反省するならちゃんとやれ

深く反省したままブログ放置プレイするところでした。

・・・だって今朝あり得ない事がおきました。
あり得な過ぎてツイッターも諸々にも言えなかった。

「また洗濯機から風呂水ワンダー水ジャージャー」

すぐ気がついて拭いたので被害はなかったけど、もうまじ
ありえなーーーい┐( ̄ヘ ̄)┌

121115-101.jpg

さてさて、ひなちゃんたちは最近とても元気です。

早くしないと11月の頭の事を12月に書くと言うあり得ない展開になりそうです。

121115-102.jpg



えっと11月の頭に須崎先生のところに行って、いつもの病院の院長先生と
治療方針(手術せずにホメオパシーで)決定して、あじゅの足から出血して
トリミングにいって、ひなの肥満細胞腫が少し大きくなってしまったんです。

で、11月17日に今度は心臓の先生による定期検査の日でした。

121122-28.jpg

夫は毎週末出張なので、私一人でぶぉーん

今回も空いていたのでラッキーかなと思ったら、混雑。
しかもこの日大雨。

返りたくて仕方ないひなちゃんですけど、、

121122-29.jpg

心音も変化なし~~!

そして嬉しいお知らせが。この病院のエコーの機械が新しくなるそうです。
新しくなることで血流の流れまでエコーで分かるように。
今まで以上に詳しく診て貰うことが出来るんです♪うれしーーっ。

エコーで思い出したのですが、レントゲン。これも機械が古いやつ
(例えば現像するタイプ)だと、映りの性能がちょっと悪いそうです。
だから分かりにくい。

機械もどんどん進化しているってことらしい。

と、いうことでひなちゃん今月はエコー検査はなし。来月に持ち越し!

それからひなの肥満細胞腫ですが、

121115-108.jpg

先生に診てもらう時には以前と同じように
小さくなってましたので特に問題なし。

121122-31.jpg

先生にはまた色々じっくり聞きました。
この先生のこと、きっと私今まで一番信頼してるかも。
丁寧に教えてくれるし、それが分かりやすい。

ひなの場合転移したらすぐわかるのか?あっという間に転移して死んじゃったりしない?って

先生曰く「100%とは言えないし、この世に絶対はないけれども
多分おそろらくひなちゃんのこの肥満細胞腫は悪さをしないタイプだと思う。
なぜならもう何年もあるから・・。転移するとしたらきっと肝臓だt思うので
エコーですぐ分かる。エコーはずっと継続して見ていく」

私が先生に「肝臓に転移したらすぐエコーで分かるのですか?」と聞いたら
「ボツボツと白く映るからすぐわかるよ」って。

これで一安心。

お次はあじゅちゃん。

このあんよのこと。

121115-09.jpg

「あーー、皮膚炎起してますね・・・。」

舐めてない??と聞かれるんですけど、見てる所で舐めてないんですよぇぇ。

実はひなちゃんも後ろ足だけこんな

121115-30.jpg


2匹ともシャンプーでどうにかしましょう(笑)

先生に話してる最中に
またひなちゃんおまたのところ舐めてたらしくカサブタになっている、
その傷に気がついてしまい、ちょっと自己反省。


あじゅは目も目やにが多かったので、それも細菌感染かもと。
常備している目薬(ロメワン)をつけるようにとのこと。

121122-30.jpg

それとあじゅの歯について相談。歯石はかなり酷いんだけど
どう考えても麻酔はムリだし、麻酔なしでやれないことないけど
あじゅはすぐ呼吸止めてチアノーゼになるのでそれも危険かも。

とりあえず前歯のグラグラを1本抜いて貰いました。

それ以外は様子を見ながら自分でガリガリしようかな。

早いうちに歯石とっておけばよかったなぁ 反省。

121122-33.jpg


反省する前にちゃんとやれーーって自分に渇っって感じです。

そんな病院でしたけど、先生に色々聞けて満足。

今の時点で転移はないって言えるのかとまで聞いてしまいました。
今のところそんな症状もないし、検査結果も異常なしですから
エコーで焦ってみなくても大丈夫ですよって。

・・・安心して家路に。

途中雨の中出張帰りの夫を駅で拾ったのですが
まったく見向きもせず、グースカピーの2匹

ちょっとヾ(- -;) 君たちの病院代を稼ぐために働いてくれてるのにっ
もうちょっと喜びなさいっ!

(*≧m≦*)ププッ



スポンサーサイト

珍しくアートな私

まだまだひなたちの病院記録は続くのですが、ちょっと今日は
話題を変えて。

昨日はちょっとお出かけの私。

人気ブログランキング上位の「かぼすちゃんとお散歩」というブログの中で紹介されていた
「HUIT」さんの個展記事→是非見てみてください

見たらね、すっごぉーーく素敵なの。明るくてワクワクする。
みたい、是非生でみたい。

・・と、お友達と一緒に行ってきました。

121127-04.jpg


この版画、本当に見ててワクワクしちゃうのです。

ブログで記事にされていた時ほど作品が残ってなくて残念でしたけど

私はこれをお持ち帰りしました。

005_20121128182459.jpg

可愛いーー。なんか色々欲しくなったのですが・・・。
少しずつ集められたらいいなぁ。どこに飾ろうかなぁ

このこびとさんはプレゼントで頂きました。ひとつずつ表情が違うのです。

DSCN8214.jpg

なんか自分で作っても楽しそうだな。

DSCN8215.jpg

絵がうまかったら良かったけど(笑)




追伸
慣れない都会の自由が丘で、気分が浮かれたのかインド料理が胃にガツンときて
さらにインドウィスキーの濃いの飲んだ上に、サービスでくださったワインを(グラスだけど)
飲んでみたら・・・

帰り道、お腹が痛いし、頭は痛いし、眠いし、自転車こぎたくない、寒いーと
ブツブツ言っていたら、途中でiPhone落としちゃいました。

帰宅して気がついたけど探す気力もないだらしない嫁に呆れた夫がIPhoneに
電話してくれたら折り返し交番から電話。

すぐに届けてくれた人ありがとうございますー
深夜に交番に取りに行ってくれた夫、ありがとうございます~

おばちゃん 深く反省します。

DSCN8221.jpg




なんでこぉーなるの?!その2

トリミングしてきました。

もけもけちゃんだったのですが

121115-206.jpg

もけもけちゃんでも、なんか可愛いんですよね~~(´▽`)

かわいくなーーーい??

121115-208.jpg

なんて言ってる場合じゃなくて、肥満細胞腫がどうなるか分からなかったので
全部の先生からOKサインが出るまで待っていただけという。

トリミングしてもいいよ。その代わりその肥満細胞腫をゴリゴリ洗ったり
ゴリゴリ スリッカーブラシでやらないこと。

そんなことやったらヒスタミンショックで死んじゃいますよ。

ということでOKが出たので、トリミングへGOです。

しかしおりしもあじゅちゃんのアンヨから血が出たばかり。
どうしようかと思ったのですが、まあ大丈夫でしょうと見切り発進・

トリマーさんに色々お願いばかりで申し訳ないですが・・・

出来上がりは

121115-13.jpg


121115-15.jpg


すっきりこ~~♪

相変わらず可愛いなぁ。むふふ。

121115-19.jpg

あじゅもよく頑張りましたので、熟睡です。

121115-25.jpg


でもですね、、、でも、、、

ひなちゃんの肥満細胞腫が赤く腫れ大きくなってしまいました(T-T)


がちょぴーーーんΣ(T▽T;)

121122-217.jpg

まあ、しょうがない。トリミングのストレスに違いない。

病院に行って聞いてこなきゃ。

須崎先生にも解毒スイッチが入ったら
一度は大きくなるはず、またはあちこちにイボが出来るはずと言われているし


121122-216.jpg

しかしトリミングで再度思ったのは、2匹とも後ろ足の肉球が

121122-236.jpg


腫れている。

実は2匹とも前足はツルツルのまま。あじゅのアンヨの肉球の話は
以前こんなことを書いてます → ☆ なにが効いたのか?


須崎先生のブログにはこんなことが書いてありました 

「また、「なぜパッドの部分を咬むのか?」という問い合わせをよくいただきますが、イヌの汗腺はパッドの部分に集中しているため、「腸・尿から排泄できないなら、パッドから排毒しよう!」ということで、パッド近辺からの排毒が盛んになり、それがカユミを引き起こして、咬むと思われます。

 というのは、腸の状態を良くしたり、尿経由の排泄を促進させると、パッドを舐めたり、咬んだりしなくなることが非常に多いからです。」

きっとこの後ろ足からいっぱいの毒素が出てるに違いない。
でもまだまだ尿路からできってない証拠ではないのかって

そういえば、知人のわんこちゃんが突然アレルギーの症状が出て病院に行ったら
先生に「症状が出ているところがすべて自分で舐めるところの出来る部分だけ。
ということは、ストレスから舐めている可能性が高いのでストレスを軽減させる努力を」と
言われたそうだ。

須崎先生も何も特別のことをしろって言ってないのである

「●十分な水分摂取(循環・代謝をよくする)
●十分な運動(リンパの流れを維持し、排泄を促す)
という、当たり前のことを心がけてください。」

当たり前のことを忘れてませんか??ってことらしい。


実は今回ひなの肥満細胞腫を調べていたら、こんなサイトを発見したのです
薬に頼らない治療を目指す あい動物病院

動物飼っている人には是非読んでもらいたい。

塩分は絶対ダメと思い込まされていたら、目からウロコですよ
「最近、麻酔で死亡するケースをよく耳にするようになりました。
麻酔モニターも、麻酔薬も格段に発達してきているのに、そのような話は増えてきたように思います。

確かに、塩分摂取量の少ないワンちゃんたちは、術中の酸素飽和度が下がりやすく、腹腔内にリンゲル液を入れることで元に戻ります。」

って。

点滴の中にはたくさんの塩分が含まれるという事実。


あら、長くなってしまいました。

でも本当にこのサイト、一度是非是非読んでみてくださいね。
結石は塩分必須とか・・・。てんかんの話とか・・。
近かったら行きたいくらいです。

「なんでこぉーなるの」って疑いながら、原因を探りつつ
その情報が正しいのか、自分にとって大事な情報を仕入れて
可愛いひなとあじゅのために頑張りますっ!




なんでこーなるの?!

さて須崎先生のところにいき、翌日はいつもの病院で院長診察。

実は須崎先生には「しばらくはホメオパシー辞めておいた方がいいかも」
と言われていたので、今は必要最低限の肥満細胞腫の朝用のみとしています。

ホメオパシーって症状を消すじゃないですか。だからね・・。


須崎先生のところに行って、色々なやり方を教わり、できる範囲で実践しつつ

ある日、ひなちゃんお腹がピー。黒いものが出たので「あれ?もしかして
腸の浄化が始まった?^^」と思ったら、単にばぁばがレバーをいっぱい食べせてた。

残念っ


121115-02.jpg


さて須崎先生のところでは「オーリングテスト」みたいなことをしてくれるんです。

今使っているサプリメントはその子にとって必要なのかって
調べてくれるんです。

そしたらひなちゃんの今飲んでいるお薬、ニトロールとかの入ってる粉薬以外
「うーーーん いらないかなぁ」
だって。

えーーー??なんで???そんなことないでしょう~~と「(##゚Д゚)って思ったのですが


あ、そうか。炎症が収まればその症状がなくなるからか。

たいがいの子は「免疫力アップ系のサプリメント」は不要とサインが
でる子が多いみたいです。


121029-146.jpg


我が家も同じように、サプリメント2種類ももちろんいらないって。

121122-102.jpg

そう、足のために飲んでいるグルコサミンのコセクインと
精神安定のためのサプリのジルケーン。

これね、ひなちゃんには必要ないって。


あじゅちゃんには診てもらってないので、あじゅには必要でありましょう


・・・と思っていたのですが、あれからすっかりこのサプリメント
飲ませるの忘れちゃってます。

121122-115.jpg

あははは( ̄▽ ̄;)



そんなある日(11月8日)、あじゅがびっこをひいてるっ
Σ(・∀・|||)ゲッ!!


121031-03.jpg


温灸やっても治らない。温めても治らない。


121115-82.jpg

うーーーん 様子をみるしかないな。明日でも病院にいこうかな

121029-148.jpg

可哀想だな。辛そうだな。

と、じぃじのそばで寝ているあじゅを撫でに行ったら

121115-03.jpg



ん???


んんん??????



121115-05.jpg


きょえーーーーーっ ち、血が出てるぅーーーーーーっ(@@;


121115-201.jpg

なんじゃこりゃぁぁーーーー


121115-202.jpg


これは痛いわぁぁぁ。そりゃ痛い。

気がつかなくてごめんね。あーちゃん


いつもの消毒替わりの(いつも使っているホメオパシーの目薬)赤スプレーして
これまた皮膚になんかあったら使うホメオパシーのMAオイルをつけてみる。


121115-12.jpg


翌朝にはこんなかんじになっていたから良かった。



うーーん あじゅちゃんもデトックスが進んでいるのか?とちょっと思ってみました。



結局病院で診てもらったら「皮膚炎」とのこと。
シャンプーとMAオイルをつけるってことに。



<須崎先生のコラムにて 硫酸塩エアロゾル>

2011.03 コラム

わかりやすい黄砂やエアロゾルの分布図 
東アジアの広域大気汚染マップ/黄砂と大気汚染物質の濃度予測分布図(地上付近)

ブレないけど・・・

さて須崎先生のところに行ったのが、11月1日。

実は翌日の11月2日にいつもの病院の院長先生の診察に行ってきてたんです。

121115-216.jpg

なぜかこの日は混雑。診療終了時間のギリギリになってしまったのですが。

相変わらず人が座っていようがお構いなしに、椅子の下に潜り込んで出てこない2匹。

121115-217.jpg

結局混雑のため、待たされること1時間以上。

院長先生と話す。

「手術はしない方向で」


そうカルテに記入する院長先生。

今後はホメオパシーと免疫サプリメントで行きましょうとのこと。

検査した結果もちょっと検査した人に聞きたいことがあるのよ
免疫サプリもこの子に合うの探しとくわねと

結局ドタバタしている先生とドタバタ話して終わり。

(そういえば、今思い出した。このサプリメント結局どうなったのだ?
まあ、飲ませなくてもいいと須崎先生が言うから良いんだけど)

ホメオパシーのヒスタミンが入ったのを処方、それと夜ウロウロしたり
ハアハアした時に飲ませてというもの2種類。



121115-218.jpg

猫ちゃんだったけど、ホメオパシーで肥満細胞腫が消えたことがあるそうだ。
(猫の場合良性と言われるけど)

ひなもきっと大丈夫だよね。

院長先生も触ってみて「あら、小さくなってるじゃない」と嬉しそうだったし。

121115-219.jpg

ストレス厳禁(笑) だけど、病院がストレスのひなちゃん(≧m≦*)


121115-220.jpg

あじゅちゃんみたいに、もう少しドッシリしてくれたらいいのになぁ

121115-221.jpg

そんなことで、これからの治療方針も決まり一安心。

私のココロも決定です。

「手術はしない。転移しないようにこまめにチェック。転移や再発した時に
次のことを考えよう。それまでに情報収集、勉強。
そしてできる限りのことをやってあげよう。まずはデトックス」

そう決めました。ぶれませんよ。



121115-222.jpg


ね、ひなちゃん♪

121115-224.jpg

もちろんあじゅもね。

帰りの車で美味しそうに2匹でレバー完食

121115-60.jpg


もう愛しくて愛しくてたまりませんよ

・・・と思ったのもつかの間、翌々日じぃじとばぁばが
新居に遊びに来たら、じぃじのそばを離れず、後追いして歩いた上
ちっとも私たちを振り返らずに車に乗って帰る2匹を
微妙な気持ちで眺めていたのであった。

デトックスするわ

さてスプレーで除菌したり、ネフライザーで吸入したり
とにかく体内からアレの菌を減らす。
でも入ってくる環境からの菌も減らさなきゃ意味もないらしい。

あれから私は室内干し(笑)→と、いってもお隣が外構工事で汚れるからという理由


121115-51.jpg

ようはアレの菌が脾臓にいっぱいいると、脳への反応(EX:てんかん)などが起こるとか
またはヘルニアと言われる症状が出たり。

その菌と戦うためにひなの体内では白血球が一生懸命戦ってて
それによって炎症という目に見える形で出てきてる。

・・・あれ??、我が家お天気が良かったら「ひなたぼっこ♪」

121121-04.jpg

体にいいし~~ 気持ちよさそうだし~~

121121-03.jpg

なんて思っていたのですが、あれ??もしかして正反対?(笑)

窓越し位でよかったのか??

121121-05.jpg

・・・・・|゚Д゚)))あっ とわの日20日忘れていたぁぁぁ(TwTlll)

121121-08.jpg

ごめん、ごめん。とわくん。
とわくんのことはまたあとで(失敬)

まあ、須崎先生が言うのは外に出ないわけには生活できないのだから
「日々リセット」できるようにすればいいとのこと。

そういえば
須崎先生のフォトチェックでは食事の五行バランスまで出てくるのだ。
(なんで写真で分かるのか?という謎もある)

ひなの場合、土の過剰。でもこれは今炎症と体内で戦っているからであろうと
心配することなし。

ただ控えたほうが良いものとして「小麦粉(麺・パスタ)」「牛肉」「チーズ」
これらは一旦お休み。

それ以外はこのままの食餌で問題ないとのこと。

あとはデトックスを促進するために、代謝アップのために

「運動しましょう」

歩くのが一番ですよと。

むーーーーーん 歩かない我が家。お散歩するのが一番効率よく運動になるそうですよ
散歩に行かないなら遊びって言われたけど、遊ばないもん、もう年齢的にさー。

ということで、歩くことを心がけております。

寒いのでお昼にちょっと長めに。

121115-53.jpg

ひなちゃん 意外に楽しそうですよ

121115-79.jpg

でも心臓の件もあるし、歩きが苦手なので
時々コースをかえて

121115-69.jpg

そうそう我が家の新しいおうちの近くも決まったお散歩コースが出来て
一日一回ですけど歩いてますよ。カート使わずにね。

121115-70.jpg

代謝アップ~~!のために、歩きますっ(まあそんな大した距離じゃないのが難点)





除菌、除菌シュッシュ

すっかり間があいてしまいました。

早く記事をあげなきゃ、次々起こる日々のできごとおいつきませんっ。
ひなは元気です。転移もないし、心臓の方も安定しています。

さて須崎先生ところに行ったのは11月1日

121115-40.jpg

ひなの体内には、よく聞くヘルペスだとかトリコモナスとかクラミジアとか
そのなかの1個がウヨウヨいるんだって。
それは空気感染するので、室内のいたるところをシュッシュとする。

処方されたのは緑の瓶に入った「ひなちゃんブレンド」
漢方の波動を持った水っていうのかな。説明が難しいので割愛。

これを希釈してスプレーにいれて部屋中しゅっしゅっ。
エアコンの吹き出し口、カーテン、ソファー、ベッド
外に干した洗濯物 床、壁、ありとあらゆるもの
そうそう室内にある植木、これも除菌ですよ、除菌。

そしてこれをひなたちの場合は朝晩と2滴ずつ飲む。
もちろんひなたちも散歩から帰宅したらシュッシュ。

さらにこれ。

121115-58.jpg

希釈水を入れたネフライザー(吸入器)

鼻から吸い込むんだから当然鼻からも取り入れるべしっ


実はこれ甥っ子Gのもの。須崎先生の病院から帰宅してふと思い出したんです。
甥っ子が小さい頃小児ぜんそくで「お守りにネフライザーを買うと小児ぜんそくが
治まるっていうから買ってみたんだよね」と言っていたこと。

帰宅してそのまま妹にmailして聞いて、取りに行きました。
あの日から毎日毎日、20分くらい

121115-63.jpg

シューシュー

121115-73.jpg

寝てるところに失礼しますよ しゅーしゅ

2匹揃っても

121115-72.jpg

シューシュー

121115-29.jpg


あじゅちゃんだってやります。同居動物も同じように感染しているはずだから


121115-64.jpg

ペットボトルの加湿器は補助的に使うといいそうですよ。

121115-77.jpg


須崎先生なんてずーっとこの加湿器の蒸気の前で喋ってましたもん。

もやもやの向こうに須崎先生って感じ(*≧m≦*)ププッ

121115-65.jpg

シューシューしてても、わが家の子たちは意外に普通。

121115-67.jpg


これを毎日繰り返して、外から体内に入っている菌を減らす。

もちろんこれ同居しているすべての人間もしなきゃいけないんですよ。
だってどっかから持ってくるんだから。外で生活してるんだから。

だから人間さまも頑張らなきゃいけない。


そういえば人間の片頭痛も体内にあるヘルペスウィルスが多することが
原因って医学的にも証明されているそうですよ。
東京女子医大頭痛外来の清水俊彦医師

飼い主さんが病気になると、ペットたちも同様に体調崩しやすいみたいですよ。
私も風邪ひいてましたから、先生には指摘されました(笑)

ひなたちがよくなれば飼い主家族も健康になるってこと。


やってみようじゃないのよっ。おりゃおりゃぁぁぁと


だってね、菌が抜ければ肥満細胞腫もてんかんも
僧帽弁不全症も治る可能性があるんだって。
やらなきゃ誰がやるって感じ。

手作り食+体質改善で悪性リンパ腫が完治!
と言う話があるそうですよ。

わが家も改善したらいいなぁ いや、なるでしょう!
がんばんべよ!

・・・と思っていたけど、結構これが難題。
ひなたちって色々な場所にいくらあちこち除菌が大変
私の担当のお店と自分の家
弟に頼んだ住まいの除菌はちっともされている様子ないし
人間さんもやっている気配ないし。



除菌って簡単そうだけど、結構大変かも~~。

ドキドキな診療

早く記事を書きあげないと、今日はもうひなの定期検査の日です。


さてさて須崎動物病院 

121115-212.jpg


ドアをあけたらのんびりした雰囲気。
須崎先生はパソコンに向かってなんかをしている。

向かい合って須崎先生と獣医師の女性の方
私と弟の間にひなとあじゅ。

ついてそうそうに簡単に挨拶をして、先生はあじゅをみて
「あれ?このこは??」という。

「こっちは謎のパニックを起こしていたのですが、今は割と
落ちついて・・。先生のブログでてんかん発作や脳に何かがある場合
重金属の蓄積がとあったので、重金属排出サプリを飲ませました」と
言ったらすぐに先生が「その子のの原因は重金属じゃないと思うよ」と

「ん?なんで分かるのか??」「あじゅをみて何か思ったのか?」と
心の中ぐるぐる。

とりあえず診察開始。
すぐひなはお洋服のような布を着て、電流っていうのかなんかをつけてみる。

その間ひなを触らないようにとのこと。
反応が分からなくなるそうだ。

その反応を見るのが結構時間がかかるらしく、須崎先生の話を聞きながら進める。
・・と、言ってもひなは何も感じないらしく寝ている。
あじゅは椅子の下で寝ている。

意外に2匹ともリラックス。

121115-213.jpg


まあ、私達が話を聞いてるだけと思っている模様。
それともこの空間がリラックス出来る何かがあるのか??

先生の説明を聞いて、フォトチェックの結果を聞く。

見せない方がいいのかな。ま、いいか。写真に撮ったので載せてみます。

121117-17_20121117143616.jpg


黄砂に乗って色々な菌がウヨウヨしているこの季節なんだそうですよ。
だからひなの体内もいっぱい。

なによりちょうど風邪をひいていた私の体内にもウヨウヨ。
生き物は数値700以内が目標だそうです。

ちなみにソファーとか呼吸してないものは200
これになるまで「除菌」

それからひなのこと。

この菌を排除しようと身体が一生懸命戦うことによって
炎症が起こって症状が出ている。ひなの場合、肥満細胞腫やら僧帽弁不全症

えっと説明するのは難しいので、興味がある方はご自分で
須崎先生の書かれた本やブログなどをご覧なって下さい。
私には説明するほど能力がありません(^-^;

でもね、とにかくこの黄砂によって運ばれたきたと思われる
普通に良く聞く菌が例えば腎臓に多くいると(ひなも当然いる)
外耳炎や乳腺腫瘍や後股が立てなくなるなどのいわゆるヘルニア症状
が現れやすいなどの説明を受けるんです。

・・・えっと、ひなちゃん後ろ足が異常に滑るんですよね。
筋力は確かに衰えているけどそれにしてもって感じ。
あれ??もしかしてこれって???

その他いっぱいの説明を聞いて、いっぱいの資料を貰います。
それに「黄砂ってどれだけの環境汚染」になっているのかというテレビの報道番組を
待ち時間に見ます。もう二度と雪を口に入れる事は致しませんと心に誓う(笑)

そんなこんなでたっぷり3時間、先生の話を聞いて注射をして貰い
セレピーして貰い終了。

お会計は35000円位。

ひなとあじゅはずっとリラックスの状態。注射されても分からない感じ。
とっても良い子でした。

帰りの車の中ではひなちゃん爆睡

121115-46.jpg


久しぶりのへそ天 状態。 よっぽど疲れたのか?と思うけど
いつものホメオパシーの病院よりは疲れてないはず。
なんだかとっても気持ちよさそうに寝ているひな

121115-47.jpg

そんなひなの寝姿を見ていたら
もしかしてこれはかなり明るい希望??と。

覚悟を決めて申し込む

10月19日 ひなの肥満細胞腫再発が発覚
10月22日 院長と相談と色々検査
10月25日 サプリ開始
10月27日 心臓の先生と検診と相談

時系列で書いてみたのですが・・・

その間、10月24日にサプリを頼むと同時に
一日悩んで相談した上、決心したことがあるんです。


そうです、手作りごはんの本をいっぱい出している
私も何度か紹介している、あの
須崎動物病院の診療を受けることを。

めじろ台診療所に行くことを・・・。

だって体内にある多すぎて排除できなくってしまった菌を
減らしたら、その反応で出ているであろう症状(ひなの場合肥満細胞腫・
てんかん・皮膚アレルギー・僧帽弁不全症など)が消えるっていうんだもん。

今やらなきゃいつやる??

以前須崎先生のセミナーに行った時に質問したことを思い出した
「友達が皮膚病で困っていて手作り食を始めたのですがなにかアドバイスは?」と
そしたら先生が
「本当に困っていたら僕のところに迷わず来るでしょう。」って

あーだこーだ言うならやってみなきゃ、何も始まらないのよ。

ただ須崎先生のところに行くのは、お金の問題、距離の問題
それからこちらの真剣な取り組みが必要。

セミナーに行っての私の決意やら書いた長い文章
再度読み返して、我ながらいいこと書いたと思う(笑) これ


そんなことで「今やらなきゃいつやるの」と決心しました~。


私は先生の本を何度も読んでいるし、セミナーにも行った位。
なんせ須崎先生は独特な考えをお持ちなので
弟にも理解してもらわなきゃ困る。

弟に一緒に行くように相談。仕事の調整をしてもらうことに

お金の問題は、初心ではだいたい5万円からと。
費用については夫に「私の独身時代の貯金が片手の十万円あるので
それを使うので行かせていただけないでしょうか」と了承を得
(そのお金がある限りできる限りのことをやろうと思う。
離婚も出来なきゃ家出もできなくなるけど(笑)


診察を申し込んでからかなりの日数がかかると言われていたのですが
都合に合わせるので早めの日程をお願いしますと書いて申し込み。

早速お返事が来て、一番早い診療だと11月1日の午後はいかがですか?と。

で、即決して行くことに。

その前にフォトチェックというものがあるのです。

須崎先生のブログによく登場するのがこの記事 
(以前とわのときにも紹介しています)

この写真にあるようなものをやってもらうんです。

121029-130.jpg

こんな感じの写真を撮ってまずはフォトチェック用に送信。

そしていよいよ、11月1日。

121115-36.jpg

弟の運転でレッツゴー。

121115-37.jpg


しかしこの日、晴天過ぎて こんなことに

121115-44.jpg

本当は車でお留守番してもらって、ラーメンでもと思ったのですが
それどころじゃなくなり、とんかつ弁当を車の中で食べて・・・。
なんですけど、どうも私が緊張していたみたいでほとんど残す( ̄▽ ̄;)

121115-209.jpg

診療時間の13:00 こちらに。

121115-211.jpg






出来ることから始めよう

土曜日に心臓の先生の診察をうけたのですが・・・。
実はその前に出来ることはやろう。


121029-132.jpg


そうです、とわのときに心に誓った
「絶対に後悔するんだから、ひとつでも少なくするために行動しよう。
悲しい未来を想像するより動け」

ということで、

121029-135.jpg

温灸

121029-134.jpg

でもこれ一番温度が優しいので、あまり効いてない模様。

あじゅなんて普通の顔して歩くから、灰がポロポロ落ちるし(==;
温度が高めのもの買うか、そうだ、びわの葉温灸だー

・・とこの時点で思ったものの、一度しかやってません。

我が家の本棚にあった、自然療法の本をペラペラめくり
犬の病気百科で肥満細胞腫について調べて、ふと気がついた。

こんな本があったことを思い出す

susaki-book11.jpg


「ガンが逃げていく食事と生活」須崎恭彦著



実践しようじゃないのよーーーっ


ということで、須崎先生のサイトを見る。
今までもブログは読んでましたけど・・・

例えばこれ。
歯周病でペットが死に至る!?→須崎のココログ ★


実はひなちゃん 最近口臭が酷かったんだよね・・・。

歯周病は心臓病の原因とも言われているし、ここはやってやろーじゃありませんかっ

ということで、サプリメントを注文。これが23日。行動の早い私(;´▽`A``

まずはこちら 口内ケアセット(犬用)

121029-169.jpg

フィトンチッド・クマ笹エキス・乳酸菌 消えミスト

このフットンチッドとかいうやつを薄めたやつをカーゼにつけたものをお口に。
奥の方のネバネバをとる。

そしてクマ笹エキスを薄めたのを歯茎と歯の間に塗る。

最後に乳酸菌をごく少量の水でトロトロにして手で歯茎に塗る。

これを毎朝(といっても、わが家はお昼過ぎ)実行です。
<今みたらやり方が違っていた( ̄ー ̄; ヒヤリ

そしたらなんということでしょう~。

ひなちゃんの口臭、2日で消えました。

あじゅちゃんもだいぶ改善。

わが家歯磨き、殆どしてこなかったんですよね。
ガーゼでちゃちゃとってことのみ。ここ2・3年はサボってました。

そんなわが家ですが、意外にこの水をつけてネバネバをとる位ならと
思うと出来ました。まあ、切羽詰まっているので出来るってこともあります^^

ひなたちも嫌がるけど、我慢できる範囲らしい。
乳酸菌は美味しいのか文句もいわず。

さすがにたまった歯石は取れてませんけど・・・
でも意外に奥の方にたまっていたネバネバがなくなりましたよぉ。

お口に入れるだけでも良いってありましたので、興味ある方はどうぞ。
意外にこれ簡単なので、お勧めかも。


それから、もういっこ。マジカルパウダー。
「種の種の中身を粉状にしたものです。

昔から、「果物の種の中の白い部分」は健康の秘訣として珍重されてきました。
地域によっては「天神様」と呼ばれているそうです。」

確かに枇杷の種は癌にとっても効くと言われているしね

このサプリメント、杏仁豆腐の香りで美味しそうです。
ヨーグルトに入れたい位(笑)

杏仁は色々な効果があるみたいです ★

でもですね、ひなちゃん最初大嫌いだったみたいで
何が何でも吐きだしていました。
吐きだすひな VS ムリやり食べさせる私 って感じの戦い。

121029-142.jpg

ところが最近はこの味が大好きになったようで、今ではかけた方が
食い付きが良いと言う。

これ何年か前に買った事があるんですよ、やっぱり体に良いと聞いて頼んだ。
でもね その時もとわもひなもパニックになるほど嫌がって終了。
放置しちゃいました。

もったいないっ あのまま食べさせていたら元気になっていたかも?

ちなみこれ以外のサプリメントは、夏から始めたフィッシュオイル

あと手作りご飯の時には栄養スープの素。これはかけると美味しくなるらしく
ひなもあじゅも大好きなので使い続けています。
これって食べない時は点滴代わりになるそうですよ。

121029-143.jpg

フィッシュオイルは抗炎症作用、脳や皮膚のアレルギーによし
種は解毒作用が高い
栄養スープのもとで体力づくり
お口の菌を減らすぞ作戦です。


最後になりましたが、これらのサプリメントについてのテレビ(笑)

秋口の季節の変わり目にしておきたいホームケア
http://sup.susaki.com/tv/vol22.html



・・・そしてとうとう決意しちゃいました。私。

じっくり聞く

月曜日に院長先生に診察をして貰って、その間ちょっと色々
自分でも調べて、色々な行動をおこしつつ(その話は次回)

10月27日、土曜日には心臓の先生にまた診て貰う。
この日は院長先生不在。

121029-157.jpg


私、心臓の先生をとても信頼しているのだ。説明が分かりやすいし
ちゃんと聞いてくれるし・・。説明を分かりやすくできるって獣医さんとして
一番大事な事じゃないかなといつも思うのです。

さて心臓の先生の検診。

ひなちゃんの細胞を触ったら「あ、小さくなってるね」と

121029-137.jpg

この写真のように、ひなのイボって普通の脂肪の塊みたな感じなんですよ。
でもそれが悪さをする。


心臓の先生に「院長先生はなんていってた?」というので
「手術したほうがいって」と

でもやっぱり心臓の先生は「今のひなの状態では薦めない」と
普通の状態であればとっとと切ったほうがよいに決まっている。

実はひなのイボって、もう2年前からあったのだ。
それがここに来て癌化したわけで・・・。

多分こんな感じのものであれば、悪さをするような感じでないと。

ひなの場合、肥満細胞腫の悪化や転移で命が短くなる可能性より
手術をしたことで心臓が悪化して、心臓が持たなくなり
薬でコントロール不可能になって短命になる可能性の方が高いかもと。

121029-17.jpg



私が気になっていた、内臓への転移のことも聞いた。
肥満細胞腫って内臓へ転移する可能性より、皮膚同士の離れ場所や
あちこちの皮膚に肥満細胞腫が出来る、そっちの転移の方が多いらしい。

そうなのか・・・。

内臓に転移しちゃう事が怖いと思っている私にとってはこれは
プラスの情報である。
また先生には「月一度、心臓のエコー検査をしているのでその時に
内臓に異常がないかも一緒に診続けていきましょう」と

また前回院長先生の指示で撮ったレントゲンの肺の状態だけれど
心臓の先生が再度見たら「あー、これね、左心房がどうしても大きくなってしまうから
それが白っぽく見えちゃうんですよね」と
実は前もそんなことがあったので、「やっぱりね」と言う感じ。

今、ひなは心音も肺も安定している。

それから、ひなのイボをあちこち検査した事があったので
その時の事を自分のブログで調べていたら、
「ひなの耳の中にイボがあり、抗生剤で小さくならなかったら
炎症で腫れているってことではなく、他の原因が考えられるので
手術をしましょう。肥満細胞腫も耳の中に出来ます」とあったのだ。
(記事はコチラ 

そんなことすーーーーっかり忘れていた私。


121029-15.jpg


それを先生に言ったら「あー、よく外耳炎の子が出来るんですよねぇ。
診てみましょうか。あー、やっぱりないですね」だって。
一安心(^-^;


そしてもう一個、こないだ院長先生時に血液検査をして少し腎臓の
数値が上がっているのでお水を飲ませておいてと言われたこと、
またTGという数値がかなり高かったのだ。
それも説明を受けたような気がするんですけど、すっかり忘れてしまい・・。

再度先生に説明して貰う。

そうしたらTGの数値が高いってことは中性脂肪が高いってこと。
これが高くて肝臓の数値が高ければ治療をする必要性があるのですが
ひなの場合肝臓の数値にまったく問題がないので気にする必要性はないが
「食事の脂肪を減らした方がいいかな」と。

121004-19.jpg

こんなものばかり食べる(笑) *ひなは食べてないですよ

うちの夫も中性脂肪が高いのであーる。じぃーじもであーる。

121029-16.jpg

最近食べているデビフの缶詰、ひなちゃん大好きなんですけど
軟骨たっぷりなのでこれかなぁ?と、、、

食事も見直してみよう。

そんなことで、本日の検診は終了。

なんとなく先生とちゃんと話したことで、気持ちは固まってきたかなぁ。


<おまけ>

ひながびびって夫の膝に甘えた

121029-18.jpg

そしたらすっごーーっく、嬉しそうな笑顔の夫

121029-19.jpg

(*≧m≦*)ププッ





院長の診察で

泣いて笑ってって感じの週末を過ごし、夜中に帰宅して
お風呂入って手帳に書く
「ひなは大丈夫!絶対に大丈夫」

癌と友達になってやろうじゃないの。

121024-53.jpg

10月22日(月)

先週の土曜日に院長先生が不在だったので、戻り次第電話をくれるという
約束だったのに電話がかかってこない。

院長診察待ちの子がいっぱいいるので、そんなことだろうと想定内。
まあ、だいたい緊急で電話がないっていことはひなの肥満細胞腫も緊急じゃないってことだ。

夕方になる前に電話。院長先生と話す。
「とりあえず転移があるかどうかとか調べたいんですけど」と私。

明日火曜日に行きますーって電話を切ったのだけど、どうにこうにも
いてもいられなくって、また電話してそのまま病院に行く事に。

診療時間終わる1時間前には到着。

121030-60.jpg


院長先生に「久しぶりね。最近会ってないから元気なのねと思っていたら」と(笑)

院長先生は「手術したい。今の状態なら切れるから・・。これが破裂したとか
出血したとか進んでしまってお手上げになるのが怖いのよ」と。

もし手術する場合はもちろん心臓の先生のいる時に、そして日帰り。
短時間でのこと。

・・と、言っているそばでハアハアしているひなヾ(- -;)

院長先生がひなを抱きしめて「分かってるわよ。あなたの良いようにやるから
安心して」と。

そんなひなちゃんは、私と一緒にレントゲン撮影。

どんだけ過保護?ってくらいの手厚い看護。
ハアハア厳禁ってことらしい。

そのレントゲンの結果は「どうも肺に白いものがあるから、手術はすぐに
しないわ。明日レントゲンの先生が来るから相談してまた連絡します」

と、その他血液検査。

院長先生から「手術をしなくても抗がん剤は使わないわよ。急変するかも知れないのに
留守番がある子には絶対に使えないし」と

121030-61.jpg

院長選の考えは「出来れば手術を。出来なかった場合、ホメオパシーのみで小さくする」


とにかく検査を待って、結論を出す。

121030-62.jpg



どうしようかなぁぁ。どうしたら一番ひなにとっていいんだろうか。
それより「肺に白いもやって?肺水腫?転移ってこと??」と
悶々と思い悩むが、「肺に転移する子はまれ」ですと見て安心。



結局その後、院長先生から電話もなく日々が過ぎ
金曜日にはまた心臓の先生の診察日だったので、行く事に。

121029-159.jpg


*長くなってしまったので次記事に。

夜にでも・・・

昨日ブログアップしようと思っていたのに、時間がなくて出来ず。

121110.jpg


心配させといて大丈夫とかよく分からないまま放置で済みません。

夜にでも続きアップします<(_ _)>

もけもけちゃん、昨日トリミングでした^^

1211110-1.jpg

なんでもどん底

*ひなは元気ですし、私も落ち込んでないので大丈夫です。
落ち込みから回復するまでの記録として残しています。
いつもたっくさんのお気持ち、本当に有難うございます。

--------------------------------------------------

病院から実家へ。
その週末はドリカムのライブ、アブラーズのライブとお出かけの用事があったので
実家でお留守番の予定でした。

実家から帰宅して、夫にひなのことを話して、そして
あじゅもひなもいない部屋に戻ったら
なんかとても悲しくて寂しくて。


「なんでひなが???」





121013-13.jpg



こういう時って目に入るのって、マイナスの事ばかりなんですよね。
ネット検索をしていると「転移して死んじゃった」子の話ばかり。

ひなもそうなるんだ。

って。

まだ転移も決まったわけじゃないのに・・・。



とにかくマイナスのことばっかり。肥満細胞腫でも元気ですよっていう話は
ミクロもない。



考えるのはあの時、なぜか血便みたいな下痢ぴーをした
だからきっと転移してるんだ

とかね。

121013-05.jpg


耐え切れなくて号泣。


実は今回のお引越しの時に、「今方位の時期が悪いから伸ばした方がいいよ」って
私のことを心配してくれた方がいたんです。

そんなことまで引っ張り出してマイナスに考えちゃうんですよね。

「私がいけないんだ。それにほらだからそうなるでしょって
言われるだけなんだ」って



バカみたいでしょ(笑) どん底ですよ、アホの極地。


1時間近く泣いちゃった。

ひなが辛い思いをするのだけは、絶対に嫌なのにって。

121013-16.jpg




朝風呂して涙を流して、湯船も流してスッキリ。

久しぶりの美容院に行って髪の毛綺麗にしてもらって、愚痴って
笑って・・・。

そしてドリカムのライブ、妹と一緒に行ったら
な、なんとびっくりΣ(゚д゚lll) 前から2列目でもう大興奮!
私の好きな曲もやってくれて 

美和ちゃんからパワーをいっぱいもらって、
妹にも愚痴って。


そんでもって、翌日は親友キリちゃんと一緒にアブラーズのライブ

もちろんキリちゃんにも話聞いてもらって
なんかネジがおかしかったのか、今思うとこっぱずかしいお願いを
尚ちゃんにしてしまった。
だからかな
パワー充電~~~!


泣くだけ泣いたら、ひなのために笑顔でいなきゃ。




でもね、でもね。辛いよーーーーーーーーーーーーーーーっ。
愛しいひなが痛い思いしたり、辛い思いしたり
そしてとわのところに遊びに行ったらどうしようって


ほーーーーーーんとに辛くて悲しかったよーーーーーーー。



ドリカムの曲で「TRUE,BABY TRUE」っていう曲があるんですよね。

友達の前で泣きなさい
思い切り 何度でも 泣かせてもらいなさい
心配かけるとかは この際関係ないから 気が済むまで
THAT'S WHAT FRIENDS ARE FOR

家族の前で泣きなさい
大事な人に 大丈夫じゃないと言いなさい
それを言えない時がいちばん 実はつらいから 素直になって
GOTTA STICK TO THEM


そうなんです、ブログをお休みあいだはとてもじゃないけど
辛くて大丈夫じゃなかったんです。

だけど私には思ってくれる友達がいる。
そう思えたらね、元気になった。


ブログ見てコメントくださる方からもいっぱいの気持ちを頂いてます。
こっそりでも応援してくれると本当に嬉しい。
(できればこっそりじゃない方が嬉しいけど(笑)


・・・なんて偉そうに書いてますけど、立ち直るまでは1週間以上かかりました( ̄▽ ̄;)


121013-84.jpg



肥満細胞腫という爆弾

*気持ちが立ち直ってから書いてます。

「やっぱり肥満細胞腫でした」

がっくりした先生から聞かされる、がっかりする言葉。

待合室でそのまま今後の対応を聞く。

聞き終わったら弟が到着。

お薬待ちの間に、再度弟と一緒に説明をして貰うことに。



肥満細胞腫が見つかると通常手術でその部分を深く大きく切るとる。

2009年に手術した時、イボはこれくらいもの

65-090805.jpg

それをこれだけ大きく深く切るとる。

148-090805.jpg


今回手術するのであるならば、筋肉も少し切らねばならない。


肥満細胞腫は再発が多い。だから今までイボが出来るたびにビクビクして
すぐに先生に診て貰っていた。

手術をしてもまた何年かしたら再発と言う事がかなり多くある。

通常、肥満細胞腫が見つかると手術を早急にする。
「小さいときに、大きく取る」のが完治への唯一の道
とあるサイトに書いてあった。

・・・・だけど、今のひなの心臓の状態で手術をすることはかなりリスクが高い。

麻酔は掛ける事が出来るであろう。もちろん細心の注意を払って手術をする。

でも麻酔から覚める時ってどの子も少し興奮状態になるんだって。

その時にひなの心臓が悪化してしまう可能性がかなり高い。

ましてやひなの性格から言って、麻酔から覚めて病院であると分かったら
きっとハアハアしやすい、いや、ハアハアし続けているのであろう

あの手術の時も面会に行ったら、とんでもなくハアハアしてたし・・。
それを先生に言ったら「うーーーん そうなると余計に悪化しちゃうかも」


121030-59.jpg

ではこのままほっといても大丈夫なのかと言われると

肥満細胞腫って「ヒスタミンショック」と言われる「即死」してしまうリスクもあるそうだ。

例えば「ストレスが急にかかった」「肥満細胞腫をぶつけた」とか
もちろん今回針でさして検査をしているので、それが原因で即死してしまうことも。
ブラッシングでゴリゴリしてもなる可能性があるし、それこそゴリゴリ触ったらなる可能性も。
いつどこで何が原因で「ヒスタミンショック」が起こるか分からない。

ようはいつ爆発するか分からない爆弾を体内に抱えている状態。


121029-136.jpg

もちろん転移だって怖い。
内臓に転移したら、、、




この日は院長先生が不在だったので、院長先生にも相談し
また院長先生の診察を受け、ホメオパシー処方してもらうことに。

それまでに私達家族が相談し、方向性を決めて下さいと。



121030-43.jpg


この日からひなちゃんお薬が増えました。
ヒスタミンショックを起こさない為のお薬と胃潰瘍を防ぐお薬。




帰りの車で
「なんかいっつも弟と一緒に病院に行くと帰りが暗い気持ちになるんだよなぁ」と

そりゃそうなんですよね。具合が悪すぎるから弟と一緒にいくわけで・・・。

121030-49.jpg

弟が「もう俺いかねーよっ






なんでひなが再発しちゃったんだろう・・・。


なんで、なんで。。。。


どうしたらいいんだろう・・・。


まさかの展開に

もう先月の事になるのですが・・・。

10月19日金曜日にひなの定期検査に行ってきました。

この日は金曜日、たまには弟も一緒に行ったらええやんと
予定を組んでいたのに急きょ仕事の予定が入ってしまい
私、一人で実家の車を運転して行きました。


121030-34.jpg

病院が行き先とは知らずに、気持ちよさそうに寝ている2匹(*≧m≦*)ププッ

着いたらすぐ分かるんですよね。あははは

121030-36.jpg

この日はガラガラ。ラッキーって感じ

相変わらずひなは待っている時、「診察室から自分の名前が呼ばれませんように」と
祈っている(笑)

121030-37.jpg

あじゅは相変わらずの定位置

121030-38.jpg

さて、ひなちゃんとあじゅちゃん エコー検査。

ひなちゃん、エコー検査の結果は1.8で前回とほぼ変わらず。現状維持
でも肺も呼吸も心音も安定でいい感じ~~。

ただ一部皮膚の状態がよろしくない。ちょっとサボるとすぐこうなる
掻いてしまったらしい・・・。

121029-193.jpg

夏が過ぎたら皮膚の状態が良くなっていたので、ちょっとシャンプーをさぼりがち

どうやらまた「細菌感染」らしい。
いつものように「MAオイル」をつけて、シャンプーってことで。


診察室では以上終了。

いつも診察室で診てもらって、エコー検査をそれぞれして貰い
待合室で待っている。そして待合室で結果を聞くパターン。


121030-39.jpg

待ってる時に「そうだ、あれ忘れていた」とか思うのである。

今回はひなの心臓の結果、あじゅのエコーの結果を聞き
ホッとしてる間もなく、思い出す。

121030-40.jpg


「あ、そうだ。先生、ひなのここにあるイボ。前からあるんですけどね
これ大きくなったり小さくなったりするような気がして・・・」

121029-196.jpg

そしたら先生が


「うーーーん 大きくなったり小さくなったりするのって
肥満細胞腫の特徴なんだよね。検査したほうがいいかも」



え・・・??? 



先生と私に漂ういやぁーーーな雰囲気。




ひなちゃん 2009年の8月に肥満細胞腫の手術をしています。
記事はこちら 2009年8月1日

       2009年8月3日 手術日


肥満細胞腫って、簡単に言ってしまえば

「皮膚にできる悪性の癌。簡単に転移を繰り返す」




ひなちゃん 念の為に検査。

121030-44.jpg


この時点でかなりのブルー。

弟にメールしたら「今電車でそっち向かっている」って

私の返事は
「えー、あなたと病院ってだいたい悪い話を聞くときなんだよね」と

弟が「なんだよっ それは



でも内心「あーこりゃまたよろしくないことに」と


やっぱり先生の返事は
「うーーん どうも肥満細胞腫なんだけど、とれた量が少ないから
もういっかい取ってみるね」と、ひなちゃんせっかく落ち着いたのに
また診察室で注射器で細胞を取られる。




長くて嫌な待ち時間をやり過ごし



やっぱり出てきた結果は

「やっぱり肥満細胞腫だったよ」










あーちゃんの小さくて大きな一歩

なんだか急に寒くなりましたね。

121030-81.jpg

ひなも毛布抱っこして寝てました。うふふ

さて6月から(正確には5月から)あじゅちゃん謎のパに子ちゃん発作
結局原因も突き止められる事もなく、夏が過ぎ秋になりました。

で、その後どうなのかというと、、

相変わらず突然何かの音に反応するのか、走り出すボタンが押されます。

121029-110.jpg

このように↑

あーた、これご飯食べてる時にやられたらこっちがパニックですよ。

そうなんですよ、以前記事にしたことがありますが(こちら 

P1080064.jpg

こんな状態の上を走るんですよ。しかも缶詰の上でも構わずにっ。
なのでこっちも臨戦態勢です(笑)
すぐ停める事が出来るようになりました。

そんなあじゅちゃんですが、最近は車の中でもこうして寝れるようになり

121030-04.jpg

車でもお留守番出来るようになりました。

ただしポイントがあるのです。まずはあじゅを先に車に乗せる。
あじゅは乗せたらすぐ震えています。でも無視してそのままベッドに。
ひなは後ろの席。2分位したらひなが前にいきたがるので前に乗せる

でもこうするとひながあじゅにガウガウすることもなく
(ひながガウガウするのが原因なのか?)
あじゅも落ちついていられます。

121029-14.jpg

それと同じようにカートも。

今じゃすっかり元通り。


121031-07.jpg

埋もれております(笑)

121031-08.jpg


まあ、、時々こっちのカートじゃない方ではパニックなのか
カートから降りたがるんですけど・・・。

そんな最近のあじゅちゃん。嬉しい出来事がありました。

あのパに子以来、おやつをまったく食べなくなったのですが
な、なんとっ 

121024-02.jpg

デビフのレバーですが、苦手なソファーの上で
前と同じように食べました~~~!

びっくり。

1袋をひなと分け食べ終えたので、降ろしたら

な、なんとっ 催促ー

121024-04.jpg


前と同じようにがッついての表情

121024-05.jpg


なんか嬉しくなっちゃいました。

今まで普通だと思っていたことが、出来なくなっていたのに
食べれた。

おやつの催促なんて普通のことだと思っていたのにね。

しなくなってしまい、寂しかったなぁ

結局この日一日だけだったけどさ、すっごく嬉しかったな

普通の事なんだろうけど、でもあじゅにとっても私にとっても大きな一歩。

121029-191.jpg

そんなあじゅちゃんですが、先々週病院でエコー検査して貰いました。

昔、昔、子宮に膿がたまっていたことがあったのですが
それが発覚する前に、これまた謎の発作、後ろに下がることがあったのです。
もしかして内臓になにかあるのでは??と気になってしまい
いまさらですが診て貰いました。

結果は何も異常なし。

121030-42.jpg

一安心です。

プロフィール

きりっぴ

Author:きりっぴ
kirippi-p.jpg

(ねぇね)

ドッグライフカウンセラー
ペットケアドバイザー
資格ありだが、単なる犬バカ。

<わんこ>

towap.jpg


とわ(父):98年3月生まれ

 おっとり。ネコ好き
 僧帽弁不全症を9歳で発症

 とても良く頑張ったけど
 2010.2.20 虹の橋の住人に

akopp.jpg

あじゅ。(母):99年10月生れ

 甘え下手で、ちと変わってる?
 風呂好き・散歩嫌い

hinap2.jpg

ひな(娘)01年6月生まれ
 ちゃっかり・ややメタボ
 一番犬らしい表現するかも

**ちょっと変わった生活形態**

とわは最初、弟が同棲してたときに飼い始め破局後実家へ。
そんなとわの魅力にどっぶりはまってしまい、あじゅ。を迎える
そしてひなが生まれました。

その後結婚し実家をでるものの。。
実家のお店で毎日働きにいきます。

とわたちは平日は実家で
じぃじとばぁばと過ごし、
週末はきりっぴのおうちにて過ごします


*2001年からつけている日記は
犬バカ日誌

く更新してないHP犬バカ生活

<病歴>
とわ 
他の犬に脅され目が飛び出る。
緑内障予備軍
*僧房弁不全症(07/3/28)
*狂犬病予防接種によりアレルギー反応(07/04/06)
*肛門周囲腺腫と去勢 

あじゅ。
*小さい頃から目が白い。
獣医さんも不思議がる謎の発作を起こす
*気管支が他の子より細いので呼吸困難になりやすい

ひな 
*目に傷によるトラウマあり
*外耳炎

***2007.4月よりホメオパシー治療開始***

詳しくはカテゴリー「自己紹介」をご覧ください

こちらもMYBLOG
写真と日々のこと、旅行記書いています
yuruyura.jpg
一眼レフのデジカメで撮った写真や
日々の事、アンコールワットの旅行記など
日々揺れているらしい私の、ゆるゆるした日記です
**ゆるゆら散歩**
最近の記事
最近のコメント
ランキング参加しています
bbsicon-onegai.gif
ポチッとお願いします にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ 人気ブログランキングへ
更新されてるよ!
Powered By 画RSS
日めくりカレンダー
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード