残しておきたいので、ちょっとだけお付き合いください。


160113-71.jpg

あじゅが亡くなる前の日に書いたやることリスト。
これを亡くなってから見た時にもうこれやることないんだぁと思ったように
冷蔵庫に貼ってある メモ

160120-00.jpg

いまだに消せてないです。

もう必要ないんだからと分かっていても、まだ消せない。

あじゅが亡くなって、今やらないともうしばらくは出来ないはずと
あじゅたちのものを処分しました。使っていたものを
カーペットとか切り刻まないとゴミに出せないから、泣きながら捨てました。

車に乗せていたベッドも処分しました。

でも今は車になにもあじゅたちのものがなくて、かえって寂しい気がします。
きっとあったらあったで寂しいんだろうけど(笑)
だからここに以前頂いたお人形でも置こうかしらと思っています。

あの時ちょっとだけ捨てて、洋服たちは全部ひとまとめ
これはいつか整理しようと・・・。

最期のお散歩に行ったベンツカート、これは玄関に置いたままです。
そのうちなんかしようと。
これを見ても切なくならないし、もう一個のカートは粗大ごみに電話しなきゃと思いながら放置したまま。

こういうの処分する時が辛いだろうなぁと・・。時間が経たないと出来ないことだなぁと。

ひなやとわのときは、あじゅがいたから あじゅに使うから何も感じなかったけれど・・

でも薬は あじゅが亡くなってまだ身体が家にあったから 処分できました。
病院で処分してもらったり、返金してもらったりもしました。

160113-03.jpg

160113-12.jpg

お正月に預けた時にばぁばが書いた紙も

160113-09.jpg

何かあった時にと貰っていたのに、すっかり忘れて使いそこなったホメオパシーも

あの時に捨てたから良かった気がします。

でもね、捨てようと色々見たら

160113-43.jpg

このドライシャンプーだって もっと使ってあげたら良かったなぁとか
思ってしまうし、またそこで後悔しちゃうし・・。

次に使う子がいないってこういうことなんだなぁと、、切なくなる。

タイミング良く、シャンプーは殆ど空の状態だったし でもそれもまだ捨てず。

けれどもタイミング悪く、お正月に追加でケースで買ってしまったカロリーエースとか
そういうのどうしよう。

ボランティア団体にと思うけれど、探して送る気力もないし、知人にあげる気力もない。

160120-01.jpg

あじゅが食べが悪かった時に、なんで思い出さなかったんだろうと
あじゅが死んじゃってから思い出して買ったってしょうがないのに・・・

大好きだったのに、なんで思い出さなかったんだろうと 後悔のうずのお菓子

そして今週生協で かぼちゃプリン。生協って欲しいものが毎週あるわけじゃないから、
あじゅが生きている時にはカタログに載らなかった 大好きなかぼちゃぷりん。

生きてる時に食べさせてあげたかったもの そんなの見てたら切ないし。。

家に帰ってきても、あじゅがいない。
当然なんだけれど、今まで焦って帰ってきて玄関で「あーちゃん!!」という癖も
まだ時々出てしまうし、今日もふと娘に「あーちゃん待ってるから早く帰ろう」といってしまい焦る。

お風呂もいつもあじゅが気になって、浴室から出たらすぐ「あーちゃん」と呼んでたし、
酷い時にはお風呂の途中で素っ裸であじゅのもとへ走ったりしていたので
のんびり入るって感じでもなかったのですが、あじゅがいなくなってもまだのんびりの気分じゃないし
それこそ、あじゅが大変な時は「あーあそこに行きたいなぁ。でもあじゅがいるしなぁ」と思っていたのに
いざいなくなってもそんなとこに行きたい気持ちもなくなっているし。


娘も玄関開けて「あーちゃん」とか言ったり、洋服見て「あーちゃんの」といって怒って着ないし

fc2blog_20160114212552fcb.jpg

時々つたない言葉で「あーちゃん なんちゃらと」何を言ってるのかよく分からない言葉で話してるし
ちょっと情緒不安定なのかという時もあるし、

なんでもかんでも 切ない事に繋がっている今日この頃です。

160120-04.jpg


あ、今日はとわとひなの月命日なので、セブンイレブンのロールケーキを買ってきました。

最後の散歩と切ないもの

なんだか泣けてないのです。お骨になってから、泣ける事がなくなってきました。

大丈夫かな?私・・・。

なんだか切ないんです、とにかく切ない。

まだ毎晩、あじゅのお骨を私の横に置いて寝ています

しかも寒いかもとフリースかけて
・・あじゅの為に買ったフリース いっぱいあるんです。昨日また近所のオジサンがフリースくれました。
もう使うこともそんなにないのに、家じゅうフリースだらけ(笑)
お散歩に行くのにもフリースぐるぐるしてあの頃が懐かしいですね。

IMG_0117.jpg



あーちゃんとの本当の最後の散歩 あの日 なぜか今日行かなきゃと
あじゅをのせて、いつもの近所のホームセンターとスーパーに買い物に行ったんですよね。
スーパーでは警備員さんに「お、また一緒だねぇ」といつも声をかけてもらっていたし
ホームセンターではレジで「わんちゃんと一緒なのね。仲よしなのね」って言われていたのです。

fc2blog_2016010606275800a.jpg

この最期に行ったお散歩で、なぜか花を切る鋏を買ったんですよね。
以前のものがちょっと錆びていたし、いつか買わなきゃと思ってはいたのですが
ずっと先延ばしにしていて、ふと目について「あー買うならいまだ」と

160113-45.jpg

まさかそれをあじゅの為のお花を切る事にが最初になるなんて思いもよらず

160113-00.jpg

それと一人用の土鍋、これは最近帰りの遅い夫にと思っていたので
セールになっていたしと買いました。

だからこれ「あーちゃん土鍋」と命名しますっ。活用していますよ、最近寒いからね。

でもね、鍋の中身を買いに近所のスーパーに行きたくないんです。なんかね、行けないのです。
今はあじゅと行ってないスーパーで買ってます。
ホームセンターにも行きたくないと思っていたのですが、昨日どうしても糸を買いたかったので行きました。

なんだかね、時間があるんです。あじゅがいないから、時間がある。

だから娘の最近はまってる ぽぽちゃんのスカートなんぞ作ってしまいました(笑)

IMG_6952.jpg

あじゅのスカート部分だけが出てきたので最初 それをつけてんですが

IMG_6962.jpg

気になってしまって・・・

あじゅとひなに作っていたスカートの残り生地をだしてきて

160117-07.jpg


適当に作ったら、タイトスカートになっておばちゃんみたいに(-_-;)

悔しいから作り直しちゃいましたよ

IMG_6994.jpg

作りながら、あじゅとひなの為にせっせと作っていた事を思い出しました。
楽しかったなぁって。

IMG_6999.jpg


それにこうしてまた作るとね、なんとなく一緒にいてくれるような気にもなります。

近いうちにもういっこあじゅとの思いでの品を作りたいなぁと思っているのです。

あ、あとね、ひなとあじゅと過ごした娘のアルバム。
あじゅとひなとこうやって過ごしたんだよぉって いつでも見れるように。
娘のアルバム ちっとも作ってないのです。そのアルバムの前に、あじゅとひなの写真オンリーを作りたい。


あじゅやひなとの思い出、ちゃんと持って優しく成長して欲しいなぁ

あ、そうだ、ひなとあじゅのお骨に着せる服も作ろうかな。



幸せのチューリップ

あじゅが亡くなったのは1月6日 四十九日は2月23日になるのですが
2月20日はひなの一周忌でもあり、とわの七回忌でもあるのです。
そのころにまた実家の皆さまに集まってもらってなんかしようかなぁと思っている今日この頃です。

しかしとわの七回忌にびっくりします。
今でもとわってこのブログのお陰で「とわ とわ」って言ってもらって
本当に幸せな子なんだなぁといつも思うんです。

140320-24.jpg


だからきっと虹の橋にいても大丈夫。安心しているっていうのかなぁ

でもね、ひなは私がブログに色々な事を書けてなくて・・
実はひなもすっごく頑張っていたのです。
それに私も日常に追われ、ひなにはちゃんと見送りの時に
お洋服持たせたり、頂いたお花のカードを持たせてあげなかったりと

あじゅのときは皆さまから頂いたカードも、ブログコメントも持たせました
(とわのときもブログコメント持たせたのに)

それにひなのときは なぜか皆さまに色々お知らせするような気力もなく
こっそり身内でっていう感覚になっていましたしね。
ひなのこと ブログに書いてないまま月日が過ぎちゃったし・・

150307-170.jpg


だからね。

ちょっとね、気になっていたんです。ひなやきもちやいてないかなぁって。


でもね

あじゅのお花が届いている時に、鉢植えのチューリップが届きました。
「またあーちゃんにきたよ」と中を開けてみたら ひな宛てでした。

IMG_6956.jpg


可愛いピンクと白いもの。

とわのときに送ってくださったのと同じ

ウーさんからでした。


なんだかとっても嬉しくて、嬉しくて。

私が「ひな すまん」って思っている気持ちを救ってくださいました。

私が書いた年賀状を見て、ひなにって。

ウーさんもお友達が亡くなって大変な時に、ひなと私を思って送ってくださって。。。

本当に有難いし、本当に嬉しかったのです。

IMG_6959_2016011722110021f.jpg



チューリップはひなにちゃんとお供えしています。
エアコンの風がどうしてもかかってしまう朝を避ける為に
夜は玄関において、エアコンを切ったらひなのそばへと・・・
その時に「ひな チューリップ可愛いね」って ひなと会話します。

日常にかまけて なかなか出来ずにいたひなとの会話。

明るく可愛いチューリップのお陰で、大事なひと時がもてています。

本当に有難うございました。

160117-06.jpg

・・・でも ウーさん あじゅのことも知ってすぐ あじゅにもお花を送ってくださいました。
たくさんの暖かい気持ち本当にありがとうございます。
あじゅにもお手紙。本当に嬉しかったです。

160117-02.jpg

たくさんの人に思ってもらえて、私も3ワンも本当に幸せ者です。

あ、まだまだ書き遺しておきたい事いっぱいなので、犬バカ日誌は続きますよぉー。


娘が最近 歌を上手に歌えるようになり、、チューリップをよく歌っています。
ひなたち 聞こえてる??(笑)

お空へ

*写真があるのですが、見たくない方はこの記事は見ないでいてくださいね。

書きたいことはいっぱいあるのに、なかなか時間がとれずにいます。

私は元気です。切なくて悲しくて叫びたい事もあるけれど、あじゅの場合不思議な事が多くて
ずっとそばにいるような気がしてならないし、またとわやひなとは違う感情で過ごしています。
ちゃんと眠れているし、食べられています。あじゅに守られているのかな。

そんな話はまた次回にでも・・・。

しっかし寒くなりましたね。こんなに寒くなるとあじゅが生きていたら大変だったろうなと思います。

151213-07.jpg


そしてお骨になっても「あーちゃん寒くないかな」とついつい毛布にくるんでしまいます(笑)

ひなは何もかけてないのに^^;


あじゅがお空に昇る日、本当に天気がよくて気持ちいい日でした。

前日は実家に泊まりました。
こんなことでもないと、実家にはなかなか泊らないですしね。

朝は本当に穏やかな時間でした。
ばぁばは朝の5時からあじゅのためにお寺さんに行ってくれました。
あじゅが死んじゃってから毎日(1日さぼったらしいけれど)通ったとのこと。

実家なのに、私と娘とあじゅだけの時間があって
それがなんとも平和で穏やかな感じでした。
光の加減なんでしょうけれど、なんだか時間の流れもゆっくりなような気がしました。

160113-27.jpg

ひなのときは朝からバタバタで、ゆっくりする感じじゃなかったから・・

だからこそ あじゅの肉体がある 最期の多分30分くらいの時間なんでしょうけれど
それが穏やかで暖かくて幸せに感じました。

悲しいよりなんか不思議な気持ちでした。。。

あじゅには手紙と、写真 

IMG_6668.jpg

お正月に撮った最期の家族写真。

あとは3匹の写真

3-P3200179.jpg

そしてこのお洋服を入れました。
あ、ボタンとるの忘れちゃったよ^^;

お洋服はこの3ワンお揃いのマリンルックと
ちゃこさんに作っていただいたお洋服

67-100307.jpg
2010年の写真

そして私が作ったちゃんちゃんこもどきをかけ

49-20100129.jpg
(ひなには持たせなかったなぁ)

あじゅはこちらの服を着せました。

DSC_0078.jpg


これスカート可愛いって言っていたし、、
ちゃこさんがあみぐるみを作ってくれた時にもこのスカート風のつけてくれたしなぁと

最初はこっちの白いのを着せていたのですが、、これ良くきていたので白さが無い(笑)
普段着って感じしぎるのでやめました


P1140974.jpg

*着ている写真を探せない 探してるだけであっという間に時間がたつ^^;

またはこれも気にいってたし、あじゅらしいお姫様風・・なんですが、これボタンが金属なので諦めました

160113-50.jpg

新しいの作ろうかなとか色々考えたんですけどね、結局私の初作品ってことで
(あ、売っているパーカーにスカートつけただけですけど)


それからリボン 娘が今年のお正月にしていた あじゅのリボン

可愛くてお気に入りだったので、あじゅに持たせてあげました。

てんさんから 以前頂いたリボン
これパッチン止めだったで、金属分は外してゴムに付け替えてあじゅにつけました

160113-16.jpg

おしゃれなあーちゃんだから、付け替えも必要よねとばぁば(笑)

160113-15.jpg


そして迷子札。ひなの時は金メダルだったのですが、あじゅはあじゅらしくピンクメダルに
娘の習い事の名札と似せて作りました。

160113-31.jpg

この中には我が家の住所と私の携帯番号 実家の住所と電話番号
そしてみんなの髪の毛を入れました。もちろんひなととわのも。

あじゅって実は寂しがりやで誰かのそばにいるからね、みんなの髪の毛をちょっとずつ。


それから、それから 最期までちゃんと食べた 私の手作りご飯と 大好きなサツマイモささみ
あとは小さい頃良く食べていたジャーキー 
妹に買ってきて貰った あじゅの大好きなセブンイレブンのロールケーキを少し

160113-28.jpg


前日来てくれたごんママさんが持ってきてくれたケーキ
食べてみたらこれ絶対あじゅ好きだったろうなと それを一口入れました

160113-48.jpg


かぼちゃプリンは今回は入手できず、残念でした。


それを持って、お花いっぱいに囲まれて

てんさんとちゃこさんから頂いたお花を持っていきそれも全部入れさせてもらいました。
皆さまからのお花は少しずつ持っていきいれさせてもらいまいました

葬儀場で用意してくれた分も併せてですので、本当にお花に囲まれました。

160113-36.jpg


今見たら埋もれすぎ?(^^ゞ


でもお花のいい香りにつつまれてました。


手にもお花持たせました。


お花に囲まれて、、、あじゅはいい手お天気の中 お空に昇っていくことが出来ました。


待っている間、あじゅたちの小さい頃のビデオを見ました。
ともちろちゃんが持ってきてくれた「笑顔になってね これ笑顔ケーキっていうの」と

160113-37.jpg


悲しいけれども でも なんだかあじゅらしいお見送りになったような気がします。


お骨になったあじゅは 本当に小さくて小さくて
とわたちより一回り小さい骨壷で大丈夫でした。

小さいなお骨になったあじゅは無事に家に戻ってきました。

あれ?

昨日は娘と一緒に8時半から熟睡しちゃいました。
いま娘寝かしつけてるのに、私の方が寝ちゃいそうです。
あじゅ、今日が初七日。

チョビさんからお花頂きました
早いのか遅いのかようわかりません
今日、娘に買った洋服が届いたんです。
年末から悩みに悩んだ結果、月曜日に頼み今日届いたもの

コレ見たら、娘が
「あーちゃん!」
洗濯して干したの見ても
「あーちゃん!」
た、確かにあじゅの服にありそうだけどさー(笑)
だから着ないらしいです。
後々違う生地書く予定ですが、また寝落ちしそう

まとまらないから・・・

なんだか整理がしたくなって、家の中の断捨離を始めてしまいました。
これって不思議なんですけど、なんですかね。
とわのときも無性に片付けたくなり、、それでカビで死んじゃったのかと後悔したような^^;

あじゅのときもそうでしたけれど、なぜか死んじゃう前に無性に汚れが気になり
洗濯しちゃったんですよね。だから匂いが殆どなくなったという・・・。
ひなもそうでした。これ本当に不思議だなぁと思います。

コメント頂いてお礼を書こうと思うのですが、なかなか出来ずにすみません。
でも本当に嬉しく感謝しています。とってもとっても有難く、どんだけ救われている事か・・・。

1週間前の今日、あじゅが死んじゃうなんて思ってもみなかったんですよね。
今これ書きながら、この時間にあじゅは冷たくなって言ったんだなぁと・・・

でもね、なぜか不思議なんです。
あじゅが生きているような時があるんです。もう夢に出てきたし・・
(とわなんて全く出てこないし)
さっきもあじゅの寝息が聞こえるからびっくりして見まわしちゃいました。
単に夫の歯ぎしりだったんですけど、、、
今日も静かな時間にいつもようにあじゅの確認をしたくなるような気配がありました。
そんな事が多いいんです。

そばにいてくれてる なんだかそう思ってるんです。

なんですかね、あじゅって凄いんですね。
だからお骨に戻してから、殆ど泣いてません。愛おしい気持ちの方が強くて強くてそれがたまりません。

DSC_5086-1.jpg


可愛すぎてたまりません。

可愛すぎて会いたくて撫でたくて、切ないです。だから「あじゅーー」って叫ぶ事が増えました。


とわあじゅひな地方、って書くと虹の橋のたもとになってしまうのか
きりっぴ地方は今日はとても寒く、雨模様。昨日も曇り空

あのあじゅがお空に昇った日のお天気の素晴らしさったら。

みんなが幸せそうに見えるような青空でした。

お空に昇る日、きっとバタバタしちゃうだろうからと前日私と娘だけ実家に泊まりました。
その時にごんママさんとともちろちゃんが、あじゅに会いに来てくれました。

あじゅが死んじゃった日から、すぐに火葬しなかったのは
日曜日なら実家のみんなが殆ど揃う日だったんです。あじゅをみんなで見送ろうとその日に決めました。
でも冬と言え、やはり傷んでしまうのが心配だったのですが
ドライアイスでかちんこちんになっていたので、大丈夫でした。

なんだかどこから何を書いていいのか、分からなくなってきました。


今は お花がいっぱい あじゅのために送ってくださった花が
あじゅの可愛さを一層増してくれています。

160113-05.jpg

アークとJUNKOから

160113-74.jpg

一番最初に届いたのが、ちゃこさんから頂いたお花でした

160113-07.jpg

お世話になっていた動物病院から

160113-75.jpg

ともちろちゃんから

160113-76.jpg

てんさんから

160113-47.jpg

ライムちゃんのママ

160113-18.jpg

ごんママさん

160113-04.jpg

のんちさん

写真撮り忘れてしまいましたが、いつもお世話になっていたトリマーさんからも頂きました。

本当にありがとうございました。


無事に

あじゅ、小さな小さなあじゅになり、戻ってきました。

なんだか今日は無性に片付けがしたくなり、片付けをしました。
書きたいこといっぱいあるのですが、
今日眠くなってしまい、途中で失礼します。

2時に

いいお天気!
ブログ更新しようと思ってたのですが、出来なかったですね。


病院の先生とじっくり話せ、あじゅちゃんが一番幸せな最期だったと思いますと言って貰え、

また色々なことも聞け納得して、感謝の気持ちちゃんと言えたから

そして昨日、ともちろちゃんとごんママさんもあじゅに会いに来てくれて、話しを聞いて貰って

心が穏やかになりました。

悲しい 悲しいけど、いまは後悔より

感謝の気持ちで 最期まで綺麗でツンデレあじゅとして送り出せるようにしなきゃと。

またちゃんと書きますね。

コメントもほんとありがとうございます。あじゅに持たせます。
ほんとありがとうございます。

今日の2時にお空に行く予定です。
ほんとありがとうございました

散々悩んだのですが、昨日の夜中にみつけたこの画像を飾ろうと思います。
どうかな??

DSC_5086-1.jpg

後悔となかよし

あじゅへの優しいお言葉ありがとうございました。




今、私あじゅの存在感の大きさにおしつぶされそうです。
どんだけあじゅがいてくれて助かっていた事か。。。


いつものように朝方4時に目が覚めます。


今日は夫がハアハアしてるあじゅに困惑しながらナデナデしてる夢をみながら起きたので、いまとても辛いです。
死んでしまってから、魂のない冷たい肉体をいくらナデナデしたって遅い。
生きてる時にしないでどうするよ。


生きてる時にあーちゃんの大好きな抱っこしてしてしてあげたかっしたかった!

咳が酷いから抱っこしてなかったんです。
せっかく落ち着いてるのに抱っこして咳したら嫌だから、いつも寝かせたまんま。
少しでも体制変えたら咳が出て、とても辛そう。

151225-12.jpg

辛そうなのに、うるさいなと言ってた酷い私。


でもあじゅ、実家ではばあばに抱っこしてもらったみたい。
良かったね。
それに弟も一生懸命見てくれたみたい。
だからあじゅは実家での時間は良かったんだね。

それなのに余裕なくした私が。おきまりの私じゃなきゃダメなのよぉーと意固地になり、あじゅに優しくしないで八つ当たりばかり。
あじゅに可哀想なことしたし、また学ばせられちゃった。

ちゃんとヘルプして、ちゃんと人に頼ること、甘えること、信頼すること。

いまはまだ後悔が先に来ます。

分かってるんですよ、愛してるから後悔すること。
後悔したところであじゅ戻ってくるわけじゃないし、したってしょうがないことも。
もっと一緒にいたいからこそ、する後悔。

でもね、ひなの時には「もうダメかも」と思って、ばあばや夫も一緒に看取る準備してたから時間があったんですよね。
だから看取っても、後悔ばかりじゃなかった。

とわんときは、皆が一緒に寝てたし、私はとわの手を握って眠れたから。

最後は病院だけど、やはり覚悟して看取ったから。

だけど、あじゅはそうじゃなかった。

なんとなくまだまだ大丈夫と思ってたから、いつものことで、日常でしかなかった。


151225-20.jpg


あの日、なんでいつものように酸素室から出していつものように私の隣に置かなかったんだろう。

あじゅは私の不注意で、私が死期を早めたのだ。
私の不注意であじゅ死んじゃった。
温めた方があじゅの調子いいからなと

小さな湯たんぽいれて
でも先に寝室に行ってしまい

まさか娘が毛布を頭から被せてるなんて思ってもみなく
(時々やるので要注意事項であったはずなのに)

IMG_5765.jpg


だから綱渡り状態ギリギリで生きてた あじゅが、熱中症になったんじゃないかな。
完全なる私の不注意。

151225-26.jpg

それにもう息絶えそうなあじゅを なんで寝てると思ったのか。

今思うと明らかにおかしいのに、なんで寝てると思うのか。

なんであの時酸素室からだして、夫への小言を聞かせて、あの場から去ったのか。

洗濯物のなんて後でも良かったじゃん。

なんであのときのあじゅの様子を見てなかったのか。


あーーーーーー、もうーーーーー 私のバカ バカ バカ


お正月、私がいない時に死んじゃうじゃないかと弟とばあばがヤキモキしてたくらい、元旦にはぐったりしてたみたい。
それが2日になって少し回復して、ちょっと安心したと。

うちに帰宅しても、ほんと咳もしなくてゆったりして
ご飯を本当にびっくりするくらい食べてくれて・・・

でもねその食べたかも実はあれ?って思っていたんです。
いつも食べる力がなくなってきていたから、あごとか歯の横にいってしまうのに
それがそんなこともなくちゃんと食べれていて
ご飯の水分量変えたからからかな。これでいけるかなぁと思っていたのですが
でもそれでもびっくりするほど食べててくれた方が嬉しくって。


実家から帰る時にも咳しなくて、パニコになることもなくて
おとなしく寝ていて

だからちょっと抱っこして帰ろうかなと思ったのですが、また咳したらやだしなぁと
いつもの助手席であじゅをみていました(夫が運転してたので)

だけどね、今思うとね、なんであの時抱っこして帰らなかったのかなぁと
あの時抱っこしてあげたら私の気持ちが救われていたのに・・・。
抱っこ大好きだったあじゅだったのに。

あーーーーーっ もうーーーーっ バカバカっ


あじゅが亡くなった日に母と弟がきてくれて、
あじゅの話をしながら自分のブログ読んでいたんですよ。

そしたらこんな記事を発見

あーちゃんはストーカー

だから余計にね、あじゅ寂しかったんじゃないかなぁとかって思っちゃいます

でもその反面、あじゅは魂になったからいつでも私のそばにいるのではと。



とわは自由にしてそうだし、ひなは自分が会いたかったから私をよびにきてるだろし
あじゅはやぱりこっそり私の、家族の誰かのそばにいそうです。

そして動物病院の先生に言われたんです。
死んじゃう前に「なかよしの時間」ってあるんですって。
すべてを超えて穏やかな時間 普通は1日とか2日
でもあじゅは3日も4日もそうやって過ごして、本当にすごい子ねって。
それを聞いて だからあじゅは我が家に戻ってきて穏やかだったんだなって。

だったら、なんで抱っこしなかったんだろう。
抱っこしたいよぉーーー 抱っこしたい 抱っこしたい。
昨日ベランダであじゅとひなたぼっこしました。



生きてる時にしたかったのに、留守番ばかりさせちゃった。
それなのに一緒にいる時間を大事にしなかった。
今も留守番してもらうことばかり。

そして今日 あじゅたちのベッドやマットを少し捨てました。
あじゅが今いるときじゃなければ、捨てれそうにないほどの私。

ひなんときと違う

今日はお世話になった先生に診察してもらう日だったので
お礼を言いに行ってこようかなと思っています

そして昨日買いに行ったドライアイスももう無くなってしまったので、また買いに行かなきゃ。


まだ明日もいっしょにいてくれるあじゅ。



あのね、ひなのときも可愛いって言ったけれども あじゅちゃんはやっぱり姫でしたよ。

130321-184.jpg

すごくきれいな顔してます。今も私たちを見てくれてるいつものあじゅちゃんなの。
あんだけ辛そうな感じだったのに、最期は本当にきれいなあじゅに。

本来は公開しないと決めていたのですが、小さくしておきますので
可愛いあじゅを見てくれる方だけクリックしてご覧くださいませ。



IMG_6779.jpg

待っててくれたんだね

あじゅ、ふと目が覚めた時には固くなってました。

静かに旅立ったみたい。


いつもの時間より、ちょっと長く寝てしまい、いつものように隣に寝ていたあじゅを触ったら、もう固まったまま冷たくなってました。

そんな予兆もなかったから、何が起こったのかすぐにはわかりませんでした。

年末に病院に緊急でいき、落ち着いて
元旦にはぐったり寝ていたみたい。
3日に実家にいた時はみんながいたから、酸素室から出すと咳しちゃうし、面倒みてた弟が酸素室に入れておいた方がいいって言ってた。

でも連れて帰った時には、車では大人しかったし、いつものように夜は酸素室じゃなく隣で寝ました。

翌日には買い物行って、あじゅのご飯作って、それいっぱい食べて、お正月には出来なかったお外でちゃんとオシッコして。


今朝もお外で沢山のオシッコ出て喜んで、ご飯食べて、お天気いいから久しぶりにお散歩行って、
これが刺激になってまたご飯食べて体力つけなきゃね。

そうそう、酸素室の代金払い忘れた。
あ、病院の日確認しなきゃと病院に電話して


夕飯はご飯いっぱい食べたから嬉しくて
いっぱい食べたね!と声かけて
でもまた目が赤くなってたし、てんかんかな?と思う仕草するし、咳し始めたからホリゾン飲ませ
お風呂入ってる時にあじゅがか弱く鳴いて、あーちゃん!あーちゃん!といつものように声かけ
お風呂あがりにいつものようにお水飲ませ、あら、薬がまた飲めてないとホリゾンを口に押し込み、カロリーエースを飲んで
少し手足冷たいから、いつもように湯たんぽらしきもの入れ温め
そしたらいつものように娘が世話を焼き始め、あじゅの迷惑そうな諦めた顔をみて、
もう終わり!と、酸素室閉めて
娘を寝かしつけながら、寝てしまい
夜中の12:20に起きて、あじゅの様子見たら
布団が被され暑かったのかハアハアしてたから、慌てて毛布どかして酸素室あけて
洗濯物干して  



寝ようとお水飲まそうとしても、ベロさえ動かさないし、ぐったーと力ないからおかしいなと思ってたはいたんですが、ホリゾンの効果かな?と
ゆっくり眠れるならと、いつもの体制ばかりだと身体によくないし、眠れるなら違う体制にしてみるかと。私じゃなく壁を見るようにおいて
そのままの日常で寝てしまいました。


4時頃目が覚め、あじゅを触ったら冷たいし硬いし
一瞬何が起きてルカ分かりませんでした。
でもあじゅは静かに静かに
とわとひなのところに行ってしまいました。


きっと私が帰ってきて、いつもの日常になるのを待ってたんですね。
年末にあじゅに言いましたもん、、
忙しいんだからやめてよーと。
強い私になって、できる限り優しく介護しようと思ってたのに
今度の休みには一緒に初詣に行かなきゃと思ってたのに
まさか今日だなんて思わないほどの日常の中で


あじゅ、死んじゃった。
 
あーちゃん、いなくなってしまった


娘の寝息がまるであじゅの寝息のようで、今もん死んじゃったのが嘘みたい。
こんな普通の中死んじゃうの?
いつもと同じ朝がきて、いつもの日常となんら変わらないのに?
何も変わらないと思ってたから、何も変わらない時間だったのに
あじゅのいない日々になってしまうの?


あの時もうあじゅの意識なかったんだよね。
多分あの後すぐだよね

うちの子みんな逝く瞬間は見せなかったな。


あーちゃん、大好きよ。


待っててくれたんだよね、本当にありがとう。


でもあともう少しいて欲しかったな。
あーちゃん、あーちゃん。




最近写真撮らなかったから
偶然これが最後のあーちゃんの写真。
あーちゃん、あーちゃん

いま手を握りながらうとうとして
目が覚めた。
嘘みたい。息してないのが。


ひなんときみたいに、やり遂げた実感もなく
とわんときのような焦りもなく

ただただ、普通の毎日だったから
あじゅがらいなくなるなんて想像もなく
いつものように、いつものように

喪失感きっと凄いだろうな。

どうしよう。私
プロフィール

きりっぴ

Author:きりっぴ
kirippi-p.jpg

(ねぇね)

ドッグライフカウンセラー
ペットケアドバイザー
資格ありだが、単なる犬バカ。

<わんこ>

towap.jpg


とわ(父):98年3月生まれ

 おっとり。ネコ好き
 僧帽弁不全症を9歳で発症

 とても良く頑張ったけど
 2010.2.20 虹の橋の住人に

akopp.jpg

あじゅ。(母):99年10月生れ

 甘え下手で、ちと変わってる?
 風呂好き・散歩嫌い

hinap2.jpg

ひな(娘)01年6月生まれ
 ちゃっかり・ややメタボ
 一番犬らしい表現するかも

**ちょっと変わった生活形態**

とわは最初、弟が同棲してたときに飼い始め破局後実家へ。
そんなとわの魅力にどっぶりはまってしまい、あじゅ。を迎える
そしてひなが生まれました。

その後結婚し実家をでるものの。。
実家のお店で毎日働きにいきます。

とわたちは平日は実家で
じぃじとばぁばと過ごし、
週末はきりっぴのおうちにて過ごします


*2001年からつけている日記は
犬バカ日誌

く更新してないHP犬バカ生活

<病歴>
とわ 
他の犬に脅され目が飛び出る。
緑内障予備軍
*僧房弁不全症(07/3/28)
*狂犬病予防接種によりアレルギー反応(07/04/06)
*肛門周囲腺腫と去勢 

あじゅ。
*小さい頃から目が白い。
獣医さんも不思議がる謎の発作を起こす
*気管支が他の子より細いので呼吸困難になりやすい

ひな 
*目に傷によるトラウマあり
*外耳炎

***2007.4月よりホメオパシー治療開始***

詳しくはカテゴリー「自己紹介」をご覧ください

こちらもMYBLOG
写真と日々のこと、旅行記書いています
yuruyura.jpg
一眼レフのデジカメで撮った写真や
日々の事、アンコールワットの旅行記など
日々揺れているらしい私の、ゆるゆるした日記です
**ゆるゆら散歩**
最近の記事
最近のコメント
ランキング参加しています
bbsicon-onegai.gif
ポチッとお願いします にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ 人気ブログランキングへ
更新されてるよ!
Powered By 画RSS
日めくりカレンダー
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード