あら、びっくり

今日はクリスマス。でもクリスマスってその日は盛り上がらないですよね。
不思議~。

昨日は私、ドリカムのライブ!最前列でもう大興奮、最高のライブでした^^

帰り道に見た東京タワーのイルミネーションがとっても素敵だったー。

121225-103.jpg


みなさんはどんなクリスマスでしたか??

この世のワンコやにゃんこさん、ペットさんたちが幸せに過ごせますように


121225-115.jpg


あじゅちゃんとひなちゃんは 一足先に砂肝ソテーをバクバクと

121225-03.jpg


121225-02.jpg

頂きました~。

121225-01.jpg

さてあじゅちゃん。今はもうすっかり普通なんですけどね

実は12月の13日あたりに

また パニ子復活~~~っ


(;゚Д゚)! え??? なんで????

じぃじとばぁばが口を揃えて「寝不足よー」

どうやら夜中にあじゅちゃん大運動会を開催したらしい。
今は冬なのに、運動会かいな。
パに子ちゃんに変身しちゃったので、寝ているじぃじの顔をどすどす
踏みつぶして走り回っていたらしい・・・。

それを聞いて私も夜遊び朝帰りの弟も
「えー??うんちょさんだったんじゃないの」と
かなり他人事。


で、翌日は我が家に。
ありゃ、やっぱりなんかおかしいかも、夜中にウロウロ。
ま、落ち着いて寝る時間もありだったからいいようなものの
おもわずつぶやく
「あじゅちゃん パに子復活」とほほ

あー、これまたあの感じになっちゃうの?
なんで???どーして???なぜなのよぉ???

翌日病院に行って「様子はどうですか?」と聞かれ
「またパニック症状が出初めまして」と言ったところで
治療方法があるわけじゃなし、以前処方してもらっていた
ホメオパシーを飲ませるしかない。

しかしこれがまたっ、、そんな時に限ってその薬を実家に置き忘れ
飲ませたいときには手元になし。あーーあ。


木曜日の深夜パに子復活、金曜日も。土曜日に病院に。

・・・土曜日の夜はいつものあじゅちゃん。


なんじゃいな??なんで???

完全パニックって感じではなかったのですが、なんかこちらも不安。
頭の中「まさか、まさか」「復活やめて」ってぐるぐる。

日曜日は選挙投票日。引っ越しして初めての選挙 連れて行ってみました


そしたら、、、あれ寝ない。
いやいやぁぁ

121217-48.jpg

きょぇっぇぇぇーーーー この状態はーーーーっ

ドキドキしちゃいました。

結局、日曜日のこのカートで怪しい行動をして以来
なーーーんともなくなりました。

いったいなんなん???


まさか、まさか新月だったから??
いやいや、そんなことないでしょう。
月に影響されちゃうってやつ??


もう永遠にあじゅちゃんのパに子ちゃん復活はやめてほしいわ。


本当に何だったんでしょうか??





スポンサーサイト

えらいぞー

3連休ですねー。なんか忙しない。さすが師走って感じですが
今日の夜は久しぶりにのんびりしました。     

記事が遅れがち・・・。とほほ

先週の土曜日、ひなの定期検診とあじゅちゃんのその後の病院でした。



121217-29.jpg


新しくなったエコーの機械での定期検査です。

この新しいエコーの機械では、血流の流れもわかります。

・・・、ひなの結果は 大きさは1.8 前回と変わらず。
そして血液の流れは悪い。(言い方が悪いけど簡単にいえばそんなこと)

だから
ひなの心臓の状態はかなり悪いのですが
それでもその中で落ち着いている


ひなの心音、心臓に顔を近づけなくても聞こえるんです。
ドクドク聞こえるんです。

ひなの心臓、すっごくすっごく頑張っているんです。

121217-136.jpg


頑張っている心臓さんに拍手です。

お薬は現状維持。


このまま現状維持できるようにきちんとケアしていこうね。

そして、お次はあじゅちゃん。もうすっかり肺炎の「は」の字もない程
元気なんですけどね。

でもね、どうも肺炎って怖いらしく、お注射。

121217-31.jpg


もうね、肺炎の「は」の字もない程元気なんだけどね、、

なんですけどね、抗生剤のお注射。

1本5000円のっ!!


はあ、5000円・・・って感じですけど。

この注射は2週間効くので、2週間後にレントゲンを撮る。
その間は毎日2錠のお薬継続。
2週間後のレントゲンの結果が良ければお薬を減らせることに。

121217-32.jpg


そしてたっくさんのお薬を頂いてこの日は終了。

お会計は私のボーナス(出てないけど)すっ飛びそうな金額でしたけど。

だいたいひなのお薬って一日1000円かかっている。

121217-30.jpg

このお薬が減らせたらいいなぁぁ。

という気持ちもあるけれど、とにかくこのままひなが
穏やかに過ごせますように。

そしてあじゅが肺炎にかかって初めて、あじゅが医療費が少ない
とっても親孝行な子なのだと改めて実感。


二人ともえらいぞぉー

出会った意味

今日はとわの日、とわの月命日。いったい何回目の月命日なんだろうか。

あ、そうか、、来年の2月にはもう3回忌となるんだ。

いつの間にやらとわの事を思って泣く時間も減ったし、
毎朝とわに向かって話しかけることも減った。
忙しさにかまけてとわのお水を取り替えてお線香上げるの忘れてたり
私ってと時々あきれ返る。

とわが元気だったころ、「私ペットロスになるかも」と思っていた
だけどちっともならなかった。

今思うのは、あじゅとひながいなくなったらどうしようということ。
そして何より今一緒に入れることに感謝するしかないってことも。

この写真、12年前の写真だ。蛇年にと家にある蛇と一緒に撮ったやつ

とわとあじゅ2

懐かしいなぁ。あれから12年経って・・・。


12年の歴史があるってすごくうれしいなと思えることも。


とわと出会うまで動物に興味なんてなかった。まったく興味なし
妹が大事にしていたハムスターも、どんな犬が街中にいるのかも
なんも興味なし。そんな私が今じゃ、ドッグライフカウンセラーでもあり
愛玩動物飼養管理士でもある。

それもこれもすべて、とわが私と出会ってくれたから。

コピー ~ とわ&あじゅ 桜


とわと出会ってから私の人生が変わった。

夫と出会った時、夫が「犬飼ってる?」って聞いてきたんだよね。
いるよと答えてそっから縁が繋がったし、夫が言っていた
「犬いなかったら興味無くなって電話番号も聞かなかったであろう」と

弟がとわを最初連れてきたけど、とわは弟を実家に繋げるために
弟と出会ったのであろうと思うし(とわがいなかったら実家に戻れなかったであろう)

とわが私と出会った意味って考えていたんだ。

実は昔から「あじゅは私に色々と教えるために私のところに来たんだ」と
思うことがあったのだ。
あじゅから学ぶことって実は多くて・・・。



そして今日これも本当に偶然、いい本と巡り合いました。
実はドックライフカウンセラーの師匠である三浦健太先生の新しい本が14日
発売だったので探しに本屋さんに行ったのだ。

一緒に暮らしやすい!  愛犬が「いい子」になる10のルール一緒に暮らしやすい! 愛犬が「いい子」になる10のルール
(2012/12/15)
三浦 健太

商品詳細を見る


(あ、須崎先生の新しい本も13日発売)

Dr.須崎の犬ごはんの悩み相談室Dr.須崎の犬ごはんの悩み相談室
(2012/12/13)
須崎 恭彦

商品詳細を見る


結局探している本は見つけられなかったのですが、
犬のコーナーじゃない宗教のあたりに置いてあった本がふと目についた。

ペットがあなたを選んだ理由―犬の気持ち・猫の言葉が聴こえる摩訶不思議ペットがあなたを選んだ理由―犬の気持ち・猫の言葉が聴こえる摩訶不思議
(2012/12/07)
塩田 妙玄

商品詳細を見る



「あー、これこれ!私が思うこと書いてある」そして「なるほど」って思えることも

私ですね、綺麗事言う人好きじゃないんですよ。私はあまり怒ることなくてとか
すべてを受け入れるのが。。とか「お前は聖人君子かっ!神様かっ」とかつっこみたくなる。

だけどこの方は人間味がある。

その分受け入れやすい。

今日は長いですよ、文章。

「その子に伝えたい感謝の言葉。それこそがその子と出会った意味です。」


P9220033_20121220152003.jpg


とわ、たくさんのお友達を作ってくれてありがとう。

とわ、愛することを教えてくれてありがとう。

・・書き始めるとちょっとこっぱずかしいけど、まだまだあるよ。

本に書いてある

「その子が教えてくれた事を今度はあなたが社会で実践する番ですよ」

これが死してなお、心の中で生き続けるということです

この子の魂を生かし続けるも、悲しみとともに忘却させてしまうのも
あなた次第です



「苦しめてごめんなさい。死んじゃってごめんなさい。ぼくと出会わなければ良かったね」

と、飼い主さんが逝かないでぇと執着し過ぎると、ペットが天に帰れないで
もがき苦しむ。
そんなこと自分の大好きな子に言わせたくない。

それにね、私もとわを亡くして1ヶ月は本当に辛くて悲しい日々だった。

毎日泣き叫んだし、嗚咽するまで泣いた。

これが良かったんだと思うの。だからペットを亡くして1ヶ月は廃人宣言して
泣いた方がいいよ

ペットを亡くしただけじゃなくて、色々なことが辛い人も読んで見るといいかな

そして「宝物を亡くした人に寄り添うときに」という章は、身につまされた。

「おせっかいと親切の違いをしる」

もうねー、本当に私、、お節介かも。アドバイスしちゃいけないって
相手が決めることだから・・。あーーーもう反省、反省。

まだまだいっぱい書きたいことがあるのですが、少しずつ小出しにしたほうがいいかな

長くなりそうなので、最後にこれだけ。

「骨は土に返したい」 いつかここに入れてあげたいと思う時が来ると思うの、
とわ その時期はそう遠くないような気がしている。
その場所をみつけようね。

今までとわのお骨は手元に置いておくしかないっって思っていたけど
実はそろそろいいかなと思うようになっています。
ひなとあじゅとって思ったけど、まだまだあの2匹には長生きしてもらいたいから


是非これ読んでもらいたい本です。亡くした事がある人も
これからの人も。これからの人は特に・・・。生きているあいだにして欲しいこと
きっとみつかるだろうから。


とわの日に間に合うようにこの本に出会わせてくれてありがとう。


P1000487.jpg



とわ、私と出会ってくれて本当に本当にありがとう。


私ね、やっぱりとわのことをみんなに伝える努力を続けるよ。

いまでもずっと愛してる。こんな気持ちを教えてくれてありがとう。





八王子へ その2

2回目でもやっぱり緊張しながらドアをあけたら
患者さんがいた。柴ちゃん。

シバ犬さんはひなに興味があったようだけど、ひなは一切無視。
(いつものこと)

その方が終わるまで待機しつつ、須崎先生に話しかけられる。

フォトチェックの結果が提示されるより前に「良くなったんじゃない」と。

ひなちゃんだらりんこ~の人を信頼しているお姿なはずなんけど、たんなる
ぐうたらに見えるお腹だしの格好のまま、先生の話を聞く(笑)

121210-28_20121219183323.jpg


先生はひなの体を触りながら「たぶんこの肥満細胞腫も単なる脂肪になったんじゃない」と

ほ、ほんとうに?? ひなの肥満細胞腫は柔らかいのだ。もう脂肪腫っぽさ満点

いつも診て頂いてる心臓の先生も言うのだ
「こんな柔らかいやつだから悪さをすようなものじゃないと思う」と

細胞診をしなきゃ分からないけど、須崎先生の見立てはそんなことだ。

ひなの耳の下にブドウみたいのがあるでしょと説明される

うん、確かにある。これがあると「今体は必死に戦ってますよ」というサインらしい。

マッサージしたら無くなりますか?と、聞いてしまい
ちょっと笑われた。だって、コリ揉んだらなくなりそうじゃない(笑)

とにかくひなの場合は「運動」することで代謝アップすること。

121210-29.jpg


心臓が。。っていうけど、自分自身でここまでということは犬がするから大丈夫
確かに調子良いと自分で早足するもんね。


ここのところひなは体調が良いのか散歩も楽しそうにするのだ。

121217-42_20121219184507.jpg

ここのところ冷えやすいはずなので、手足が冷えてないか確認し
運動したりマッサージしたりする。

でもですね。。そんなひなのことより 先生がいうのに

「ひなちゃんがっていうより、あじゅちゃんもいっぱい菌が体内にいるし

なにより、、飼い主さん あなたアレルギー??」と

私の目が少し赤みを持っているというのだ。だから私のお口の中にある銀歯を
無くしたらいいのにって。

それと私の猫背! 

何度も何度も私に言うの。カイロプラクティック行ったらとか胸ハレとか

とにかく ひなちゃんより

「飼い主さんの私」

こっちをどうにかしろっていう(笑)


銀歯ってアレルギーの原因だったりアルツハイマーの原因とも言われている。
これは以前須崎先生のセミナーで聞いていたので理解している。


・・・ひなの治療費がかからなくなったら、銀歯直したいですって感じ。


とにかく須崎先生はひなより飼い主さんの治療をしろって感じでした。
「もったいない」って何度も言うの。

ということで、まずはひなと一緒に散歩を増やすことを頑張ります!

(と、言いながら今日は寒いので自転車やめてバス乗っちゃったけど)

そして今回あじゅが肺炎になったせいか「マイコプラズマ」の菌も出ている。

あじゅと私、頑張ります~~。

それとフォトチェックの結果、だいぶよくなっている項目がありました~!

だから須崎先生はもう病院に来なくても大丈夫、あと2・3ヶ月は同じ臨海水(漢方)で
やってみましょう、何かあったら来てくださいと

(*´∀`*) わーーーーい (*´∀`*)

トリートメントもひなちゃんはとってもおりこうさんだし、注射もおりこうさん。

121217-111.jpg

そうか、ひなは体内で一生懸命菌と戦っているのだ。

私も私自身の体調管理をしっかりせねばっ!

だからね、今回フォトチェック申し込んだ時に「肥満細胞腫が再発しない体に」
って書いちゃったんですよ。
しっかりチェックされました( ̄▽ ̄;)

再発してもよい。再発=死ではない! 再発=何かがたくさん入ったことなので
取り除けば良いだけ。

不必要に怖がらず、使う言葉も吟味して
正確に理解して頂きたくお願いします

とのこと。


はいっ。理解するように何度も読み返しますっ。

そんなダメダメ飼い主をよそに、おりこうひなちゃん

121217-15.jpg

お腹がすいたのか電車の中でこっそりレバーを食べ

121217-116.jpg

グーグー電車の中でも寝て、おりこうさんに帰宅。

121217-18.jpg


もうこうして行かないでも大丈夫なほど、元気に行こうね♪


再び八王子へ その1

一昨日は豪華三昧でした~♪むふっ

121217-57.jpg


どんどん記事をかかないと一年が終わってしまうーヾ(;´▽`A``アセアセ
って感じ。

今の私まさしく「ねばねば星人」(笑)

さて、12月13日に須崎動物病院に行ってきました。

一ヶ月たったのでフォトチェックとトリートメント。

あじゅを連れていくかどうしようか悩んだのですが、病み上がりだし
また車で行くと渋滞があるし(車で軽く1時間以上かかるかも)


┐(´ー`)┌ どうするべか

悩んだ末、ひなだけ電車で連れて行くことにしましたー。

ま、あじゅを連れて行ったところで何も出来るわけじゃないですしね。

あじゅちゃん 留守を頼みますよ

121217-02.jpg

ひなちゃん、電車でも何もびびることなくすっごくおとなしい

121217-08.jpg

電車は2回乗り換え。新宿のあの大混雑の中カートを持って階段降りるのが
ちょっと大変でしたけど・・・。

めじろ台に行く電車は座れましたしね。

121217-06.jpg

到着寸前 車内にはひなと私だけだったので少しあけて
記念撮影をしてみました(笑)

121217-07.jpg

か、かわいい・・・。準急で50分の旅、おりこうさん♪

そしてめじろ台到着~~ 

121217-10.jpg

診察は13時から。ちょうどに到着するようにと言われているので時間調整

というか、私のランチ~! でもひなと一緒に食べられる場所がないだろうからと
コンビニでパンを買って行きました。

駅の前にあるストアーの休憩場所みたいなところで頂きます~

121217-12.jpg

急いでパンを食べてたら、あるおばあさんに話しかけられ
「猫飼ってたの。でもね亡くしてパニックになってうつ病になっちゃったの。
犬とか猫とか大好きでね うんぬん うんぬん」

「本当は抱っこしたいんだけどよそ様の子だからいつも遠慮してるのよ」というので

「大丈夫ですよ。抱っこされても平気ですから」とひなちゃんを抱っこしてもらうことに

ひなはこれまたお利口さんに抱っこされていた。おばあちゃんギューって縦だっこ

何分かお話したら満足されたようで、なにより。

121217-11.jpg

ひなはおりこうさんに抱っこされていましたしね。ほんとにひなっていい子♪

そんなことをしていたらあっという間に時間が

121217-103.jpg


散歩がてら行こうと思ったのですが

121217-104.jpg

ひなちゃん 駅の方向しか行きたがらないのでカートイン

121217-106.jpg

すぐ近くなのに・・・。

121217-108.jpg

須崎動物病院は「え?ここにあるの?」って感じのビルの中です

121217-109.jpg

*長くなるのでとりあえずここまで。









デコ、良かったね

今日、悲しいお知らせが届きました。

ひなの兄弟、デコちゃんが虹の橋に遊びに行ってしまいました。

121215-04.jpg

デコはとわに毛色がそっくりの黒毛の子。でもとにかくおっとりしている子でね
母の友人の親戚のご家族のもとですくすく幸せに育っていました。

1歳の時に遊びに来てれくれたの。

デコちゃんも心臓が悪くなっていて、月に2回病院に通っていたそうです。

今日の深夜2時ごろ、家族に看取られ虹の橋に。

デコちゃんね獣医さんから「こんな良い子みたことない」と言われていたんですよと
お母さんが言っていたそうです。


早いなぁぁ。まだ12歳になってないのに。

まだまだ元気で家族のアイドルでいてほしかったな。

デコは本当に可愛がられていて、とってもとっても幸せだったと思います。

いつも飼い主さんから電話があると「デコは本当に良い子で、こんな良い子を
ありがとう」と。とにかく誰とでも仲良くできる子だったようです。

一番おっとりしてる子だったので、一人っ子で甘やかされて
ますます良いところだけ伸びて行ったのだと思っていますが

とわもね、よくお隣の獣医さんに「とわは本当に良いこ」って
いっつもいっつも今も言われ続けています。

121215-02.jpg

毛色はとわにそっくりだったの。

遊びに来てくれても、とわたちがわが家に来て不在の事が多くて
そして微妙に遠い距離だったので、集合出来たのは1回かな

121215-27.jpg

案の定、ひながガウガウしたのか、それともこの人の家に犬3頭に
デコがびびっていたのは記憶が薄くなってしまいましたが・・・

121215-14.jpg


きっと今頃はこうして とわと恐る恐る対面してるかなぁ?

121215-12.jpg

デコ?とわパパ? とか

121215-13.jpg

デコはいっぱいいっぱい愛された記憶を持って虹の橋に遊びに行きました。

デコを幸せして頂いて有難うございました。


ひなもあじゅもQOOもデコの分、生きるよ!!

デコちゃん、こんなに早くバイバイを言わなきゃいけないのが
とってもとっても悲しいけど

デコちゃん、またね。

本当にありがとうございました。

パニコよさようなら

あじゅの肺炎はかなり回復して嬉しいのですが、実は嬉しいことはもっとあるんです。

あのみんなが首をひねるあじゅの謎のパニコの発作でしたけど、、、

あれほとんどなくなりました~~~!!
(*拍手鍵コメントありがとうございます。嬉しいことです)

121210-23.jpg

車でも当然リラックスして寝ているし

121210-24.jpg


カートだってご覧のとおり

121210-136.jpg

まあ、最近あまりカートを使ってないのですけど・・・

121122-138.jpg

カートにすっぽり埋もれてちゃってますよ(笑)

121122-140.jpg

どこにいるのか分からない( *´艸`)

121205-97.jpg

毎度お馴染みだった光景ですね

121205-96.jpg


で、これどこで寝てるかわかります??

121125-201.jpg

そうです・・・

121125-202.jpg

な、なんとっ
パニコになってから乗れなくなったソファーの上です


121125-205.jpg

そのソファーの上で以前のように寝れるようになりました~
あーちゃんすごいっ いやーーん モフモフとしていたら

121125-208.jpg

でも降りたがらないっ

121205-119.jpg


そして・・・

121205-114.jpg

ほら、ほら、ほら~~~!

121205-131.jpg

以前のように、おかちの催促して

121205-134.jpg

あーちゃん食堂に走っていて

121205-135.jpg


そんで、おやつを食べる~~~!

121205-133.jpg

ちなみに、あじゅちゃんがパニコになって使わなくなったので
とわがいつもいたベッドたち撤去。
その変わりにちゃこさんに頂いたぬいぐるみが鎮座しております。

121205-128.jpg

さらにっ!さらにっ 先週 やっと自分でお店で自分で

121210-02.jpg

お水が飲めるようになりました~~~~っ!!!


もういっこいっちゃうとね~~~ むふふ むふふ


ちゃぽちゃぽ出来るようになりました~~~~~っ!

121122-254.jpg


普通の事がこんなに嬉しく喜ばしいことなんてっ。

今までと同じってそれだけで幸せ。

いちいち喜んでいちいち感謝しちゃいます。

結局あのパにコはいったいなにが原因だったのか??

ちっとも分かりませんが・・・・


パニコよ、(* ̄ー ̄*)/~~☆'.・.・:★'.・.・:☆'.・.・:★"ばいばい

肺炎ってこわい

週末我が家にいっぱいの人(親戚と家族)だったので、ちとパソコンから遠ざかりました。

121210-50.jpg

ひなちゃんはじぃじにベッタリでしたけど、おいてけぼりをくらったので
ごはんを食べずにいじけんぼ (≧m≦*)

ばぁばお泊りしたのに、ばぁばを一切無視ですよ(笑)


さてあじゅちゃん 金曜日は病院でした。

のんびり寝ているひなも一緒です。


121210-28.jpg


渋滞してやっとの思いで病院についたら、地震。震度4
ひなたちを車に残し、診察券を出しに行って戻ったとたんの出来事
車が横揺れするのでびっくりしました。

みなさんは大丈夫でしたか?

ちなみに大阪出張中の夫からはなんの連絡もないのに
夫の父から心配して電話がありました(≧m≦*)

今回は空いていたせいか、あっという間の診察。

121210-05.jpg


ひなは心音チェックのみでしたけど「変化なし」です^^


あじゅちゃんは肺の音もかなり良くなっていました~~!

ただし今週はお薬継続、来週にお注射してその後状態が良かったら
少しずつお薬を減らす



えっ?(;゚Д゚)! そんなにかかるの??

どうやらこないだした注射が2週間持つらしく、それが切れかかった頃に念のため
再度注射してってことらしい。
それだけ肺炎って治りにくいってことみたい。

もう状態がいいので治ったと思っちゃったよ。

先生に「肺炎で死んじゃうこともあるのですか?」と聞いたら
「ありますよ~。様子みちゃってもっと肺の状態が悪くなってしまったら
ぐちゃぐちゃしちゃうことあります」

・・・「ん?おかしいぞ」と思ってすぐ連れて行った私スゴイっってことだよね。

あじゅの場合、気管支炎から肺炎になりかけているっていう状態で治療開始したのが
よかったらしい。

121210-68.jpg

あじゅの場合、もとから気管支が細く炎症をおこしやすいので
おかしいと思ったら早めに病院に行ったほうが懸命らしい。
まあ、年齢が13歳というシニアの年齢なので若い時と違うってことだ。

実は院長先生にも言われたこともあり「もしかしたらこの肺炎によって弱ってしまうかも
また年寄りっぽい感じになちゃうかも」と心配していたのだ。

121210-153.jpg

でもそんなこともなく、おかしいと思い病院に行き3日後にはいつものあじゅちゃん

121210-116.jpg

げんきんなもので、あのシューシューネフライザーも治ってきたら
うざいらしい

121210-117.jpg

すぐ逃げちゃいます

121210-115.jpg



それに月・火曜日とお休みをした私がおうちの片付けしていても
邪魔しいになっていましたもん。

そんなあじゅですが、まだまだシャンプーは禁止

・・ひなちゃんだけちゃぽちゃぽ

121210-12.jpg

それからあじゅの肺炎はやはり免疫力が下がっていた時に感染したことによるそうです。

そして、ひなちゃんが転移しているかもしれないと大学の先生が言っていたようなんですけど
と心臓の先生に聞いたら
そのレントゲンを見ながら「あ、これは軽い肺水腫だしこの胸のところの胸椎はね
シーズーはなぜかシーズーだけ大きいんですよ(笑)」ということで
「僕の見立ては転移してない」ってことですとのこと

うっしっし。

やっぱり色々な先生に聞くって大事かも~~


しかし勘三郎さんだって肺炎になってからだし、森光子さんだって肺炎

肺炎って怖いんだと改めて思った病院でした。





辛かったのは2日間かも

今日になるのか、金曜日はあじゅちゃん病院です。
治った宣言出るかな?


さて土曜日、病院から帰宅する車ではあまり咳もせず
寝ているあじゅ。

おうちに帰ったところで病院で言われた
「絶対安静」

121205-17.jpg

あじゅも辛いのかあまり動かずに寝ていました。

ただねー、熱があるのか身体が熱いのに震えたり・・・
もちろん咳も出てしまえばなかなかとまりません。

121205-16.jpg

ハアハアの呼吸をずっとしていて、ちょっと辛そう。
ぐったりって感じ。

しかし肺炎になるってことは、須崎動物病院で言われた除菌が
進んでないってことの証明なんじゃ??と

それに60%位でもいいっていうほど加湿したほうが良いらしいので
ネフライザーでシューシュー

121205-45.jpg

あじゅも楽なのか、それとも気がつかないほど寝ていたのか

121205-47.jpg


とにかくシューシュー。(中には須崎先生のブレンドの漢方入り)

夜中はペットボトルの加湿(中には須崎先生のブレンドの漢方入り)
布団がびしょぬれ(笑)

121205-23.jpg

でもお薬が効いてきたのか、日曜日(翌日)の夕方にはだいぶ回復傾向

121205-25.jpg

ひなと一緒にお散歩の為にカートでほんの少しお散歩

121205-73.jpg

ふと気がつく。オレンジコートを新しく買ったんですけどね
これオレンジバカみたいじゃね?と(笑)

121205-75.jpg

外は空気が冷たくて気持ち良いのか、咳もせずにのんびりするあじゅ。
そういえばとわもそうだったなぁ~。

121205-77.jpg

でも歩こうとする意識はあるみたいで一安心。
(ま、ちっこしたらすぐカートですけど)

ひなのほうが歩きませんよゞ( ̄∇ ̄;)
(*あじゅだけカートが気にいらない)

お散歩後も様子がかわらず。ただご飯を食べないので脱水が心配
夜寝る前にふと気がついて、お水をムリやり飲ませる事に。

あじゅも喉が渇いていたようで、自分から飲もうとする。

そして2日も食べてないので、お水の中身を変更することを思いだし
須崎動物病院の栄養スープの素を溶かして飲ませることにした。

この栄養スープの素美味しいのかひなたちは大好きで
ご飯も入れると喜んで食べる。

それに点滴がわりになるっていうし


121205-21.jpg

いつもおじやの中に入れているので常備してあったのだ。

こういう時こういうのが手元にあると焦らずに済むなぁと実感。


あじゅもあじゅにしてはゴクゴク飲んだ(一切拒否するからいつもは)


<続く>







簡単にはいかない

この日病院は混雑。

ひなちゃんもついでに診てもらいましたが、今のところ変化なしの
現状維持~! 

121205-10.jpg

肥満細胞腫も大丈夫そう。

それからあじゅのアンヨ。

つい最近こんな記事を書きました →☆

11/17に病院に行った時には「皮膚炎」と言われていたのですが
またこんなことになっちゃいました(泣)

121125-23120.jpg

ぎょえーーーっって感じ。

121125-118.jpg

これはやっぱり皮膚炎って。

そして11/17に病院に行き翌日に発見してしまった。

あじゅの膝にイボがいっぱい。しかも皮膚にくっついてる??

柔らかいから脂肪腫だろうけど、、でもなんで皮膚にくっついてる?
と心配だったので、こちらも細胞診。

結果は脂肪の塊で一安心。

今日は珍しく院長先生がいたので、ひなの肥満細胞腫のホメオパシーを継続
かどうかの相談とあじゅのことも話す。

あじゅちゃんの話をしていたら「この子は他の子より大変なのよ。
普通の子だったら簡単なものも簡単じゃないのよ」と言われる。

121125-26120.jpg

だから本当に気をつけてケアをしてあげなきゃいけないらしい。

そして院長先生いわく、先週から亡くなる子が多いのよ。
18歳、19歳の子が力尽きちゃって悲しくなるわと。

今この時期、寒暖差が激しいのでわんこさんの様子をしっかり見守ること。

ようは「簡単に考えるな」ということですな。


またひなちゃんの肥満細胞腫。レントゲンを大学の先生に診てもらったそうだ。

ところどころ内蔵に転移して可能性があるかも?という画像があったそうだ。

転移が決定というわけでなく、これが癌となるかも?という感じ。
今後気をつけて見ていってくださいよ、先生!という忠告文章らしい。

121125-27120.jpg

そんなことで、2匹ともそれぞれ肺に対するホメオパシーを処方してもらう。
あじゅには抗生剤と去痰剤のお薬

この日の病院は終了。


病院で言われたのは、肺炎に対処するには湿度は50%以上とのこと。
そして酸素も考えたほうがいいかも。

あじゅもひなも肺に何かが起こりやすい。僧帽弁不全症からくる肺水腫にも酸素が有効
とわのときにレンタルしたあの酸素室はデカすぎるし置いておくわけにいかない。

そうかと思うとちゃんとしたっぽい家庭用のやつも

E058392H_S2.jpg

小型酸素発生機 オキシーファーム これは16万円。

こんなの買えないし・・・。

見つけたのはこちら。

sanso2.jpg

犬、猫、ペットに家庭用「リフレ酸素バー・無香料」スターターパッケージ
これなんと7350円。どうやら薬を入れて酸素を発生させるらしい。

こういのでもあるのとないのとでは、楽さが違うらしい。

でもこれはどうなのか??? ドクターO2(doctor O2) 酸素発生器
約3万円


sannso3.jpg

さてさてどうしたものか・・・と悩んでみました。
(*結局買ってない)


まさかの肺炎に

あじゅ、すっかりよくなりましたが、、実は週末「肺炎」になってしまいました。
(長いです)

金曜日のお昼まではとっても元気。

121205-103.jpg


お散歩も行って歩いたし

121205-106.jpg


ご飯ももりもりと食べた。

でも夕方はあじゅもひなもごはんを拒否。

どうも最近手作りおじやにしているせいか、前まで好きだった
缶詰が苦手になったみたい。


ただそれにしても今日はいつもより咳するなぁと思っていた。

そしたら弟が「あじゅなんか呼吸が早いね」と・・・。

121205-02.jpg

この日は私のおうちに行く日だったので、車に乗せて帰宅。
車では咳もなくぐっすり寝ていた。

ぐっすり寝ていたので安心し。
おうちについて用事があったのでブロ友さんのちゃこさんと電話。

長電話していたらどうもあじゅの咳が増えていく。

「あー、これは気管支の炎症かも。炎症止の注射してもらったほうがいいかな」と
思っていたので
電話後、ホメオパシーを飲ませる。

あじゅは気管支が細いのです。何度かブログに書いてますが、気管支が細いので
すぐ呼吸がおかしな状態になります。冬になればキュルルルっていう呼吸になっちゃうし
(ブログ記事あり)ご飯食べてもすぐ炎症おこしちゃったりね。

だから普段から炎症を起こさないようにホメオパシーをの気管支対策を飲んでいます。

そのホメオパシーはいつも一日半錠。それを一錠飲ませる。
これで収まるかなぁぁと

そういえば、そういば以前もらったホメオパシーで「咳がひどいとき」って
あったなぁと思い出したのに、そんな時に限って実家に忘れてくる。

そして夜中に咳が止まらなくなってしまった。
いつもの咳じゃない、なんか炎症が酷くなっているって感じ。

翌日の午後の動画ですけど、、こんな感じ



完全に「ガーガーいうアヒルのような咳」

これは「気管虚脱」になってしまったわけじゃないわよね??
あじゅは気管支が細いのでそれが悪化すると「気管虚脱」という
気管支の一部分が細くつぶれてしまい、呼吸が出来なくなるという
完治が難しい病気になる可能性を指摘されていたのだ。

同じような咳といえば心臓、そして肺水腫の可能性も。
ハアハアしてるけど、でもあじゅちゃん横なって寝れている。
肺水腫だと横になれなくなるはず。

121205-13.jpg


横になって寝ているけど、呼吸が荒く咳がひどい。

そして土曜日、ラッキーなことに心臓の先生がいる日
(心臓の先生は他の病院の先生なんです)

これは行くしかない~!
本当は午前中に行きたかったんですけど、家具の納品が午前中だったので
午後一番に到着できるようにすっとんでいきました。

121205-11.jpg

ひなちゃんは付き添い。
(夫が不在なのでひなだけ留守番っていうわけにもいかないので)

一番混雑の時間に行ってしまいました・・・。

レントゲンを撮ったら 肺炎の時に見られるドーナッツ状の画像がチラホラ

いわゆる「肺炎」

気管支の炎症から来る肺炎だと思います。
今日抗生剤を注射して、あとはお薬で。これが2日たっても効かなかったから
すぐ連れてきてください。またこれ以上ひどくなったらいつでもいいから連れてきて。
酸素室で入院となります。



そんな診断結果でした。

<長いので続きますが、あじゅちゃん回復してますので大丈夫です>


プロフィール

きりっぴ

Author:きりっぴ
kirippi-p.jpg

(ねぇね)

ドッグライフカウンセラー
ペットケアドバイザー
資格ありだが、単なる犬バカ。

<わんこ>

towap.jpg


とわ(父):98年3月生まれ

 おっとり。ネコ好き
 僧帽弁不全症を9歳で発症

 とても良く頑張ったけど
 2010.2.20 虹の橋の住人に

akopp.jpg

あじゅ。(母):99年10月生れ

 甘え下手で、ちと変わってる?
 風呂好き・散歩嫌い

hinap2.jpg

ひな(娘)01年6月生まれ
 ちゃっかり・ややメタボ
 一番犬らしい表現するかも

**ちょっと変わった生活形態**

とわは最初、弟が同棲してたときに飼い始め破局後実家へ。
そんなとわの魅力にどっぶりはまってしまい、あじゅ。を迎える
そしてひなが生まれました。

その後結婚し実家をでるものの。。
実家のお店で毎日働きにいきます。

とわたちは平日は実家で
じぃじとばぁばと過ごし、
週末はきりっぴのおうちにて過ごします


*2001年からつけている日記は
犬バカ日誌

く更新してないHP犬バカ生活

<病歴>
とわ 
他の犬に脅され目が飛び出る。
緑内障予備軍
*僧房弁不全症(07/3/28)
*狂犬病予防接種によりアレルギー反応(07/04/06)
*肛門周囲腺腫と去勢 

あじゅ。
*小さい頃から目が白い。
獣医さんも不思議がる謎の発作を起こす
*気管支が他の子より細いので呼吸困難になりやすい

ひな 
*目に傷によるトラウマあり
*外耳炎

***2007.4月よりホメオパシー治療開始***

詳しくはカテゴリー「自己紹介」をご覧ください

こちらもMYBLOG
写真と日々のこと、旅行記書いています
yuruyura.jpg
一眼レフのデジカメで撮った写真や
日々の事、アンコールワットの旅行記など
日々揺れているらしい私の、ゆるゆるした日記です
**ゆるゆら散歩**
最近の記事
最近のコメント
ランキング参加しています
bbsicon-onegai.gif
ポチッとお願いします にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ 人気ブログランキングへ
更新されてるよ!
Powered By 画RSS
日めくりカレンダー
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード