luckygirl ひな

明日 2月20日ってとわの命日なんですが・・・。

今日ひながまた危篤状態に。

先週の金曜日に病院に行き、いい感じになり 月曜日には缶詰半分食べたりしていたのに。

南岸低気圧が来る 火曜日 本当は実家に行く予定だったのですがキャンセル
でも久しぶりに、どうしても必要な娘の新しい靴を買いにちょっとおでかけして帰宅したらどうも2匹とも調子悪い。

それからひなはどんどん具合が悪くなり、ご飯も食べれない、水も飲めない。
水を飲んでしまうと発作のように、ずっと吠え続ける。
でも水が欲しくて欲しくて吠え続ける。
何をしてもダメで、とにかく鳴く、鳴く、鳴く。なにをしても鳴く。

おしっこもだんだんでなくなる。

首がだらーんとして力が入らない。呼吸はとっても荒い。

保冷剤で冷やす、今度は冷え過ぎて体が冷たくなる
冷たくなった体を湯たんぽで温める
その繰り返し。

でも水が飲みたいのに飲めないの可哀想だからと無理やり口に入れる。

すると発作が起きるのか、眼圧上がりっぱなしの飛び出たまんまるおめめで
一生懸命に鳴く、鳴く、鳴く。ずーーーっと鳴いている。

とにかく苦しそう、辛そうで、、

やせ細った、骨と皮しかない体をさする。でも抱っこすればはまた発作。
ダラーンとするひなに生命力を感じない。

「あー、もういよいよなのかもな」と覚悟を決めるものの
お風呂で大号泣。

そういえばずっと精神的にいっっぱいいっぱいだったんです。
ひなは吠えまくる日もあれば、ぐったりする日もある。介護はとても大変
あじゅも咳をしたり腰がたたなかったり、ついつい後回しにしてしまうけれど
実は水分不足の脱水気味だったので、水分補給させる
そして1歳になりやんちゃんになり目の離せない娘っ子の世話。
ほんとに大変で(笑)

でも「仙人じゃあるまいし、どれも完璧なんて無理にきまってる」と開き直り
そんな中でのひなの体調

水曜日には寝ているひなを留守番させ、1時間くらい出かけてきました。

そして水曜日はとにかく寝ている、ぐったり、だらりん でもとっても苦しそう。
苦しそうに吠えまくり。

とにかく苦しいのか鳴く。見てる方も辛い。

あまりにもひどいので、本日木曜日 病院に連れて行きました。
このまま家で逝かせてあげた方がいいかなとか、連れていくほどの体力があるかなとか
色々考えていたのですが、ステロイドが切れたからこうなっているのであれば
(土曜日にステロイドの注射したから)してもらった方がひなが楽になるかなと、思い切って連れて行きました。

でも病院に行く間の、30分 ずっと吠えて吠えて、そしておしっこをして

病院では滅多にしないのにひなを受付で預け、車を移動してあじゅと娘をカートに入れてとして
受付に戻ったら

「ひなちゃん 急変しちゃって。今呼吸が戻ったので、処置していますのでお待ちください」と

思わず「やっぱり」と言ってしまいましたよ。とわがそうだったから・・・

容体が落ち着いたところで、呼ばれ・・・

どうやら「誤嚥性肺炎」ではないかと。

肺炎????


横になったまま、お水や流動食を上げていたのでそれが肺に入ってしまったのでは?と。

抗生剤ガ効けば


・・・とここまで書いていたら、ひなが逝ってしまいました。



4日分のホメオパシーのお注射と抗生剤。もしかしたらという望み。

実はあったことのない獣医さんに処置してもらったのですが、それがテキパキといい先生で。
よくよく話を聞いたら、いつも信頼している心臓の先生の後輩で、心臓のその先生を尊敬していると
その先生だったので、心臓のいつもの先生と同じように安心できました。
その先生も実は月に一度しかお手伝いにこないという・・・

そんな先生に処置してもらえるひなって、本当にラッキーガールだなぁと。
だから大丈夫だ!心臓も血圧も安定しているし。。。なんとかなるかも!!

家について少し呼吸が苦しかったのか吠えたり(このころはもう力なく) 眼圧上がって
という感じでしたが、それでも落ち着いた呼吸でゆっくり呼吸して寝ていました。

母がすっとんできてくれて、ばぁばっこだったひなも満足したのかなぁ

ゆっくり明日は一日一緒に過ごせるかなと思っていた。そんな時の事

私も時々寝てしまって・・・。でも珍しく夫が見てて、その時は本当にゆっくり寝ていたみたい。

深夜に起きて、酸素室の前でどでーんって寝ているばぁばが邪魔くさいなぁと思いながらも
酸素室の穴から手を入れて、ちょっと呼吸が苦しそうだったひなを撫でて
そしたらひなが一瞬私を見て、そして呼吸がゆっくりになり 深く深呼吸
そのまま私が「あー落ち着いたんだな」とその場を離れ、パソコンに向かいちょっと作業し
時計を見てたんですよねぇ
その何分後かにばぁばが「ひな呼吸してない」とか言い出し
その時にはもう完全に心肺停止でした。

もしかしたらあのときだったのかもしれませんね。


まだまだ伝えたいことはあるのですが、長すぎてごめんなさい。

スポンサーサイト

副作用も受け止め次第

今日は寒かったですねぇ・・・。
低気圧のせいで、ひなちゃん発作が多かったです(泣)

記事と記事の間が空きすぎていて、なにをどこまで書いたのか
すっかり分からなくなりました。

とにかく今の課題は「ひなのてんかん発作をおこさないようにすること」
これが一番大事。

実は私、てんかんを軽く考えていました。「あー発作かぁ」って感じで。

でも実はてんかんって怖いんだなと実感しています。

結局てんかん発作が起こるたびに「脳にダメージが起こっている」ってこと。
脳にダメージが起こるという事は、かなりのこと。

ひなのばあい、呼吸の指令がうまく出なくなってしまい、呼吸がとまってしまったんです。
これがひなの危篤状態のときのこと。

1回てんかん発作が起こると、これが次のてんかん発作をよんでしまうらしく
とにかくてんかん発作が起きるのを抑える必要があるんです。

150123-70.jpg


てんかん発作と一言で言っても、色々な発作の種類があるようで
以前「あじゅもてんかん発作があるのでは?」という記事を書いた事があるのですが、最近はほとんどこのような発作が起こっていません。

部分発作と言われるような、本当にこれって夢見てるんじゃないの?っていう程度の事やら
大きな発作とか。

とにかく色々な状態のてんかん発作があって、また診断も難しいみたい。

ひなの場合は「わんわんわぁぁぁーーーん」って吠えた後、体をそらして足がつっぱる。

これ何年か前から、時々やっていたんですよねぇ。

またひなの場合、以前から雨の日は食欲が落ちる、寝てばかりいると
低気圧に左右されがちな性格でした。

だからもう本当に、今は低気圧にになると 発作がとまらない。

それを抑える為に、薬を飲んでいます。

先生は「ひなちゃん 心臓の事があるから、抗てんかん薬って鎮静剤だから
ちょっとどうしようかなとずっと悩んでいました」と言われました。

でもあの日以来発作が頻繁に起こるようになってしまい、おさまる気配もないので
先生も決断したらしい。

最初は軽いてんかん薬でしたけど、それでも効果が無いので
てんかんといえばの「フェノバール」になりました。

これの副作用として、ボーっとするとか、昏睡状態っぽくなるとか
あとは食欲が増す。

ひなの場合、ボーっとするってことはあまりないというか、以前と変わらない感じ
だけどご飯を良く食べるようなりました。

150123-72.jpg

でも夕方はいらないってなったりしますけどね。
だから完全に副作用とは言いにくいし、ひなの場合食欲が増す方がこれ幸いっていうのか
とにかく食べてもらわないと、がりがり。
以前は6キロ近くあった体重も、いまやジャスト4キロ。骨川すじこちゃん

150115-29.jpg

痩せてがりがりだから、骨がでちゃってるし 毛はものすごく抜けます。
尻尾の毛なんてほとんどない。

皮膚にまで栄養がいってないし、血行がが悪いからだと・・・。

だからこの場合、副作用でラッキーって感じです。

あとは長期副作用と言われる、肝臓への障害ですけど
これも心臓の方で利尿剤を飲んでいる時と一緒で
血液検査をこまめにおこなってチェックしていきましょうとのこと。

副作用って出ない子には出ないんだから、ひなは大丈夫ーーー!!
出るか分からない副作用の心配をして、今目の前にある発作がおさまらないのは
本末転倒なのだぁーー!!

と思うようにしています。

酸素室はおさらばじゃ

またもや、南岸低気圧。

夕方からひなの発作が頻繁に起こるように。。
なんとか抑えれないかしら?

さてさて
ひなの酸素室、
ひなが具合悪くなった当日に酸素室を業者さんから届けてもらい、
家に戻ったらすぐ酸素室での生活でした。

141130-92.jpg


・・・今はひな、心臓の方は調子良いんです。

なんせ動けないから「絶対安静」の状態になっているんです。

咳なんてしないし、ハアハアも暑い時にだけだし。

とにかく心臓の方はなんともない。

獣医さんにも「今までにないくらい調子よさそうですね」と言われるほど。

だから今回から、利尿剤を減らすことになりました。

今までは朝は利尿剤なし、夜だけ利尿剤が入っているものを飲んでいたのですが
今回は半分に。それでも調子が良ければ、次回から利尿剤なしに。

150126-04.jpg


そんなことで、今殆ど酸素室には入ってないんです。

これを借りた時は「肺水腫」になりかけていた状態でしたし、酸素室がなければだめだったんですけどね。

今は時々こうして寝てるだけ。

150126-08.jpg


それも私の思いつきな時だけ(笑)
ほら、酸素カプセルに入ると体力回復なるとかいうじゃないですか、スポーツ選手とか。
だから体内が活性化するかなぁとか思って、入れてみてるんですけど
ちょっと経つと暑いせいか わんわん吠えだす始末(-_-;)

150115-14.jpg

それに最近世話を焼きたがる はためいわくな娘ちゃんが

150115-18.jpg

ここをあけたい。この扉を開けた占めたり、まあ楽しい事って感じで

こないだ 何を思ったのか、私の真似っ子なのか
扉を開けて、おむつをひなのところにおき、ひなの手足をニギニギ。

150115-15.jpg


ちょっと笑ってしまいました。

まあ、酸素の機械のボタンはとめちゃうわ、酸素のチューブを口にくわえて遊んでいたり

150115-10.jpg

ひなに一生懸命かがせてみたり(ひなの迷惑そうな顔)
*酸素は出てないんですけどね

150115-01.jpg

そんなことも日常になってきてしまったので、返そうっと

レンタル代も大きいですもんね。今の大きさは1カ月で15000円。

使ってないのに15000円もいらないし、酸素ボンベンもレンタルしたのがあるし

獣医さんに相談したら、てんかんには酸素は関係ないから、今の状態なら不要でしょうと。

ということで、返却をお願いしました。

その日に取りに来てくれ、終わり。。

150126-12.jpg

元気になったからと返せる幸せ。

そうそう 酸素なんですが、やっぱり進化していて
とわの時も同じ会社の酸素を借りたのですが、なんせなんせ大きかった。

04-090130.jpg

この記事の写真なんですけど(★)

とにかく重くて一人じゃ持ち上げたりは不可能、
ところが今回の機械は半分の大きさ。
自分でも運べました。

とわがいなくなって5年、 色々な事が進化しているんだなぁと実感。

そんな酸素室。返却しました~~


つぶやき

今日は「南岸低気圧」っていうやつが、近寄ってくれたおかげで
ひなちゃん てんかん発作が酷いです(泣)

150123-75.jpg

2時間おきにおこってしまう・・・。あーあ。


ひな、お薬を てんかんといえばの定番のお薬「フェノバルビタール」になっています。
このお薬副作用として「肝機能の障害」

腹巻さんの効果?!

昨日は一日、頻尿ではあるけれども、血液は出てなかったひな。
食欲も旺盛。

150115-35.jpg

食べれなかったときは、カロリーエースなどの液体のもので無理やり栄養を取っていましたが
最近は以前と同じように、手作りご飯もパクパクと食べてくれるように。

そしていい缶詰を見つけました。ロイヤルカナンのマチュア+8

150115-21.jpg
150115-37_201501152216398c5.jpg

これだと塊がないのと、食べやすいようでパクパクと。

昨日はこれにおやつも食べて、ビックリするくらいでした

獣医さんに「少しでも酷くなったらすぐ来てね」と言われていたので
これで一安心かなぁと思っていたら

・・・が、

今朝になって、血尿がぁっぁーーーーっ

しかも3回も。il||li _| ̄|○ il||l 
血の塊がぽつんと出てたのが2回

これが続くようなら今日は病院に行くべきかも
昨日一日でなかったのになんで???


慌てて、そういえば冷やすなと言われた事を思い出し
急遽腹巻を

150115-31.jpg

そしたらその後は血尿が出ることがなくなりました。
まあ、相変わらず量は多いけれども。

でも午前中にこうなってから初って言っていいほどの大量のご飯を食べたせいか
その後はあまり食欲なし、お腹すいたの催促もなし。

なんで??

そして体温が高い。手足が暖かいのだ。
熱があるのかしらとビビって、体温計をおけつに(笑)
平熱だったからほっとし

そうそう、今日はウンチが出てないわねと思ったので
マッサージして自分で押し出してしまいました(^^ゞ

良く考えたら、これらは腹巻のおかげなのかしら??

とにかくこれでもう回復に向かいますように

毎日毎日 へこんであがっての繰り返しでございます。
プロフィール

きりっぴ

Author:きりっぴ
kirippi-p.jpg

(ねぇね)

ドッグライフカウンセラー
ペットケアドバイザー
資格ありだが、単なる犬バカ。

<わんこ>

towap.jpg


とわ(父):98年3月生まれ

 おっとり。ネコ好き
 僧帽弁不全症を9歳で発症

 とても良く頑張ったけど
 2010.2.20 虹の橋の住人に

akopp.jpg

あじゅ。(母):99年10月生れ

 甘え下手で、ちと変わってる?
 風呂好き・散歩嫌い

hinap2.jpg

ひな(娘)01年6月生まれ
 ちゃっかり・ややメタボ
 一番犬らしい表現するかも

**ちょっと変わった生活形態**

とわは最初、弟が同棲してたときに飼い始め破局後実家へ。
そんなとわの魅力にどっぶりはまってしまい、あじゅ。を迎える
そしてひなが生まれました。

その後結婚し実家をでるものの。。
実家のお店で毎日働きにいきます。

とわたちは平日は実家で
じぃじとばぁばと過ごし、
週末はきりっぴのおうちにて過ごします


*2001年からつけている日記は
犬バカ日誌

く更新してないHP犬バカ生活

<病歴>
とわ 
他の犬に脅され目が飛び出る。
緑内障予備軍
*僧房弁不全症(07/3/28)
*狂犬病予防接種によりアレルギー反応(07/04/06)
*肛門周囲腺腫と去勢 

あじゅ。
*小さい頃から目が白い。
獣医さんも不思議がる謎の発作を起こす
*気管支が他の子より細いので呼吸困難になりやすい

ひな 
*目に傷によるトラウマあり
*外耳炎

***2007.4月よりホメオパシー治療開始***

詳しくはカテゴリー「自己紹介」をご覧ください

こちらもMYBLOG
写真と日々のこと、旅行記書いています
yuruyura.jpg
一眼レフのデジカメで撮った写真や
日々の事、アンコールワットの旅行記など
日々揺れているらしい私の、ゆるゆるした日記です
**ゆるゆら散歩**
最近の記事
最近のコメント
ランキング参加しています
bbsicon-onegai.gif
ポチッとお願いします にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ 人気ブログランキングへ
更新されてるよ!
Powered By 画RSS
日めくりカレンダー
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード